ピクシブ百科事典

タイパク

たいぱく

タイパクとは、打ち切り漫画作品『タイムパラドクスゴーストライター』の蔑称である。
目次[非表示]

概要

2020年24号の週刊少年ジャンプから連載を開始され14週という近年稀に見る速さで打ち切られた漫画作品タイムパラドクスゴーストライターの蔑称の一つ。
タイムパラドクスが起きておらずゴーストライターも出てきていないためにタイムパラドクスゴーストライターもしくはタイパラとは呼べないというこの作品への揶揄と、主人公がヒロインの漫画をタイトルからなにからパクって持て囃されるだけで終わったことや他作品のネタを稚拙にパクっているこの漫画そのものへの嫌悪、『タイラドスゴーストライター』とちょうど略称として不都合の無い文字並びであったことなど、様々な理由からこう呼ばれるようになった。
なお蔑称としては他に、海外において『Fuck to the future』などが存在する。
このような蔑称がつけられるほど本作が読者の批判を集めた理由については後述参照。


蔑称をつけられた要因

本作がこのような蔑称をつけられた背景には、問題点のみで構成された本作に対するヘイトがある。
本項ではどのような問題点がどのようなヘイトを稼いだのかについて記述する。

『タイムパラドクスゴーストライター』そのものに対するヘイト
本作が『タイパク』や『Fuck to the future』と呼ばれるまでに蔑まれたのは、他でもないこの作品そのものが読者から非常にヘイトを集めた事が大きい。
そのヘイトの大きさは補正期間が終わるなり掲載順でドベになり、14週で打ち切られたことに対し「現在のジャンプは10週打ち切りは行わない」説を裏付ける証拠物件とまで言われたほどである。
ではなぜそこまでのヘイトを稼いだのか。
大別すれば、カレーの材料からダークマターを錬成するがごときどどめ色に光る構成力と、読者との致命的なまでの倫理観および感性におけるズレ。この二つに集約される。
もう少し具体的に言えば、以下の通りである。

  • テーマが行方不明
    • 本作はSF(タイムトラベルに伴うタイムパラドックス)・サスペンス(盗作)・漫画家漫画と、それ一つだけでも十分作品が成立する、主軸となるようなテーマが三つも使われた作品である。
    • しかし、この作品ではいずれの要素も主人公擁護のためにのみ存在し、ついぞ活かされることがなかった
    • タイムパラドックスは主人公の盗作行為の自己弁護として「もしこれ(盗作)によって世界線/運命が変わった、としたら」と言及されるのみで、実際には発生しているのかどうかすら不明。タイムトラベルもデウスエクスマキナの登場により動機や理屈など一切がかえって訳分からない事になったまま終わっている。
    • サスペンスも、タイムトラベルに関しては前述の通り、盗作に関しても被害者が犯人は無実だと勝手に勘違いして手打ちとなるため、サスペンスではなくLと警察がキラの敵どころか味方いやむしろ崇拝者であるデスノートというどちらかといえばサイコホラーとなっている。
    • 漫画家漫画に関しては、第一話の主人公と菊瀬編集のやり取り以外は主人公がトレパクするにあたり全身くまなく汚したりヒロインが謎理論を展開するくらいで、特に具体的な描写がまるでない。
    • こういった「これ入れる必要なかったよね」という印象を読者に抱かせる設定などの無駄遣いはそれだけでもヘイトを生む。ましてそれが作品の方向性を決定するテーマであれば尚更。
    • 本作の場合、steins;gateのオマージュと思しき要素(世界線、電子レンジ、ロト6など)を取り入れておきながらタイムトラベルやタイムパラドックスについて一切掘り下げることが無かった、盗作が特に追及も懲罰もされることなく単行本一巻でそもそも主人公が盗作と認識する事を止めているかのような修正により作者が主人公が盗作した事を非難されたくないのだと読者に印象付けた、など取り入れた事の必然性を自ら捨てていくスタイルも特にヘイトを生む一因となったと言える。

