ピクシブ百科事典

ハイネスデューク_ウラ

はいねすでゅーくうら

ハイネスデューク_ウラとは、オルグの首領格であるハイネスデュークの一角である。
目次[非表示]

「千年の恨みは、麿が引き継ぐわ」
CV:西脇保

概要

Quest14から登場した第2のハイネスデューク
鼻と耳が合わさった様な緑色の姿をしたと言うべき外見をしている。
通常体は耳メインモチーフの容姿である。
さながら公家日本貴族の様な口調で喋り、一人称は「麿」で口癖は「~でおじゃる」
美しい物を好むが、その価値観は独特のものがある。

戦闘では公家らしくを武器として振るう他、様々な術を扱う。

シュテンを用済みとして処刑すると、新たなオルグのトップに成り代わり様々な作戦を実行して行く。配下であるヤバイバツエツエの事は牽制や陽動、消耗戦の為の要員と割り切る一方、初登場時にシュテンの攻撃の巻き添えを食らった2人を回復・救助したり、功績をそれなりに評価する等、他のハイネスと比べても良好な関係を築いている。
また、後述する狼鬼が自身に従わず、ガオの宝珠を渡さない姿勢に対してもガオレンジャーを倒すという目的が同じであればよい。宝珠はしばらく預けておく」と笑って返す等、豪胆で器も相応に大きい。

劇中での活躍

狼鬼を復活させた張本人こそ他でも無いウラであり、後に彼が奪った宝珠からキマイラオルグを作り出した。狼鬼が千年の邪気から解放されてガオシルバーとなった際、一度は倒されたかに思われたが、残された角の宝石の力で復活。
残った千年の邪気を使ってオルグを誕生させ続け、熟成した邪気を取り込む事で禍々しいウラ究極体への変貌を遂げた。

ウラ究極体

「化け物?怪物?そちらの目は節穴でおじゃるか」

ウラがツボオルグボーリングオルグ墓石オルグの3体のオルグ魔人の身体に宿るごとに熟成された千年の邪気を自ら取り込む事で変貌した姿。通常体が耳メインなら、こちらは鼻メインモチーフの容姿であり、いくらかスマートな外見である。

元の姿より更に醜悪な姿へと変貌しているが、当の本人はこの姿を「この世で一番美しい究極の体」と自負してとても気に入っている。
柄を伸ばして手持ち武器にもなる鋭いカギ爪や電撃放射に加え、飛行能力まで備えており、果ては掌から光の刃を形成させる事も可能。無論、その戦闘力は大幅に高まっており、劇中ではレッドとシルバー以外の4人の命を奪う快挙を成し遂げた。

だが、冥界にいた4人の力により現れたレッドの新たなる武器であるファルコンサモナーの一撃で負傷する。直後に自ら巨大化すると、ガオイカロスと空中戦を繰り広げるも、究極天技・イカロスダイナマイトを喰らい敗北。千年の邪気が消滅した事で等身大に戻ってしまう。

この事態に狼狽する隙を突かれ、シルバーからガオハスラーロッドで額の宝石を破壊され、そのまま止めの破邪百獣剣を喰らい、「無念でおぉじゃぁるぅぅぅぅぅぅッ!!」と言う断末魔と共に今度こそ爆散した。

終盤、ヤバイバの手によってツエツエと他の2人のハイネスと共に復活。そして究極オルグ センキへと生まれ変わる。

余談

モチーフは緑鬼だが、「百化繚乱 下之巻」によると耳のデザインは生々しくならぬ様に余り強調されておらず、鼻の要素も後から加えられた物である。
名前の由来も桃太郎に登場した鬼のモデルである温羅。この鬼は嘗て吉備地方一帯を支配し「鬼神」、「吉備冠者(きびのかじゃ)」と呼ばれた人物であり、地元民が都に赴き窮状を訴えた事で崇神天皇吉備津彦命を派遣。彼の手によって退治されたと言う伝承がある。
こうした一連の流れが童話でもよく知られる「桃太郎」の原形になったとされている。

声を演じる西脇氏は今作がスーパー戦隊シリーズ、延いては特撮初出演となった。5年後の『轟轟戦隊ボウケンジャー』では竜人兵ジャリュウの声でレギュラー出演している。

関連タグ

百獣戦隊ガオレンジャー オルグ(百獣戦隊ガオレンジャー) ハイネスデューク
温羅 公家

妖帝イリエス3年前の動物戦隊に登場する、宝石が無事な限りは倒されても復活可能な扇を持った策士タイプの幹部で、こちらも強化形態に変身している。

筋殻アクマロ:『侍戦隊シンケンジャー』に登場する公家繋がりの幹部怪人。登場期間が4ヶ月間、体色が緑色、策略家である他に、同じ組織のメンバーを利用して自身の野望を叶えようとするも、最後はその人物にしてやられたという点が共通している。

漫才忍者ツッコ・ミーナ翌年に登場する、同じく鼻モチーフ繋がりの戦隊怪人
風船忍者ゴムビ・ローン:こちらも翌年に登場する戦隊怪人で、同じく耳モチーフ繋がり。

シュテン→ウラ→ラセツ

関連記事

親記事

ハイネスデューク はいねすでゅーく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイネスデューク_ウラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 633

コメント