ピクシブ百科事典

タイムパラドックス

たいむぱらどっくす

タイムパラドックスとは、タイムトラベルが実現した場合起こりうる現象である。
目次[非表示]

概要

本来、時間過去現在未来一方通行であり、当然ながら後の時間に起こることは前の時間に起こっていたことを土台とする。

しかし過去にタイムスリップし、後の時間に起こる事に符合しない影響を与えてしまった場合、未来は変わってしまうことになる。そしてその結果がタイムスリップ行為そのものに影響を与えた場合、矛盾が生じてしまうことになる。
たとえば、ある人が自身の産まれる以前にタイムスリップして、自身を産む前の父母を殺害したとする。或いは殺害しなくとも別の人と結ばれるよう画策すれば、少なくとも「その人が」産まれてくることはない。
しかしそれは即ち、上記で父母を殺害した(或いは婚姻を妨害した)人物もまた「産まれてこなかった」事になる。
そうすると必然的に上記の件も「起こらなかった」事になり、やはり「その人」は産まれてくるため、過去に行って両親を殺害することになり……と、堂々巡りが起こってしまう。
このように、時間移動が可能なために起こってしまう矛盾(パラドックス)をタイムパラドックスという。

いろいろ


解消の方法

  • そもそも、干渉ができない。タイムトラベル先で歴史を改変するような行動を試みると必ず何らかの妨害が起こって改変に失敗する。本末転倒になってしまうが、宇宙(の因果律)が矛盾を許容しないために、過去へのタイムトラベル自体がどうやっても不可能なパターンも。
  • 自己無矛盾の法則 いろいろあってつじつまが合ってしまう。偶然であるが、ターミネーター2での情報のパラドックスを指摘したサイエンスライターのミチオ・カクと、それを指摘された監督は、ターミネーターの作品でこれ(必ず末日がくる、ハードはいろいろあってすぐできない)を説明する。クレしん映画の「アッパレ戦国大合戦」での「タイムトラベラーの出現そのものでなんとかなった人が結局無理やり本来の状態になる」が無理やり版のこれと思われる。歴史の改変自体が既に歴史に折り込み済みもこのパターンに近い。
  • パラレルワールド aそこで分岐する説とb元から説とある。
  • 宇宙が消滅する。タイムパラドックスが起こった瞬間にその宇宙がなくなることで矛盾を解消する。
  • そもそも、矛盾していない。時間が過去→現在→未来へと順序よく並んでいるのではなく、過去と未来あらゆる時点が網目状に相互に結びついているので、「未来(であると同時に過去)に原因→過去(であると同時に未来)に結果」が普通に存在できる解釈。草野原々(節足原々)氏によるSF作品「最後にして最初のアイドル」(原題『「最後にして最初の矢澤」)で採用。

関連項目

パラドクス
パラレルワールド ……上記パラドックスを解消させる手段の一つ。

世界線(steins;gate):上記の解消方法すべてのいいとこどりをしたもの。

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムパラドックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237362

コメント