  • ドラマが無く、共感や感動ができない
    • 本作では「主人公は偶然盗作してしまった事から不正に大人気作家となり、しかもその真の作者はヒロインとして登場」「タイムトラベルにより引き起こされた主人公の行動がヒロインの命を救う」などのドラマ性あふれる流れがあるにも関わらずドラマが発生しない
    • その理由の一つとして、主人公やヒロインなどの主要キャラクターが他者とのコミュニケートをしないというのがある。
    • 例えば、盗作してしまった主人公は「タイムマシンの事を話したら世の中が大変な事になるかも」「盗作の事を打ち明けたらヒロインが絶筆するかも」と自分勝手な妄想を根拠に、誰にも盗作の事実をきちんと打ち明けないまま「罪の十字架を背負う」「この世界線には存在しなくなってしまった名作を世に送り出す使命がある」と自分の盗作行為を寧ろ自分の負うべき罪と使命だとを正当化する。
    • 透明な傑作という意味不明なイデアを追い求めるヒロインは、「似たような思想を持つから酷似した作品を描いた」という意味不明な勘違いにより主人公を無実と思い込んで身を引き、担当やアシスタントすら排除して一人でイデアを追い求めた結果過労死する。
    • ヒロインの生存の為ならヒロインを尊厳破壊しつくす事も辞さないデウスエクスマキナは思いつくままにヒロインの人生を凌辱しつくした挙句、ヒロインが生きのびないからと実質全人類の虐殺を決める。
    • こんな風に、誰かに悩みを相談する・問題が解決するまで話し合う・他人に助言や協力を仰ぐなどといったことをせず、問題を解決するために誰かと協力し合うという事も一切なく、それぞれが事件を起こして問題をこじらせるというただただ意味のない独り相撲を違うキャラクターが別々にやっている、という展開となっている。
    • 通常は主人公を含めたキャラクター間の人間関係を構築し感情のぶつかり合いを通してドラマを展開するのだが、本作では各キャラクターがその人間関係を悉く断絶させてしまっている。このためドラマ自体が成立しない状況になってしまっている。
    • またもう一つの理由としては、作中で問題を解決する過程を省くというのがある。
    • 例えば、「盗作者である主人公とその作品の真の作者であるヒロインとの邂逅」に際し、「ヒロインが『似たような作品を先に出された』と勝手に勘違いし、雑魚の様に撤退」する。
    • 「ある事情で連載終了となった盗作元の作品の続きを盗作者である主人公が二次創作」に際し、「一時期は人気低迷したもののなんとかなったという結果のみ提示」する。
    • 「真の作者であるヒロインの新作vs盗作者である主人公の贋作」に際し、「主人公が30連敗したという結果のみ提示」する。
    • こういった、登場人物達が己を賭してぶつかりあう、本来なら一番盛り上がるシーンである筈の問題を解決する過程、つまりドラマとして重要な部分が徹底的に排除されており、このため当然ドラマ自体成立しなくなった。またこれにより、解決にいたる登場人物の思考や感情や道筋が理解できず読者にとってなにがどうなろうが共感も感動もできない状態になってしまうという問題も発生した。


