ピクシブ百科事典

忍空

にんくう

忍空とは、桐山光侍による漫画作品である。
目次[非表示]

概要

正式タイトルは「NINKU-忍空-」。90年代を代表する週刊少年ジャンプの作品。
1993年から連載され、1995年にアニメ化された。その後は未完のまま約10年間休止されていたが、2005年よりウルトラジャンプで「忍空 〜SECOND STAGE 干支忍編〜」というタイトルで再開され、2011年に連載が終了した。
岸本斉史は自他ともに認める本作品の大ファンであり、この作品をきっかけに「NARUTO」が作られた。

用語

「忍空」というタイトルは本作品に登場する武術の名称で、空手の力強さと忍者の速さ・技を組み合わせたものである。忍空には12の流派があり、それぞれ十二支にまつわる身体能力や自然を操る能力を持っており、それぞれの流派の師範的立場の忍空使いは“干支忍”と呼ばれ、流派特有の能力を引き出させる自然龍が見える。

ストーリー

忍空組の活躍により戦乱の世も治まったかに見えたEDO暦3年、風助は旅の途中で忍空組の残党が悪事を働いているのを目にする。
そんな折、橙次が残党の過激派に囚われたとの報に接する。
彼らは「忍空狼」と称し、1人1人が隊長顔負けの実力を持つ刺客を干支忍達に放っていた。
かくして干支忍と忍空狼による忍空戦争が勃発した。

登場キャラクター

風助と仲間達


ファーストステージ

セカンドステージ

セカンドステージ・干支忍編

『NINKU -忍空- ナイフの墓標』

テレビアニメ版『NINKU -忍空-』

劇場版『NINKU -忍空-』

アニメ

1995年1月から1996年2月まで全55話が放送された。キャラクターデザインは、のちにNARUTOのキャラデザインも手掛ける西尾鉄也氏。

原作との違い

原作でのエピソードが少なかったためかほとんどがオリジナルエピソードである。
敵対勢力が原作での忍空の残党から帝国軍に変更。
原作ではパートナーであった黄純が帝国軍の一員として主人公達に立ちはだかる。
原作においてペンギンのヒロユキはマゼランペンギンであったが、ケープペンギンに変更されている。
また、風助達との出会いについても、原作では悪党どもから藍朓と共に助けられたのがきっかけであったが(その後風助達が修行の旅に行ってしまったため橙次に預けられた)、アニメでは「サーカス団」の一員だったのに風助達について来てしまったという設定に変更されている。
ヒロユキが「デベデベ」等と鳴く様になり、脱糞場面がないかわり原作の橙次の様に放屁する。
ストーリーの大半はオリジナルキャラである。

これが功を奏したのか、劇場版も製作される大変な人気を博した。

主題歌

オープニングテーマ
『輝きは君の中に』
作詞 - 中島章子 / 作曲 - 山石敬之 / 編曲 - 井上鑑 / 歌 - 鈴木結女

エンディングテーマ
『それでも明日はやってくる』
作詞・作曲・歌 - 鈴木結女 / 編曲 - 崩場将夫
『空の名前』
作詞 - 山田ひろし・鈴木結女 / 作曲・歌 - 鈴木結女 / 編曲 - 吉田智
『それぞれの明日へ』
作詞・歌 - 鈴木結女 / 作曲 - 土橋雅樹 / 編曲 - 西脇辰弥

関連イラスト

泣いて怒ったりそして笑ったり
二期アニメ化



関連タグ

週刊少年ジャンプ

pixivに投稿された作品 pixivで「忍空」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 897042

コメント