ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

市真ケンジ(原作)&伊達恒大(作画)による漫画作品。
WJ連載。

ストーリー

漫画家を廃業寸前の主人公「佐々木哲平」は突然生まれたとんでもマシンの超常現象によって10年後のジャンプの新連載「ホワイトナイト」を盗作してしまう。
自身の過失による素晴らしい作品の喪失を恐れた主人公は盗作の罪を重ねていく。
更には本来の作者「藍野伊月/アイノイツキ」がアシスタントを務めることになり……。
そんなある日、主人公は10年後のジャンプで「アイノイツキ」の訃報を発見してしまう。

登場人物

佐々木哲平/主人公

自分の作風を確立できていない空っぽな凡人。
超常現象の真相を話すも本来の作者には信じてもらえない。
自己保身と自己肯定に余念がなく図々しい所がある。
盗作作品で初連載。
彼自身は読み切り版の「ホワイトナイト」を「盗作」連載版の「ホワイトナイト」を「代筆」と認識している(?)。
10年後のジャンプを送ったら盗作するだろうと見込まれていた事から未来で何をしてしまったのだろうかという投稿も見られた。
陰影をカケアミ(線画)で描かれてるコマがあり汚れと紛らわしい。

藍野伊月/アイノイツキ

10年後本来の「ホワイトナイト」作者。
盗作によるネタかぶりに不信感を抱き主人公と接触。
主人公を同類と評するが実力差は歴然の天才肌。
不登校で卒業できないからと上京して主人公のアシスタントになる(異性なのに作業場共用)。
本来の歴史で卒業(留年)したのかは謎。
本来手塚賞で発表した筈の作品で10年後に初連載しているのは不自然だが主人公の言及から意図的な描写と思われる。
作中の世界線では作品を盗られ、本来の歴史では連載中に死去と散々な目に遭っている。

未来ロボットフューチャーくん

主人公宅に落雷が落ちた際、電子レンジと融合。
10年後のジャンプを吐き出すタイムマシンと化す。
超常現象を幻覚と思い込んだ主人公は感銘を受けた掲載作品を盗作する。
"【イツキチャン〕》を救って。"という指示から、10年後にリアルタイムで送っている可能性はおそらく消えた。

「描け」という指令が出る前から主人公は「ホワイトナイト」を描き始めてしまっている。
尤も藍野伊月が「ホワイトナイト」を投稿してから描き始めたのでは足がついてしまうのだが。

菊瀬編集

主人公の元担当編集。
言質を取られ、主人公の盗作原稿が評価されたタイミングで担当を外される。

宗岡編集

主人公の現担当編集。
「ホワイトナイト」に口出ししていない恐れがあるが売れている描写があるので問題ない。

関連記事

親記事

週刊少年ジャンプ しゅうかんしょうねんじゃんぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイムパラドクスゴーストライター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15239

コメント