  • 作中の描写に説得力が無く、なぜそうなるのか理解ができない
    • 本作はいずれのシーンも描写不足や論理的矛盾により説得力が皆無となっており、それにより掘ってしまった墓穴を埋めようとして更におかしな理屈と展開を披露し更に墓穴を掘り下げた結果、作品自身が埋葬されたといっても過言ではない。
    • 例えば、主人公の盗作をはじめとした様々な問題行為
    • 主人公は独り善がりな思考から様々な問題行動を連発する。盗作、不法侵入、借金、窃盗、ヒロインの人生をヒロインにすら気づかれる事なく凌辱する、一番立場が上の人間でありながらカップ麺やお通しのキャベツだけ食べる、など犯罪にいたる物から非常識にとどまる物まで様々だが、特に自ら擁護した心算で傷口を広げてブートジョロキアを擦り込んだのが盗作問題とそこから派生する借金問題およびヒロインの人生凌辱問題である。
    • 詳細は佐々木哲平(タイパラ)と、ヒロインの人生凌辱問題については未来ロボットフューチャーくんも参照のこと。
    • 他には、稀代の傑作として登場する作中作『ホワイトナイト』なども挙げられる。
    • 『ホワイトナイト』は本作におけるアニマともいうべき存在であったが主人公の長ったらしい実況で設定が語られたのみで具体的な内容に関する描写はほぼ存在せず、面白さも登場人物のオーバーリアクション(滂沱する、椅子から転げ落ちる、痙攣する、など)で表現されるだけだったため、現実の読者から『ホワイトナイト』が本当に面白いとは思えないと言う評価を受ける事になった。
    • 料理漫画で、料理を食べた人物が長々と脳内実況を垂れたり脱いだり喘いだり哲学しても読者に当の料理がおいしそうとはちっとも思えないというアレに近い。
    • これが作中である程度描写され読者に「なるほどこれは確かにとても王道で設定としてはありきたりなのに面白そう」と思わせられるかどうかは、主人公が不法侵入を犯してまでも持ち込んでしまう、主人公が罪の十字架を背負ってでも盗作を決意する、編集部が連載会議を放棄し他の作品を差し置いてこの作品の読切掲載を決定する、真の作者であるヒロインがたまたま主人公が酷似した作品を先に世に出しただけと勘違いする、などといった登場人物たちの問題行動に読者が感情移入できるかどうかを決定づける重要なファクターだった。
    • また本家『ホワイトナイト』と比較した盗作版『ホワイトナイト』が、そして盗作版でも原作として本家が存在する45話までと比較した本家が存在しない46話以降がどれだけ劣るかを見せつけること、その後どれだけ盗作版が本家に迫るものとなるに至ったかなどは、この作品を漫画家漫画として成り立たせるつもりなら当然描写されてしかるべきものであり、また主人公が実際に(二次創作に過ぎないとはいえ)ある程度は頑張ったと読者に印象付けてヘイトを下げる役目も果たした筈である。
    • なお、作中作が実際に作中で描写される例としては漫画家漫画として主人公やライバルが自身が製作した漫画で激突する様を描いたバクマンや、ドラえもんが代筆(こちらは正真正銘の代筆)した漫画の内容についての描写があるドラえもんなどが存在し、前者は作者のこれまでの作品を想起させる内容だった事もあって一定の説得力を有し、後者にいたっては作中作のキャラクターが独自に人気を獲得している。
    • これを取り繕うためか第10話においてヒロインに突如として透明な傑作論(作者のクセが無い無個性な漫画こそ全人類を楽しませる究極の漫画)なる意味不明な理論を振りかざさせるも当然共感を得られる筈もなく、逆に本家『ホワイトナイト』の作中での評価とかみ合わない漫画論にむしろ「斬新でも無いなら本当に一体どこが面白いと評価されたのか」と現実の読者からは一層『ホワイトナイト』の面白さが疑問視され、ヒロインも頭のおかしい自己中女だと評価を下げただけだった。
    • 上記に比べれば物語のテーマでありタイトルにも起用されているタイムパラドクス含めたSF要素は、まだ登場したはいいものの物語の根幹を成す要素であるにも関わらず全然掘り下げられずに終わったというだけまだマシかもしれない。
    • 本作ではタイムトラベルによって現代に出現した未来の週刊少年ジャンプにより主人公が盗作を行ってしまう。この盗作の事実に気づいた主人公が盗作を継続する言い訳として持ち出したのが「現代で自分が『ホワイトナイト』を発表したことにより、本来存在した筈のアイノイツキ作『ホワイトナイト』が十年後に連載される未来は存在しなくなってしまった。だから俺が(盗作を続けて)世に出さねばならない」というタイムパラドックス理論であった。
    • しかし主人公が盗作した後も『ホワイトナイト』が掲載されたジャンプは消滅することなく、ついに作者であるアイノイツキの死亡により連載が中止するまで主人公の手元に届けられ続けた。つまりタイムパラドックスは発生していない。とんだタイトル詐欺である。
    • しかしそれでも作中で起きている現象が実際にタイムトラベルであるとすれば、なぜどういう理由で発生し、なぜ受取箱が雷が落ちた電子レンジで、なぜ届けられるのが未来ジャンプで、なぜ受取人が主人公なのかという謎それ自体は非常に読者を惹きつけ続けた。
