ピクシブ百科事典

目次[非表示]

神秘と科学の、パワー炸裂!

概要

監督:長石多可男 
脚本:荒川稔久

星獣戦隊ギンガマン』と『電磁戦隊メガレンジャー』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第4弾。本作品より、「スーパー戦隊OVシリーズ」から「スーパー戦隊Vシネマ」という名称に変わった。
『メガレンジャー』本編最終回で高校を卒業した健太たちがそれぞれの道を歩んでいる姿が描かれている。
また『ギンガマン』側も本編最終回後の設定となっており、リョウマたちはバルバンを滅ぼしギンガの森で平穏な生活を送っている。しかし、実は撮影は最終回より前に行われた(本編終盤で強化された獣撃棒が通常版に戻っていること等でそれが窺える)。

ストーリー

ギンガマンの活躍により宇宙海賊バルバンは倒され地球に平和が戻った。
その日は宇宙へ帰った星獣たちが久しぶりに地球へ帰ってくる日であり、リョウマや勇太たちもギンガレオンたちとの再会を心待ちにしていた。
しかし、地球にやって来たのは、宇宙海賊グレゴリ艦長と魔獣ゲルマディクスだった。ギガフェニックスギガライノスも倒され、ピンチに陥るギンガマンの前に、かつて邪電王国ネジレジアから地球を守った、電磁戦隊メガレンジャーのメガレッド/伊達健太が駆けつける。
グレゴリは宇宙で出会ったネジレジアの残党であるヒズミナと手を組み、バルバンとネジレジアの復活を目論む。バルバンの幹部たちを次々と復活させた後、健太の仲間メガイエローこと城ヶ崎千里に預けたリョウマのギンガブレスを奪い、ゼイハブ船長をも復活させる。
敵の妨害で星獣が地球に入れない中、重症を負ったリョウマと付き添いの健太を残し、メガレンジャーとギンガマンは敵の本拠地へ乗り込む。

オリジナルキャラクター


関連項目

星獣戦隊ギンガマン 電磁戦隊メガレンジャー
スーパー戦隊VSシリーズ

電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー→本作→救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士

関連記事

親記事

スーパー戦隊VSシリーズ すーぱーせんたいぶいえすしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316

コメント