ピクシブ百科事典

ガオゴッド

がおごっど

『百獣戦隊ガオレンジャー』に登場するキャラクターで、巨大戦力の一つ。
目次[非表示]

声:増岡弘(ナレーターも兼任。但しOPのクレジットでは伏せられている。)

概要

ガオレオン・ガオコンドル・ガオソーシャーク・ガオバッファロー・ガオジャガーの5体のゴッドパワーアニマルが合体した百獣の神で、1000年前のガオレンジャーと共に戦った先代のガオキングである。
他の精霊王とは異なり人語を話し、自らの意志で行動する。テトムからは「荒神様」、ガオシルバーからは「千年の友」と呼ばれている。

1000年前、当時のオルグのボス・百鬼丸との戦いで敗北、消滅しており、現代では当初霊体として登場していたが、後に復活。
狼鬼となったシロガネ(大神月麿)に呼びかけるなど影ながらガオレンジャーたちを見守り支えている。
時空を超えることも可能なようで、別次元の世界が舞台の劇場版にも登場。この時のみガオシルバーが搭乗してガオナイトを援護した。コクピットには光背のような意匠があり、仏像のように座禅を組むことで操縦する。

右腕のガオソーシャークのノコギリで敵を横に斬る「神獣荒神剣」という技を持ち、頭の角を取り外してパワーボウという弓として用いる。必殺技は、パワーボウに矢のようにつがえた右腕のノコギリから相手を追尾する光の矢を放つ「天誅・パワーアロー」。ガオキングのアニマルハートと同種の必殺技「ゴッドハート」も使える。
また、ガオキング同様にフィンブレードも使えるようだが、玩具版のみの設定に終わっている。

海外版『ワイルドフォース』での名称はアニマスメガゾード。

風太郎

ガオレンジャーのもとに現れた謎の少年。現代に蘇ったガオゴッドが変身した姿である。
この姿でウラによって殺されたたち4人を黄泉の国で蘇生へと導いた後に自身も現世に蘇ったのだが、なんと当初は記憶喪失となっていた。名前は赤い風船を見てとっさに考えたものである。

しかし、テレビのニュースを見るうちにガオレンジャーは地球を守る存在であるはずなのに、肝心の人間は地球環境を壊し続けている矛盾をメンバーに指摘する。1000年の内に何もかもが変わってしまった事を嘆いている所にラセツによってある場所に連れていかれる。そこは文明の利器が打ち捨てられたゴミ山で、そこにはまだ使えるものも散乱していた。ラセツによって「人間が文明の営み故に地球を壊し続け、オルグはそんな人間に捨てられた品から生まれた。そんな人間達を守る必要があるのか」と吹き込まれ(嘘は言っていない)、人間に肩入れする必要はないと確信した様子を見せると共に、自分の意志でオルグに加担するようになってしまい、ガオレンジャーからパワーアニマルの力を借りる権利を剥奪してしまった。

その後、千年の友である月麿をパワーアニマルの世界へ連れて行こうとするが、月麿はこれを拒否、ガオレンジャーはパワーアニマルの助けもないまま、生命を守る為に必死に戦っていると説得される。
彼の説得に心動かされると、ガオハンターブルームーンに助力した。

そして今回の件は「人は過ちを犯しつつも、この星を守る力を持ちうる。それを自覚してこそ真のガオレンジャー」だという事を気づかせるための試練だった事を明かし、パワーアニマルの力を借りる権利をガオレンジャーに再び託した。
記憶を取り戻した後も本人の希望でガオレンジャーとは対等に接している。

演じたのはのちにアイドルに転身するあ・・・おい何をすr

余談

当初玩具は懸賞品として登場し、後に一般で販売された。

実は劇中で彼が単身でオルグを倒した場面は劇場版しかない。テレビ本編では百鬼丸に敗北した回想に加え、ガオハンターと二体がかりでもラスボスのセンキにあっさりやられてしまい、「百鬼丸にさえ敵わなかったお前に何が出来る」と罵られる始末と、神様なのに散々な扱いであった。

とはいえ、精霊王はあくまでもガオの戦士が搭乗することで最大限に力を発揮できる特性を持っており、本編での戦闘ではいずれも戦士が乗らなかった上、魔笛オルグ以外の対戦相手が異様なまでの強敵揃いだったことも大きい(劇場版での戦闘ではガオシルバーが搭乗していた)。

また、前述の通り岳たち4人を生き返らせたり、最終決戦ではテトムとの協力でオルグを産み出すマトリックスの地獄の穴を封じるなど、サポート面では決して小さくない活躍を見せている。

関連タグ

百獣戦隊ガオレンジャー 戦隊ロボ パワーアニマル
大獣神:同じく神。

関連記事

親記事

精霊王 せいれいおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガオゴッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4828

コメント