    • そんな中、七話(つまり第一巻最終話)でアイノイツキの訃報が掲載された未来ジャンプを見た主人公が新たに出した答えは「自分が盗作することで世界線が変わりヒロインの死が避けられる、としたら…!」。
    • 読者からしたら「 は ? 」の一言である。
    • 単純に「何言ってんだお前。なぜお前が盗作したから藍野伊月は助かるんだとかナチュラルに自分の盗作正当化する方向に持ってってるの?お前が盗作したせいでこのアイノイツキが死んだ可能性だってあるのに」というのはさておいて、それを除いてもこの場面にはタイムパラドックス理論は間違いだったと認める過程無くして唐突にパラレルワールド理論が登場する整合性の無さ、世界線というワードを使用する事の是非などの世界観における問題がある。
    • なお、タイムパラドックス理論とパラレルワールド理論は必ずしも矛盾するものではない。ましてその分野の専門家でもない主人公が思いつきによる解釈ならAかもしれない実はBということだったのかもしれないと二転三転する事などなんら問題ではない。ではなにが問題なのかというと、結局のところはタイムパラドックス理論もパラレルワールド理論も起きている現象に対する主人公なりの解釈などというものではなく、単に起こった出来事を遅滞なく主人公による盗作を正当化するための言い訳として昇華する為に使われているに過ぎないのが問題なのだ。
    • ここでタイムパラドックス理論は間違っていたしタイムパラドックスを言い訳にした盗作は使命などではなくただの犯罪であったと主人公が認めていれば、そこで読者もリセットしてあらためてパラレルワールド理論に基づいた世界観の考察と主人公の今後の動向に期待できただろう。
    • あるいは、これがまだ盗作していない状態での発言であったならば、バック・トゥ・ザ・フューチャーsteins;gateのように天才や専門家がタイムトラベルについて考察し一定の理論を構築した上で歴史に干渉する事の重要性を詳らかにしつつも手段の一つとして提案するなら、もしくはせめて素敵な選TAXIドラえもんなどといったSFコメディのようにとりあえず細かい事はさておいてギミックとして主人公が物にしてでもいれば、その発言自体のおかしさが変わる訳ではないにせよ主人公がタイムトラベルを能動的に利用しているため、あくまでもヒロインの死の運命を変える為の試行錯誤の一つとして盗作が受け入れられることもあったかもしれない。
    • だが実際にはアイノイツキ死亡の告知やデウスエクスマキナの指示が出てくる前から主人公は盗作しており、「主人公の犯罪を正当化するために意味不明にヒロインが危機に陥り、本当にそうなのかもわからない状態で自分が歴史に干渉したからヒロインが救われるかもしれないと主人公が既に犯した自分の犯罪を正当化する」という流れになってしまっているため、今更「ヒロインが危機に陥る未来を知り、それを回避するためにやむなく歴史に干渉し犯罪に手を染める主人公」という構図を作りたいという作者の意図は見えるものの、全くそう理解できる余地が無くなってしまっている。
    • しかも理論についての部分の説明を、本作では「この時代で描いたことで未来では存在しなくなってしまった(※消滅していない)」「世界線が分岐してパラレルワールドが発生した」という主人公が思い込むだけで終わらせ、本来の意味でもオマージュ元の作品steins;gateにおける意味でもパラレルワールドとは微妙に意味が異なる世界線という言葉を用い、主人公が解明していないだけで作中ではタイムトラベルに関する明確な理屈があるのかといえばそんなことはなく、タイムパラドックスだのなんだのとこねくり回させた割に実際には「人の『想像する力』が生み出した幽霊」だか「とある作家が生み出した物語に必要なキャラクター」だかのファンタジーなデウスエクスマキナの仕業とぶん投げているため、折角のSF要素について考察して楽しもうにも理解するための足掛かりすらなく、設定が宙に浮くどころか空中分解している。
    • もっとも、デウスエクスマキナの仕業でぶん投げたこと自体は14週という異例の速さでの打ち切りの影響も考えられるため、説明し切れなかった設定をとにかく入れ込みつつ、それで成功したかどうかはともかくとして、作者側が出来る限り作品の質を上げようとした結果なのかもしれないと思えるだけ本当にまだマシな扱いと言えるだろう。
    • それ以外で特筆すべきは主人公やヒロインがそのシーンに合った表情や外見をしていないことだろう。
    • これはむしろ作品というよりは作画の問題であるが、主人公が自己正当化完了した時はシリアスなキメ顔を見せつけ、ただトレパクするだけなのに頭からつま先どころかバッグまで汚れまくり、盗作だと自覚したシーンや真の作者と邂逅したシーンなどシリアスでいるべき時にギャグ顔を晒し、自分の為としか思えない涙をこれでもかと流す様は読者に非常な不快感だけを植え付ける事に成功している。
    • また、ヒロインも特に意味もなく制服で登場し(後に作中キャラにツッコマせて以降はやめたが)、デビュー以降自分を追い詰めていく様は描かれてもそれでやつれていった形跡はなく、部屋もモデルルームさながらに綺麗なまま、マジで過労死する5日前でさえ髪はさらつや唇はぷるつや頬もふっくらとして身だしなみばっちりの健康的な姿で変な姿勢でとはいえ元気に走っている姿が描かれ、こちらはただひたすら読者を混乱に陥れている。

