ピクシブ百科事典

T-800

てぃーはっぴゃく

ターミネーター(アンドロイド)
目次[非表示]

概要

ターミネーターの中で最初に人工生体組織で偽装したモデル。スカイネットによって2018年に試作され、2026年より量産された人間抹殺用のアンドロイドである。正確には「サイバーダインシステムズ・モデル101シリーズ800」という型番になり、スカイネットでは「T-800 モデル101 サイバネティック生命体」としてデータベースに登録されている。
T-800以前のターミネーターであるT-600シリーズがゴム製の上、人間としては大きすぎる体格の外見であったため、近距離では容易に識別可能であるのに対し、T-800は培養された人間と同様の細胞組織(筋肉、皮膚、髪の毛、血液など)がチタン合金の金属骨格を覆っているため、人間と区別するのが難しい。またサイズもT-600に比べて一回り小さく、より人間に近い身長になった。ただし、2018年の試作段階では未完成故なのか、人間になりすます以外には言葉は話せず、表情にもメリハリが無かった。生産拠点であるスカイネットセントラルが爆破されたため、大量生産に支障をきたし予定が遅れ、8年後の2026年に量産体制を含め完成することとなった。
作品シリーズが進む毎に少しずつバージョンアップを繰り返しており、主にコミュニケーション能力を中心に改善が図られ、より人間的になっている。
ちなみに破損した生体組織は少々の損壊(銃弾程度のダメージ)位なら時間をかけて自己治癒可能である。またそういう設計なのかは不明だが、生体組織も人と同じ速度で老化現象を起こす。

過去での活躍

ターミネーター1

サラ=コナーを抹殺すべく未来から1984年のロサンゼルスへ送り込まれる。その後未来からサラを守るため来たカイルとの戦闘になり、最終的にサイバーダイン社の工場で機械によって圧縮されつぶされるが、のちに腕の部品と半導体がサイバーダイン社にわたり、それがスカイネットの誕生へとつながる。

ターミネーター2

未来からジョン・コナーを抹殺すべくT-1000が送り込まれる。そこで抵抗軍のリーダーである未来のジョンは鹵獲したT-800のプログラムを過去の自分を守るよう書き換え、過去へ送る。

ターミネーター:新起動/ジェニシス

幼少時代のサラ・コナーを抹殺すべく送り込まれたT-1000から、サラを守るために何者かによって送り込まれた。その後は両親を失ったサラの親代わりとなって、彼女にスカイネットについてや戦い方について教え、共にカイル・リースが送り込まれる時を待っていた。


関連タグ

エクステル・レイダー

pixivに投稿された作品 pixivで「T-800」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 188019

コメント