ピクシブ百科事典

増岡弘

ますおかひろし

日本の男性声優、俳優、ナレーター(1936年 - 2020年)。
目次[非表示]

概要

1936年8月7日生まれ。埼玉県さいたま市岩槻区(旧・岩槻市)出身。最終所属は東京俳優生活協同組合(1961年~没時)。
ハスキーバリトンボイスが特徴で、『サザエさん』のフグ田マスオや、『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさんなど、成人男性や中高年の人物を中心に、温厚な善人キャラから陽気な悪役キャラまで、様々な役を演じる。

2011年に『日常』の予告ナレーションを担当して以来しばらく新規の役から手を引いていたが、2019年のアニメ『浦島坂田船の日常』にて校長先生役を演じ話題となった。

2019年8月5日にフグ田マスオ役とジャムおじさん役を卒業することを発表、フグ田マスオ役は田中秀幸、ジャムおじさん役は山寺宏一が引き継ぐことになった。ちなみにマスオ役の増岡は『ウルトラマンレオ』第50話でウルトラマンキングの声を演じているが、三代目マスオ役を演じる田中はウルトラマン・ザ・ネクストや『ウルトラマンメビウス』以降のゾフィーの声を演じており、ネット上ではキングからゾフィーになるとネット上で話題になった。

各番組卒業後はゆったり趣味を満喫するつもりだったそうだが、『有吉くんの正直さんぽ』のナレーションだけは、スタッフからの懇願もありしばしの休業の後に復帰。増岡にとっては最期に担当した仕事となった。

2020年3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去。83歳没。
また、この三週間後には同じく声優の藤原啓治も癌で亡くなっており、このベテラン声優の相次ぐ訃報は日本中に衝撃を与えた。

経歴・活動

当初は、舞台美術家を志望しており、舞台美術や舞台装置に関する仕事に就いていたが、後に劇団員のオーディションに合格したことなどを機に、役者に転向。
その関連でアフレコの仕事に携わったことを機に、声優としてのオファーが増えてからも、テレビドラマや特撮ドラマなどで、役者として顔出しで出演している。
声優・俳優として活動する傍ら、役者としての経験で得たことを活かし、学校や自治体からのオファーを受けて講演活動も行うほか、後進の育成にも力を入れている。

人物

私生活では、自家製味噌を作るのが趣味で、民放のトーク番組やインタビューにおいて、味噌造りへの深い造詣を熱く語ったり、自ら著書を出版したりするほどである。

主な出演作品

アニメ

フグ田マスオ(2代目)『サザエさんジャムおじさん(初代)『それいけ!アンパンマンジェロニモ・ジュニアサイボーグ009(1968年版)』
かっこいいマスオの練習
ジャムおじさん
005/ジェロニモ
チャッピー南国少年パプワくん亀仙人(2代目)『ドラゴンボールシリーズ』佐倉十朗エスパー魔美
チャッピー
最強の男
センシティブな作品
岡防衛長官超電磁マシーンボルテスV
岡防衛長官、空に散る!



イラストが無いもの
『デビルマン』魔将軍ザンニン
スター・ウォーズ ドロイドの大冒険』ヨルポ・モグ
超電磁マシーンボルテスV』ド・ズール
タッチ』浅倉俊夫
スーキャット親方
はいからさんが通る』牛五郎
『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』ディック・ムルンバ
魔法のプリンセスミンキーモモ』王様
ウルトラスーパーデラックスマン』片山
逆転イッパツマン弁慶
ホワッツマイケル』伸之助
『勇者警察ジェイデッカー』ピエーロ
クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦』アンジェラ青梅

特撮

秘密戦隊ゴレンジャー日輪仮面百獣戦隊ガオレンジャーガオゴッド
日輪仮面
ガオゴッド


電撃戦隊チェンジマン航海士ゲーター
ビーファイターカブト』石貝侍従ドード
ウルトラマンレオウルトラマンキング

ナレーター

百獣戦隊ガオレンジャー
百獣戦隊ガオレンジャー

有吉くんの正直さんぽ

関連タグ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「増岡弘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69016

コメント