  • パクリ
    • 主人公の盗作がなにかと問題になっている本作であるが、この作品自体も「上っ面だけシュタゲをパクった」と批判されている。
    • 確かに「星に手を伸ばす」「偶然にもタイムマシンとなった電子レンジ」「ロト6」「世界線」などsteins;gateのオマージュと思われる要素が所々に散りばめられている。一応、ストーリーも設定もなにもかも全く別物である以上、これだけでは別にパクリと言われるほどではない。
    • しかし、タイムトラベル物でギミックが学習机の引き出しであれば『ドラえもん』、車であれば『Back to the Future』が想起されるのが当たり前であるように、電子レンジであれば『Steins;gate』をわずかなりとでも知る者は当然それを思い浮かべるだろう。第二話で世界線というワードを使っていればなおさらシュタゲを意識した作品と見られるのが道理というもの。その上で、既に触れた通り本作ではタイムパラドックスなどのSF要素が主人公に都合のいい要素の一つとしてしか扱われておらず、肝心の物語そのものも主人公擁護以外の内容が無いような代物であるため、安易にそういったシュタゲっぽい要素を用いる事であたかもシュタゲっぽく深い作品に見せかけようとしたパクリ作品と見なされるのも、パクリかオマージュかの線引きが結局は主観に基づくものである以上避けられない話だったと言える。
    • せめてその後の話で本作ならではの面白さで読者を魅了できていれば「第一話がちょっとシュタゲっぽかった話」で済んでいたのだろうが、悪い事に本記事の内容を読めば分かる通りぶっちぎりで不人気だったので、第九話でまたしても「ロト6で結局当選しない」というシュタゲのオマージュを入れてきた時にはこの頃十二分に稼いでいたヘイトも相俟って「上っ面だけパクってる」という悪評を確固たるものとしてしまっていた。
    • ちなみにこれについては作画の伊達恒大氏が前作『クロスアカウント』でも干物妹うまるのパクリをしたと言われているのも一因ではないかと考えられる。一度パクった奴は以降もパクっていると読者から思われる、盗作がその疑いがあるというだけでもどれほど後々になっても厳しい目で見られる重い罪かというのが解る一幕である。


  • 余談
    • 本作の第一話が掲載された週刊少年ジャンプ24号は鬼滅の刃の最終話が掲載された号でもあった。前例に則ってのこととはいえ炭治郎が隅っこにおいやられ中央に佐々木哲平(タイパラ)が居座ったり、最終話が掲載された号に第一話が載るという実質鬼滅の後釜と編集部が目していると捉えられてもおかしくない扱いを受けていたこともヘイトの一因であると言える。もっとも、これ自体に関しては別に本作の作者は悪くない訳だが。



『タイムパラドクスゴーストライター』の登場人物に対するヘイト
本作は登場人物に対し著しい倫理的違和感を抱かせる振舞いをさせたり作中での扱いをするなどしており、特に主人公に関するそれはヘイトを稼いだ大きな要因となっている。

  • 主人公の振舞いおよび作中での扱い
    • 詳しくは佐々木哲平(タイパラ)参照。
    • 大まかに言えば、主人公は作中で盗作や窃盗、不法侵入など数々の犯罪をおかした加害者である癖して、常に他者のせいにしてなにかにつけて自己正当化を行い時に被害者面までしていた。
    • またそんな主人公に対して作中世界はひたすら優しく、その罪で裁くことはおろか暴いたりする方向にすら持っていかず、それどころか使命感溢れる善人として描き続けた。
    • そんな主人公と主人公にひたすら優しい世界であったために生じた様々な倫理的違和感こそ、本作が本記事のような蔑称をつけられるにいたった最大の要因の一つといっていいだろう。
    • なお主人公も同様に『パク平』の蔑称がつけられている。現実に主人公と同姓同名のクリエイターが存在することから、本作をタイパクと呼称する事に対しては賛否両論がある一方で主人公を蔑称で呼ぶ事に関しては寧ろマナーであるとする向きもある。

  • ヒロインの振舞いおよび作中での扱い
    • 詳しくはアイノイツキ参照。
    • 大まかに言えば、ヒロインは主人公によって貞操以外の全てを権利含めて奪われ、作者によって登場する度にキャラ崩壊させられた作中最大の被害者となる。
    • 催眠レイプ物とまで揶揄される、作者はなにか彼女に恨みでもあるのだろうかと言いたくなるような散々な扱いはヒロインの設定(本来デビューした時の年齢、田舎の出身、大ヒットした作家であるなど)がこの作品の連載開始時に連載終了した作品の作者と若干被ることもあり、本作に対するヘイトというよりは作者に対する嫌悪を招いたと言える。

  • 悪役の振舞いおよび作中での扱い
    • 詳しくは菊瀬編集参照。
    • 悪役と書いたがそれはあくまでも作中の扱いであり、読者からすれば唯一まともな事を言っていた人物、というかむしろ四年にわたって何の成長も無い応募者の面倒を見てやる聖人だった。
    • そんな彼が、盗作(※一応、この時点では主人公も盗作と気づいていない)を持ち込むため不法侵入した主人公についにキレただけで主人公を贔屓した編集長に睨まれ、これまで主人公が持ち込んだ駄作とはまるで違う傑作な盗作で主人公を評価した編集部の面々からも針の筵の扱いを受けた。
    • そんな彼の悲劇の主人公性と、他でもない本作に彼のアドバイスが次々と突き刺さる事態が読者に本作と作者に対する倫理的違和感を強めさせた。



  • その他の登場人物の振舞いおよび作中での扱い
    • 彼らに関してはキャラや扱いが酷いというより、おしなべて個性も無ければ作劇上なんらかの枠割を担うような機能性も無いさす哲bot達なのが問題視されている。
    • 正直、「ここは〇〇村だよ」という台詞を言うだけのモブ村人Aの方がまだ個別の役割と人間味と背景を持っているような有様で、本作が単純につまらないと思われた要因の一つを担っている。




余談

通常、打ち切りとなる様な駄作において読者のヘイトは作者、それも原作と作画が分かれている場合はどちらか一方に集中する傾向にある。
話は面白そうだけど絵が下手で読みづらいという場合は作画に、絵は小綺麗だけれど話が絶望的につまらないという場合は原作にヘイトが集中する。
しかし本作の場合、作画も作画で過去作という負の実績があること、確かにイラストは割と上手いが漫画(特にシーンに合った表情をキャラにさせること)は下手、年寄りがしわのついた若者、などの問題を抱えていたことから、原作、作画ともにヘイトが向けられた。
それにとどまらず、盗作を肯定するかのような作品を世に出したことで編集や編集部までも倫理観を疑われた稀有な例でもある。

また、SF要素やサスペンス要素など面白くなる要素を取り入れたこと自体は評価されており、「面白い要素ばかりいくら取り入れたところで扱う者の腕が良くないと全く持ち味を活かせず潰れてしまう」という一般論を体現していることなども含め「創作でこれだけはやってはいけないという禁止事項をたった二巻で網羅した反面教師としては素晴らしい作品」として評価する向きもある。またこのため、作品そのものに対する考察というより「どうすれば面白くなったか」という二次創作的な考察が非常に活発だった点も特徴として挙げられる。

関連タグ

佐々木哲平(タイパラ):作品の主人公。作品にこの蔑称が付いた最大の要因。

関連記事

親記事

タイムパラドクスゴーストライター たいむぱらどくすごーすとらいたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タイパク」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「タイパク」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12952

コメント