ピクシブ百科事典

デスフィアス

ですふぃあす

デスフィアスとは、『星獣戦隊ギンガマン』に登場する怪人。

「貴様たちも悲しみの底へ落ちろ」
CV:乃村健次

概要

第三十三章「憧れのサヤ」に登場する、イリエス魔人族の一人で妖帝イリエスブクラテス
モチーフはエジプトファラオスフィンクスの被り物。
イリエスからは溺愛されており、魔人族自慢の切り札。性格は姉に似ず義理堅い。
幹部の身内のため、他のイリエス魔人と違い名前の法則性からは外れている。

魔獣ダイタニクス復活のため、悲しみの顔のような飾りがついたから発射する光線を人間に浴びせ、嘆きの仮面を付けさせ3333人の人間の悲しみを地上に満たそうと企んだ。
人間に仮面を付けさせている間に駆けつけたサヤ以外のギンガマンにも仮面を付けさせたが、サヤの花びらの爪に怯んだ隙に逃げられてしまう。

その後も順調に仮面を付けさせ、最後の一人に仮面をつけさせようとした時にギンガピンクに阻止される。
トキワの森で一時的に悲しみを癒したギンガマン達にヤートットを一掃され、黒騎士ヒュウガの黒の一撃と獣装光ギンガマンの銀河の閃光を受け倒され、さらに杖が壊れた事で仮面の魔力も失われてしまった。

その直後にバルバエキスを飲み干し巨大化。
強力な剣術で獣装光ギンガイオーを追い詰めたが、駆け付けたギガフェニックスのスピードに翻弄され銀河大獣王斬りを受け爆死した。

弟の死に大きなショックを受けたイリエスは泣き崩れてしまい、ブクラテスに慰められていた。
そのころ、ダイタニクスの腐敗が進んでいることをバットバスとビズネラに聞かされたゼイハブ船長は、バットバスから全滅したイリエス魔人族に変わり自身に復活の役目を任せるよう頼みこんでいたが、ゼイハブとシェリンダはブドーの裏切りはイリエスが原因だったのではないかと勘づいていた。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン

コメント