ピクシブ百科事典

T-3000

てぃーすりーさうざんど

T-3000とは、ターミネーター:新起動/ジェニシスに登場したターミネーターの一種。そしてみんなのトラウマである。
目次[非表示]

概要

形式番号が示す通りT-1000系列のターミネーター。全身が粒子状のナノマシンで構成されており、T-1000同様、他者に変身したり、腕を剣などの武器に変形させる事が出来る。シャーシーを構成するナノマシンは磁場で結合しており、全身を砂嵐状に分解して攻撃するなど、T-1000よりもトリッキーかつ俊敏な動きが可能。また、金属に張り付いて壁を垂直に移動する事も可能である。シャーシーの強度は液体状のT-1000より数段上と思われ、劇中では剣に変形させた右腕で守護者の片腕を切断している。

関連記事

ターミネーター:新起動/ジェニシス T-1000

































Coution!
この先「ターミネーター:新起動/ジェニシス」における多大なネタバレにつき、注意。







新起動/ジェニシス


右側のターミネーター

「痛かったぞ。リアルな痛みなのか……あるいは進化する前の記憶のいたずらなのか……」

その正体

T-3000の正体、それはスカイネットによってターミネーターにされた未来世界のジョン・コナーである。
T-3000は生きた人間の肉体をナノマシンに置換したターミネーターであり、ジョンはカイル・リースを過去に送る際に、部下の中に紛れ込んでいたT-5000即ちターミネーターとなったスカイネットに急襲され、部下を殲滅された挙句、自身はターミネーターに変えられてしまったのだ。
実はジョン以前にもT-3000になった被験体が居たのだが、急激な肉体の変質に精神が追いつかなかったらしく、守護者曰く「精神崩壊して死亡した」らしい。実際ジョンも母親であるサラがあからさまに違和感を感じる程おかしくなっていた。
細胞レベルで肉体を作り変えられている為、当然だが二度と元に戻らない人類の救世主があろう事か人類最大の敵になってしまったのだ

目的

彼の目的は後のスカイネットとなるソフトウェア・ジェニシスを起動させ、新たな審判の日を起こすこと。無論、それを阻むあらゆる障害を排除する事も彼の役割である。

関連記事

ジョン・コナー

関連記事

親記事

ターミネーター:新起動/ジェニシス たーみねーたーじぇにしす

pixivに投稿された作品 pixivで「T-3000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568

コメント