ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ダングス

だんぐす

ダングスとは、特撮テレビドラマ『星獣戦隊ギンガマン』に登場する敵怪人の一体。
目次 [非表示]

「バカなことじゃねぇ。あの下にいるのは確かに魔獣よ!それも地球で生まれた・・・地球魔獣だ!!」


CV:小池浩司

登場話数:第二章「星獣の再来」、第四十四章「地球の魔獣」


概要

宇宙海賊バルバンの4軍団のうち、バットバス魔人部隊に属する魔人の一人。

物語最終盤にて再編されたバットバス特殊部隊の一員でもあり、両肩に備わった巨大な履帯などが目を引く、重厚なフォルムを有している。その重量級の体躯を活かした体当たりや、胸部に備わった大砲から放つ砲弾など、攻撃の手段も一つ一つが強力そのものである。


作中での動向

初出である第二章では、魔獣ダイタニクス復活のための作戦実行を巡って4軍団が一触即発の状態となる中で、バットバス配下の代表格として他の軍団の魔人達とぶつかり合う姿が描かれている。


その後、バットバス魔人部隊がダイタニクス復活に向けて本格的な作戦実行に動き出す中、前述の第二章に登場した魔人達が一番手を務めた他の軍団とは異なり、ダングスは登場の機会がないまま暫しの間温存されていたが、やがて魔人部隊が特殊部隊として再編されるに至り、そちらの一番手として起用されるという、些か変則的な形での再登場を果たした。


ダングス「俺達は!」

ヤートット「バットバス特殊部隊!」

ダングス「飯食ってんのか!?」

ヤートット「ギンガマン!」

ダングス「綽々余裕の!」

ヤートット「俺達だ!」


ダングスの出撃に当たり、ビズネラが提示した作戦は、荒くれ無敵城から西へ85870歩、北へ32260歩程離れた地点にボーリング装置で穴を開け、そこから地中弾道ミサイルを撃ち込む」というものであった。

かくして指定された地点にて、ダングス率いる部隊はボーリング装置を設置し掘削作業に当たることとなるが、折しもその近辺では謎の地震が発生しており、ただならぬものを感じ急行したリョウマ達4人と出くわす格好となったダングスは、彼等を砲撃にて一蹴すると、掘削作業の完了と共に遂行中の作戦に秘められた、真の目的を意気揚々とリョウマ達に明かしてみせた。

その真の目的とは、「地球魔獣の幼体を急成長させる」というもの。先のダイタニクスとの戦いでギンガマンが爆散させたその破片は、地球に染み込み星の中心を汚染、人知れず新たな魔獣を生み出していた。バルバンの新たな狙いは、その地球魔獣を自分達の新たな船として確保することにあり、ダングス達の撃ち込もうとしていた弾道ミサイルにも、地球魔獣の成長を促進させる「急成長エキス」が積載されていたのである。


この見過ごし難い事態を前に、装置を破壊すべく挑みかかるギンガマンであったが、ただでさえ激烈なダングスの砲撃だけでなく、装置そのものも妨害を見越して特殊なバリアで守られており、破壊はおろかまともに近付くことすら叶わない状態へと追い込まれてしまう。そんな彼等に止めを刺そうと迫るダングスであったが、そこに遅れてギンガブルーが現れ、バリアを破壊すべく高所より獣撃破での砲撃を敢行する。

とはいえその一撃で破れるほどバリアはやわではなく、加えてブルーもこの場に駆けつける直前、崩落するトンネルから人々を助けようとした際に肩を痛めており、獣撃破を構えることすらままならなくなるのだが・・・そんな彼に手を貸したのは、ゴウキ(=ブルー)を越えようと「弟子入り」していた岸本俊介であった。岸本の肩を借りる形で態勢を立て直したブルーは、獣撃破にアースを限界まで込めることで砲撃の威力増強を図り、その狙い通り強化された砲撃はバリアを粉砕して装置の破壊に成功、その直下に潜んでいた地球魔獣も逃亡しまずは事なきを得た。


その間、他の4人によって動きを封じられていたダングスは、作戦失敗に逆上してギンガマンと一戦交えようとするも、5人揃って獣装光を遂げたギンガマンの連続攻撃によろめかされ、さらに彼等をまとめて吹き飛ばそうとした砲撃も、寸前に変化した機動馬ガレオパルサーの装甲には通じず、そのまま繰り出された獅子の装光で吹き飛ばされてしまう。

それでも巨大戦では超装光ギンガイオーを強力な体当たりで苦戦させるものの、召喚されたギガライノスの鋼の装甲を活かした体当たりはそれを遥かに上回る威力であり、これによってダメージを負ったところに銀河大獣王斬りで止めを刺されたのであった。


ダングスの撃破によって、バットバス特殊部隊による作戦行動も出鼻を挫かれる格好となったものの、一方ではダイタニクスに代わる新たな脅威が未だ地底の奥深くに潜んだままであり、その事実はギンガマンに一抹の不安を覚えさせる格好となったのである・・・。

備考

デザインは野崎明が担当。まだ軍団のコンセプトが固まっていない時期に、「とりあえずタンク戦車)の要素を散らして重厚な雰囲気のものを」との制作サイドからの依頼を受ける形で、詳細も分からない状態で描かれたものであるという。戦車と言えばまず思い浮かぶ要素である、大砲を身体の各所に配しつつ、もう一つの象徴的なパーツであるキャタピラを両肩に配することでモチーフを強調したものとなっている。


実際に製作されたスーツではその履帯が若干簡略化された造形となっている他、カラーリングもメイン画像にある迷彩柄から、黒鉄色を基調としたものへと改められた。また、デザイン画稿には得物として金色のバズーカ砲も合わせて描かれているが、こちらは造形の段階でオミットされている。

関連タグ

星獣戦隊ギンガマン

宇宙海賊バルバン 魔人(宇宙海賊バルバン)

バットバス魔人部隊 戦車


ライオンネジラー 地震サイマ獣クエイクロス:いずれも前後のシリーズ作品に登場する、CV担当を同じくする戦隊怪人達

キュララ タンクジョウ タンクリガニー バラシタラ:こちらはスーパー戦隊シリーズの他作品に登場する、戦車をモチーフとした戦隊怪人達。このうちタンクリガニー以外は、いずれも幹部怪人として位置付けられているという共通項を持つ

関連記事

親記事

バットバス特殊部隊 ばっとばすとくしゅぶたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました