ピクシブ百科事典

妖帝イリエス

ようていいりえす

妖帝イリエスは、「星獣戦隊ギンガマン」の敵組織『宇宙海賊バルバン』の幹部の1人(左側の右から3番目がイリエス)であり、イリエス魔人族の長である。
目次[非表示]

「あ~あ、もう褒美の金貨何枚減っちゃったのかしら?」

声:高島雅羅 スーツアクター:蜂須賀昭二

概要

宇宙海賊バルバンの幹部で、4つの軍団のひとつ「イリエス魔人族」を率いる軍団長。
樽学者ブクラテスの姪で、彼を「おじさま」と呼ぶ。
性格は卑怯かつ強欲で、作戦が成功した暁にはゼイハブ船長に金貨を請求しており、鋼星獣をギンガマンに渡した罰で魔獣ダイタニクス復活が1日遅れるごとに金貨が一枚減ることとなってからは枚数を気にしていた。ゼイハブにも「始末に終えない」と言わしめる。そのため彼からの信頼は銃頭サンバッシュよりも低い。
軍団長の中でも特に剣将ブドーとは全く反りが合わず、配下のメドウメドウを使い自身の計略でブドーを失脚に追い込んだ後、魔術でダイタニクスを復活させようと目論む。

実はゼイハブに計略を既に見抜かれていた事がのちに明かされるのだが、ブドーが失脚した時点でイリエスを糾弾しても戦力の低下に繋がるだけであまりメリットが無いと判断された形で敢えて黙認されていた。
とはいえ、ルールを破ってブドーを陥れた件に関しては流石にゼイハブは憤慨していたらしく、イリエスの死後、その魂を変えた宝石から彼女を復活させようとしたブクラテスに制裁を加え、残った宝石も破王バットバスに砕かれてダイタニクスの防腐剤として使われるという因果応報の末路を辿ってしまった。

イリエス魔人族

イリエス魔人族のエンブレム


詳しくは当該記事を参照。

邪帝イリエス

全ての部下を失ったイリエスがギンガマンに敗北した8人の部下(ブドーに倒されたメドウメドウは除く)の怨念を纏うことで自身を強化した姿。
両肩と胸部に8人の部下の頭部が付いており、部下を亡霊として召喚できる。バルバエキスを使わず自力での巨大化も可能で、幹部では初めて巨大戦を行った。たとえ倒されたとしても自身の魂を宝石に宿すことで生存できるが、復活には第三者による儀式が必要。

街に魔法陣を展開し、そこから出現した無数のトカゲを9千人の人間に寄生・吸血させてダイタニクスを復活させようとした。魔法陣はギンガマンや黒騎士の変身も防ぐが、破壊されるとトカゲや亡霊魔人も消えてしまう。

その外見から、後のキングフォームコンプリートフォームゴールドモードの元ネタではないかと言われている。
同様の外見を持つ前例として破壊神ジャグールが存在(こちらも魔術によって過去の怪人達の亡霊と合体し、その頭部を身体の各所に付けている)。
更にもう少し古い前例として妖怪ダラダラも存在(ただ、合体数は少ないのと、こちらはヒーローの顔が浮き出るのが異なる)。

余談

声を演じた高島女史はスーパー戦隊シリーズへの出演は今作が初であり、それ以前はウルトラマンレオにマイティ松本夫人の役で女優として出演していた。名探偵コナン毛利蘭の母・妃英理弁護士の中の人と言えばピンと来るだろう。
夫である銀河万丈氏もスーパー戦隊シリーズに出演した事があるが、後年の爆竜ブラキオサウルス害統領バッチード等、出演経験は夫の方が多い。

スーツアクターの蜂須賀昭二氏は、ギンガイエローのスーツアクターである蜂須賀祐一氏の実弟。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン 宇宙海賊バルバン 女幹部 合体怪人

女将軍ゼノビアスーパー戦隊シリーズにおいて自らの好悪で同胞を陥れて組織に損害を与えた者同士。こちらはトップが敵討ちを公言している。

関連記事

親記事

宇宙海賊バルバン うちゅうかいぞくばるばん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖帝イリエス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 391

コメント