ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

お腹は、消化器などの多くの重要な内臓を内包している部位である。そんな急所を殴ることは当然危険な行為である。
特に対象が、下腹部に子宮などを有する女性であればなおさら忌避される行為であろう。
しかしそれゆえに対象の苦痛に愉悦を見出だすSは勿論、逆にあまりの痛ましさに思わず守ってあげたくなるM等のリョナ好事家には好まれるようだ。

腹パンチの記事にもあるが、お腹はあばらのような骨格がなくて防御が手薄で、内臓へ衝撃が直に伝わりやすい為、苦痛が大きく、息が詰まり、さらに嘔吐失禁を伴う場合もあるなど、大きなダメージを表現しやすく、また、切ったり刺したり銃撃で発生する傷跡流血、顔への殴打による顔の腫れ、骨折や身体の欠損などのグロテスクな表現が比較的抑えやすいのと相まって、リョナに興味はあるけれどグロテスクなのは苦手という方が触れやすいソフトな表現にもしやすいが、後述の致命傷の可能性もあるためか、浮き出た腹筋等のしなやかな筋肉で打撃耐性の高い筋肉娘や、破壊されても修復可能なロボ娘等が対象にされる事が多い
「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」の名台詞があるように、服の上からなら痕跡もあまり露見しない。
肌が出ている場合は青痣や腫れなどが見えるだろうが、これも程度にもよるが、即座に大怪我や致命的な怪我を想起させるものではなくなりがちで、切り傷などに比べれば忌避感を感じにくい一方、内臓の損傷を思わせる吐血や血尿、対象が妊婦で流産へ派生、あるいはお腹を貫くなどのハードで致命的なダメージを思わせる表現もできるので、一概には言えない。特にジョジョの奇妙な冒険シリーズでは、味方サイドの主要人物が複数名、腹を貫通するパンチを受けたことで死亡退場しているなど、致命的な腹パンが描かれている。
勿論のことであるが、リョナ関連の性癖はフィクションだけで楽しむように

余談ではあるが、19世紀末から20世紀初頭に活躍したマジシャンのハリー・フーディーニは、腹パンを受けても平然としていられるというマジックを披露するつもりが、タネを仕込む前に殴られてしまったことが原因で亡くなっている。現実に死者も出うる行為であることは、ゆめゆめ忘れないよう。


関連イラスト

腹パン


ミラクルピース・腹パン




関連タグ

リョナ
お腹 おなか パンチ 腹パンチ
即腹パン
胃液
(^U^)

関連記事

親記事

腹パンチ はらぱんち

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「腹パン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「腹パン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134793041

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました