ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

『超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』から始まったスーパー戦隊クロスオーバー作品。文字通りその年に放送されている(もしくは放送されていた)戦隊とその前の年に放送されていた戦隊が出会う。場合によってはそれより前の年の戦隊が登場したり、別作品の東映ヒーローが登場する場合もある。


基本的に新戦隊の作品に前戦隊がゲスト出演しているという形式の為、新戦隊(『○○VS○○』の最初につく方)が主軸となって物語が進んでいくシステムとなっている。その為に活動基地ED曲も大体の作品で新戦隊の方が起用されている。


2008年の『ゲキレンジャーVSボウケンジャー』まではVシネマとして制作され、以降の『ゴーオンジャーVSゲキレンジャー』から『ジュウオウジャーVSニンニンジャー』までは新春公開の劇場版作品となり、スーパー戦隊祭と呼ばれた。

その後、2018年の『キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』以降はVシネクストとして制作され、初夏に劇場公開、夏にDVD・BD発売という形式が主流となっている(2020年の『リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』のみ、スーパー戦隊MOVIEパーティー枠で劇場版作品として製作)。


ちなみに『救急戦隊ゴーゴーファイブ』の単独作品である「激突!新たなる超戦士」もVシネマで発売された関係でこのシリーズに含まれるが、クロスオーバー作品ではない。


ストーリー展開

「VS」とタイトルにあるが、戦隊同士が対決する事は極めて稀である。これは往年の作品『マジンガーZ対デビルマン』等と同じようなものである(原作者の永井豪氏は「対(たい)ではなく、対(つい)=並び立つ」と述べている)。意見の相違や確執がある場合もあるが、最後は協力してオリジナルの敵を倒し、お互いが健闘を称え合うというのが恒例の流れとなっている。


世界観としては、最初からコラボする戦隊同士が地続きであるように描かれる事が多い。TV本編の敵組織の残党が黒幕として登場するパターンも多く、中には公式でTV本編との時系列関係等が書かれる事もあるのだが、基本的にはVSシリーズの出来事がTV本編やそれに準ずる単独作品で言及されたり繋がりが明示される事は少なく、あくまで独立した作品として扱われる事が多い。

特に他の戦隊作品との繋がりの部分に関しては、各作品の本編や単独作や他のVS作品内等で言及される事もほぼなく、あくまで個々のVS作品内限定のクロスオーバーとして扱われている。

ここに関しては、TV本編と話が地続きである事や作品を跨いで言及される事も多い、仮面ライダーシリーズのクロスオーバーであるMOVIE大戦シリーズとは対照的である。


そもそも、戦隊は基本的にどの作品も独立した世界観と設定で本編は構成されている為、繋げようとした場合は矛盾や無理が生じる事も多く、その擦り合わせの為にTV本編の設定が一種のお約束的に無視される場合も多々ある。この辺はゴーカイジャーのように、最初からクロスオーバー作品として作られた作品でもなければ難しいところだと言える。


近年では、VSシリーズやゴーカイジャーなどのクロスオーバー作品については、複数の戦隊が同一世界上に存在する固有の世界の話とされており、要は戦隊には各戦隊がそれぞれバラバラに独立した世界群と、複数の戦隊が同一世界内に共存している世界群の、大きく分けて2種類の世界が設定されている。

特に、ゼンカイジャー以降のVSシリーズは、明確にこれら異なる世界同士のコラボとして展開されており、各戦隊世界がバラバラに描写される一方で、ゴーカイジャー世界は複数戦隊の世界として描かれている。その他ニンニンジャーやジュウオウジャー、キラメイジャー等、最低1チーム過去戦隊や他系列のヒーローが存在、もしくは存在が示唆されている世界もあり、TVシリーズに戦士本人や協力者が登場している。


発売メディア​

当初はVHSレーザーディスクを中心にリリースされていたが、2000年の『ゴーゴーファイブVSギンガマン』でレーザーディスクでの、2005年の『デカレンジャーVSアバレンジャー』でVHSでのリリースをそれぞれ終了。2001年にはそれまでの全作品をDVDで再リリースした。DVDで再リリースされたVSシリーズのうち、Vシネマとして制作された作品のパッケージでは、背表紙の部分に「東映VCINEMA」の表記があり、東映Vシネマのシリーズという扱いとなっている。ただし『メガレンジャーVSカーレンジャー』までは「スーパー戦隊OVシリーズ」という表記になっている。


また2004年にはこれらの全作品がレンタル解禁され、スーパー戦隊Vシネマは全作品のDVDがレンタル可能となった。この他、2006年の『マジレンジャーVSデカレンジャー』ではDVD以外にUMDメディアでのリリースも行われた。


Blu-ray Disc(BD)としては『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー』からリリース開始。それ以前の作品に関しても、BD化されていない『ガオレンジャー』~『シンケンジャー』までの劇場版とともに2016年3月・4月に2つのBOXに分割収録した「スーパー戦隊 V CINEMA & THE MOVIE Blu-ray BOX」がリリースされた(『オーレVSカクレンジャー』~『ゴーゴーファイブVSギンガマン』まではネガスキャンHDリマスター。『タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ』~『ゲキレンジャーVSボウケンジャー』はSD素材をHD画質にアップコンバートしたものを収録)。


シリーズ一覧

公開年タイトル
1996年超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャースーパー戦隊OVシリーズ
1997年激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー
1998年電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー
1999年3月星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャースーパー戦隊Vシネマ
1999年7月救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士
2000年救急戦隊ゴーゴーファイブVSギンガマン
2001年3月未来戦隊タイムレンジャーVSゴーゴーファイブ
2001年8月百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊
2003年忍風戦隊ハリケンジャーVSガオレンジャー
2004年爆竜戦隊アバレンジャーVSハリケンジャー
2005年特捜戦隊デカレンジャーVSアバレンジャー
2006年魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー
2007年轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊
2008年獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー
2009年劇場版 炎神戦隊ゴーオンジャーVSゲキレンジャースーパー戦隊祭
2010年侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!
2011年天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕
2012年海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE
2013年特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
2014年獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦!さらば永遠の友よ
2015年烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE
2016年手裏剣戦隊ニンニンジャーvsトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド
2017年動物戦隊ジュウオウジャーVSニンニンジャー 未来からのメッセージfromスーパー戦隊
2018年宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッドVシネクスト
2019年ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー
2020年騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャースーパー戦隊MOVIEパーティー
2021年魔進戦隊キラメイジャーVSリュウソウジャーVシネクスト
2022年機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー
2023年暴太郎戦隊ドンブラザーズVSゼンカイジャー
2024年王様戦隊キングオージャーVSドンブラザーズ
王様戦隊キングオージャーVSキョウリュウジャー

事実上の戦隊VSシリーズ

※最低でも両戦隊の初期メンバーが全員そろっているエピソードのみ記載


現役と前作の共演



二年以上のスパンが空いている

  • 海賊戦隊ゴーカイジャー 第25話【海賊とニンジャ】&第26話【シュシュッとTHE SPECIAL】
    • ゴーカイジャーVSハリケンジャー。初期メンバー全員が登場かつ変身するという他のレジェンド客演回と比べても豪華な仕様となっている。



同じ作品同士



余談

諸事情により以下のVS作品は制作されていない。


関連タグ

スーパー戦隊シリーズ クロスオーバー

VSシリーズ 戦隊モノ最終回恒例行事

MOVIE大戦仮面ライダーシリーズにおける同様の映画シリーズ

スーパー戦隊最強バトル!!:複数の戦隊からドリームチームを結成して活躍した特番

戦隊シリーズ以外の類似作品

MOVIE大戦仮面ライダーシリーズにおける同様の映画シリーズ

サクラ大戦3:第七話「光は東方より」は「巴里華撃団VS帝国華撃団」といっても過言ではない話になっている

マジンガーZ対デビルマン

ルパン三世VS名探偵コナン

サイボーグ009VSデビルマン

イナズマイレブンGOVSダンボール戦機W

関連記事

親記事

スーパー戦隊シリーズ すーぱーせんたいしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58379

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました