ピクシブ百科事典

ターミネーター:新起動/ジェニシス

たーみねーたーじぇにしす

ターミネーター:新起動/ジェニシスとは、ジェームズ・キャメロン監督原作の映画『ターミネーターシリーズ』の作品の一つであり、初代作のリブート作品。
目次[非表示]

概要

映画監督ジェームズ・キャメロンが原作であるSF映画ターミネーター』シリーズの一作で、シリーズ第5作目にあたり、第1作のリブート作品でもある。

本作では、第1作目と同様に、スカイネットによる殺人機械軍と、ジョン・コナーが率いる人類抵抗軍との戦いの中で、ジョンの母であるサラ・コナーを抹殺するべくT-800型ターミネーターが1984年に送り込まれ、それを阻止するべく志願した抵抗軍兵士のカイル・リースが送り込まれる部分から物語が始まる。

しかし、本作でカイルが送り込まれた1984年は、初代作とは全く違ったものになっており、第1作を知るファンの中には驚いた人も多かったようである。
本作にはジェームズ・キャメロン監督は深く関わってはいないが、そのキャメロン監督が太鼓判を押す出来と評価しており、「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ!」「期待を遥かに超える、予想外のどんでん返し!必見の作品だ!」と絶賛している。

しかし…「なかったこと」に

2017年にキャメロン自ら指揮をとる最新作のプロジェクトが発表。
ターミネーター2」の続編として描かれることとなり「『新起動/ジェニシス』は完全に無視する」という前提で進行が決定した。
この件について、アーノルド・シュワルツェネッガーは「キャメロンはその他の(T1、T2以外の)全作品に関わっていない。だから他の作品は認めていないんです。」キャメロンの本音を暴露している。

あらすじ

スカイネットによって崩壊した未来、殺人機械軍と人類抵抗軍の戦いに決着が付き、人類抵抗軍の勝利に思われた直後、抵抗軍リーダーのジョン・コナーは、母であるサラ・コナーを抹殺するべく、T-800型ターミネーターが過去に送られたことを知る。
これを阻止するために、ジョンは母サラを救うために過去に向かうことを志願した自身の側近であるカイル・リースを過去へと向かわせるが、カイルは過去に飛ばされる直前に、ジョンが何者かに襲われる様子を目にする。
一方、ジョンの母サラを抹殺するべく送り込まれたT-800型ターミネーターは、出会したチンピラから服を奪おうとするが、その直後に、背後からなんと自身と同じT-800型である別のターミネーターが現れる。

登場人物


関連タグ

映画 洋画 SF映画
スカイネット T-800 T-1000 デデンデンデデン
ロボット 機械 サイボーグ アンドロイド
アーノルド・シュワルツェネッガー ジェームズ・キャメロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8652

コメント