ピクシブ百科事典

菊瀬編集

きくせへんしゅう

漫画作品『タイムパラドクスゴーストライター』の登場人物。 作中でも一、二位を争う程読者人気の高いキャラクター。
目次[非表示]

「好きなモン描いて評価されたいんだったら、地元帰って身内とか少ないファンにチヤホヤされてれば?」

概要

タイムパラドクスゴーストライターの登場人物であり、主人公である佐々木哲平が新人賞の佳作を受賞して以来、四年間担当を務め続けた苦労人。主人公である佐々木に対して四年間ネームに全没を与え続けてきた張本人であり、作中で唯一悪役として描写されている。

一話の終盤にて、主人公が未来の少年ジャンプから盗作し読切版用に書き直した「ホワイトナイト」を〆切を過ぎている為に断られていたにも関わらず警備員を振り切って集英社に侵入してまで持ち込むという暴挙に出たために「才能無いんだよ」「今までさんざん義理で見てきたがもう来ないでくれ」ととうとう堪忍袋の緒が切れた…のを逆手に取られてその場にいた編集長により主人公の担当を外され、「図々しい」と他の編集部員にも後ろ指を指される結果となった。また、ダメ押しと言わんばかりに会ったこともないイツキに「面白けりゃどうでもいいだろ!!」「読者は作家じゃなくて作品を楽しんでるんですから!!」と言われる始末。
2話の冒頭で謝罪する回想が挟まれて以降、本作連載中での出番はなかった。

最終巻の描き下ろしで登場。1話ぶりに哲平と対面する。作中のキャラで唯一時系列通りに外見が老けている。

人気の理由

本来は悪役として描写されているはずの菊瀬編集の読者人気が高いのは、悪役として魅力あふれるキャラクターであるから、とかそう言う訳では無く、この作品でほぼ唯一読者が感情移入できるまともな一般人だからである。

つまりは、菊瀬編集の人気が滅茶苦茶高いというよりは、その他のキャラクター、特に主人公であるはずの佐々木哲平の人気が著しく低く、相対的に人気キャラになってしまった人物。

そもそも、菊瀬は主人公である佐々木の持ち込むネームを全てボツにしてきた人間だが、それは主人公への恨みだとか虐めだとかという理由では一切無く、シンプルに「白紙と変わらない」「箸にも棒にもかからない」「めちゃくちゃダメな部分がある訳ではないんだけど良い所が一つもなくてそれが致命的」な「空っぽ」の「没個性」なつまらないネームばかり持って来たからである。

言い方に関してはキツイ所はあるものの、最低限のフォローはしており、社会人として一線を弁えつつ、業界人として厳しい事を言う菊瀬は、作中唯一の良心と言っても良く、そもそも盗作作品で平然と連載する主人公よりもよほど好感の持てるキャラクターなのである。

実際、後に主人公が盗作した「ホワイトナイト」のネームを見た時は、彼の才能を見抜けなかったと、謝罪を行なっており、純粋にただ、読者の誰かは楽しめる読む価値のある漫画の制作に真摯に取り組んできた人間である事が描写された。

また、菊瀬の指摘する欠点はどれも的確で具体的であり、「なるほど。これを直せば少なくとも誰かにとっては面白い、多少なりとも売れる作品を作れるだろう」と万人が納得せざるを得ないものばかりである。

「何かないの?伝えたいメッセージとか自分にしか描けないと思えるようなもの」という質問に対し「沢山の人たちを楽しませる漫画を描きたいんです」という漠然とした目標しか語らない主人公に対して、「沢山の人って誰だよ」「エログロ要素を詰め込んだトリッキーな話の方が読む価値がある」と、手厳しくも漫画編集者として真っ直ぐな言葉をぶつける菊瀬は、主人公を失意のドン底に突き落としたが、その余りにも正論すぎる正論は自分に甘く盗作に手を染める主人公よりも好感を持ち、コラ画像では失意のドン底に落ちる主人公にコラ画像で正論をぶつけるのが流行るほど。

無論、菊瀬の指摘した部分を直す事が難しいのも確かだが、逆に言えばそこを克服する姿を見せるのが主人公の一番の見せ場であり、漫画家としての成長を見せる最初の壁である。

それを盗作などと言うクリエイターとして最大のタブーで超えてしまった主人公の佐々木よりも、純粋に佐々木の漫画と向き合っていた菊瀬の方が、漫画製作者として人気が高いのだ。

最終巻の描き下ろしで登場した際、ホワイトナイトの事を「誰でも描ける、だから売れた」と評し、その後に連載され短期打ち切りされた哲平の作品を「君にしか描けないものだから面白かった」とも評している。
ただし会話の冒頭で「どう?三回連続打ち切られた気分は」と冷めた目で聞いている事を踏まえると、打ち切られた3作品を特別に高評価しているわけでもなく、あくまで菊瀬編集が担当していた「空っぽのネーム」よりは面白い程度の評価だったのだろう。
ホワイトナイトの評価だが、当作品はアイノイツキが「透明な漫画」理論を突き詰めた結果であり、それを哲平がただ盗作した(=哲平じゃなくても描ける)ものであるため、盗作の事実を哲平以外が知らないにも関わらずホワイトナイト及び哲平の本質を理解していた作中唯一の人物と言える。

余談

「菊瀬にモデルはいるのか」というような質問に対し、作者は「実在する特定の編集者と勘違いさせてはまずいと思い、実在しない苗字を使った(要約)」という回答をしている。同名人物に迷惑(学校でいじめられるなど)がかからないよう、キャラクターに実在しない名前をつけるという配慮をした作品は他にもある(デスノート夜神月などが有名)。しかしそれなら盗作行為を働く主人公こそ実在しない苗字にすべきだったのではないかというツッコミも当然ある。

そのこととリアルすぎるダメ出しの描写から、一部では菊瀬の言った事は全て作者がどこかで言われた事ではないかと推察されている。

また薄っぺらい本作で作品としての熱を感じるシーンは現状彼のシーン位と言う声も。

関連タグ

編集者 担当編集 悲劇のヒーロー 佐々木哲平

関連記事

親記事

タイムパラドクスゴーストライター たいむぱらどくすごーすとらいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「菊瀬編集」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239

コメント