ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1978年春の東映まんがまつりにて、スーパー戦隊シリーズ第2作『ジャッカー電撃隊』と第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』が共演する。

カウントはされていないものの、現在のVSシリーズ(スーパー戦隊祭)の原型といえる作品である。

時系列は『ジャッカー』の本編終了後の出来事である。


なお、本映画が公開された1978年は、シリーズがスタートした1975年以降で唯一「戦隊」がTVで放送されなかった年である。

しかしこの映画の存在で、映像作品としては1年も途切れることなく続いている。


あらすじ

ジャッカーの活躍でクライムは壊滅し、地球に平和が戻った。

ある日、ジャッカー男性陣はポーカーに負けた罰として新宿にてカレンの買い物の荷物運びをさせられていた。そんな中、突如謎の円盤が出現。スカイエースで円盤を追跡するが、円盤はジャッカーをおびき出すための罠で、科学特捜隊の燃料部隊が襲われ、ウランを強奪されてしまった。

基地に帰還したジャッカーは、鯨井長官や番場の口からクライムが滅びていなかったことと、クライムが世界中でヒーローたちと戦っている拳闘士舞台と手を組んだことを知らされる。

そんな中、奇怪岬の水爆製造工場に潜伏していたスパイの001が情報を持ち帰ろうとしたが、殺されてしまう。死体の検分が行われている中、桜井とカレンは謎の女を目撃。後を追った二人に、女は正体を明かす。彼女こそ、かつて黒十字軍と戦った秘密戦隊ゴレンジャーのモモレンジャー、ペギー松山だった。

001の遺体に残されていた暗号から、ジャッカーとモモレンジャーは奇怪岬へ向かう。そこには倒しはずのアイアンクローとクライム四天王の姿があった。

クライムの狙いは世界各地に水爆を落として壊滅させ、新たな支配者となること。

バリドリーンが日本へ駆けつけ、ゴレンジャーが合流。ゴレンジャー・ジャッカーの二大戦隊による戦いが始まった。


登場キャラクター

ジャッカー電撃隊



秘密戦隊ゴレンジャー


犯罪組織クライム


クライム四天王



余談

  • この映画はもともとゴレンジャーではなく大鉄人17と共演する予定だった。
    • もし実現していれば、『バトルフィーバーJ』に先駆け、大鉄人17VS四天王ロボの巨大ロボット戦が実現していた可能性もある。ちなみに、スーパー戦隊シリーズに巨大ロボ登場のきっかけとなった東映版『スパイダーマン』は、1978年の5月より(本作品は1978年の3月公開)。
  • 劇中では、仮面ライダーV3ヨーロッパ人造人間キカイダーモンゴルで四天王軍団と戦っていることが明言された。
    • 『V3』『ゴレンジャー』『ジャッカー』と何気に宮内洋が関わっている。
    • 同時期に、仮面ライダーアマゾンが南米で十面鬼と戦っていたとされている。このとき、十面鬼がクライムと結託していたかは不明。
  • アカレンジャーの新録台詞部分の声を担当した高橋利道は本作ではスペードエースのスーツアクターを担当しており、自らがスーツアクターを演じたスペードエースに対してアカレンジャーの吹き替え役としてスペードエースに話しかけるという場面がある。
    • 本作では両者素面は見えないので言われなければ気付かないが、後年の『仮面ライダーBLACKRX』では素面の高橋が演じるゲスト怪人の人間態に対して高橋が声優として吹き替え担当する敵幹部が話しかけるシーンが度々あった(更に高橋は同作ではスーツアクターとして敵司令官役でもレギュラー出演していた)。

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 東映まんがまつり

関連記事

親記事

スーパー戦隊VSシリーズ すーぱーせんたいぶいえすしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4026

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました