ピクシブ百科事典

ヨアケモノ

よあけもの

週間少年ジャンプで連載していた、芝田優作による漫画。
目次[非表示]

概要

芝田優作が2014年に週刊少年ジャンプで連載していた時代劇マンガ。全16話。
新撰組を中心に、黒船と共に来航した「獣の刃」を身に宿した剣豪たちの激闘を描いたトンデモ伝奇漫画である。打ち切り

主な登場人物

※能力については獣以外の種類がいるものの、本誌の表記に合わせて「獣」に統一。

新撰組

  • 暁月刃郎
物理って何だ?


 松永に斬られ死に瀕していた所で土方から山犬を受け、獣の力を手にした新撰組の若き隊士。野生児であり、バカが付くほど真直ぐな少年二刀流の使い手。

 新撰組筆頭局長。右目を眼帯で覆った巨漢で底抜けに明るい性格。意外に礼儀正しい一面も。宿っている獣(能力)は金獅子

 新撰組副長の厳格でクールな男性。宿っている獣(能力)は


 新撰組一番隊組長。ひょうきんな性格の青年。新撰組漫画のお約束通り刃郎と最初に絡む。
 獣(能力)は(やっぱりな!)で、その動体視力を生かした三段突きを得意とする。
 が、作中では油断してばかりで活躍シーンはほぼなかった。

 新撰組監察。常にへのへのもへじを描いた仮面をかぶっている。沖田の言動には振り回されっぱなしの苦労人。
 宿っている獣(能力)の詳細は面梟らしい。

 新撰組監察。大柄で、長い髷をしている。
 宿っている獣(能力)は


 土方付の小姓色黒で左目に十字傷がある。刃郎とは最初こそ反目していたが、後に終生の友となる。
 宿っている獣(能力)は雪豹で、体温を下げることで気配を完全に消すことが可能。

 新撰組二番隊組長。宿っている獣(能力)は

 新撰組三番隊組長。宿っている獣(能力)は

 新撰組八番隊組長。男の娘。宿っている獣(能力)は

 新撰組十番隊組長。豪胆な性格。宿っている獣(能力)は猩々

攘夷志士

主善ちゃん


 元新撰組隊士。その正体は長州の攘夷志士であり、史実通り新選組には間者(スパイ)として潜入していた。
 獣(能力)は井守で、再生能力に優れているため、腕を斬られようがどんなにひどい傷だろうが再生してしまう。


 史実では長州三傑とまで言われた名士なのだが、まあ新撰組漫画なので若干クレイジー入ってる美貌の青年。
 獣(能力)は火喰鳥で、長大な西洋突撃槍を利用した神速の突きを得意とする。


 で百人以上を斬り続ける最凶の。鉄之助の兄貴の仇。
 宿りし獣(能力)は蟒蛇で、により幼少期に視力を失っているが獣の力(嗅覚と赤外線感知能力)で敵の場所を的確に突き止めることが出来る。また、下級武士の子として頭を垂れ続けた結果に生み出したを這う剣術により、一切の死角を持たない。最速時には剣先は音速をも超越する。

このクニの洗濯ぜよ


 土佐藩脱藩浪士。薩長同盟を締結し、裏で反幕府勢力を操っているとされる豪放磊落な人物だが、なんの殺気も見せずにテロ行為を嬉々として語るなど掴み所のない人物。複数の獣の能力を合わせ持ったを体内に宿す二刀流の使い手。

その他

銀


 刃郎の兄貴分的存在。
 長州浪士との戦いがきっかけで、刃郎に新選組を託して進むべき道を示すことに…。

用語解説

  • 獣刃(じゅうじん)

今(この物語)から十一年前に黒船に乗り込んでいた何者かが日本に持ち込んだ呪われた刀。
何故か最初から日本の様式をしていた漆黒の刀。半数は幕府側(新撰組サイド)で残りの半数は反幕府(攘夷浪士サイド)の手に渡り、獣刃能力者同士の戦いが秘密裏に繰り広げられている。
本数は数十振りあり、数振りだけ色違いのものが存在する。

  • 色違いの獣刃
朱い色をしている通常とは異なる獣刃。中に封じられた獣も通常のものとは比べ物にならない凶悪な能力を宿している。

  • 獣刃能力者
獣刃の能力(チカラ)を宿した人のこと。
人体に獣刃を突き立てて受け入れることが出来た後、恐るべき獣の力を得ている。
能力の内容は使った獣刃によって異なり、様々な獣(動物)の力がある。
更に同じ獣刃能力者の肉を喰らうことで強大な力を発現することが出来るようになる。

  • 新撰組
別名「ヨアケモノ」または「壬生狼士」。
近藤勇が筆頭局長を務める幕府側の組織で、ほとんどの人が獣刃能力者。
その試験は難関であり、無事に入隊できたとしてもほとんどの人が最初の任務で亡くなっている。


関連項目

漫画 芝田優作 週刊少年ジャンプ
獣人 怪人 改造人間 猛獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨアケモノ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65626

コメント