ピクシブ百科事典

レーザーディスク

れーざーでぃすく

かつて存在した映像記録媒体およびその規格。
目次[非表示]

概要

レーザーディスクとは、かつて存在したディスク型映像記録媒体およびその規格である。1980年代から90年代前半にかけて広く利用された。略称は「LD」。
1978年、フィリップスによって開発される。
再生専用のメディアで、映画アニメカラオケ映像の収録に利用された。
なお、「レーザーディスク」及び「Laserdisc」は、 パイオニアの登録商標であり他メーカーは「レーザービジョン」「レーザービジョンディスク」という名称を用いていたが、1989年に無償開放され、以後は「レーザーディスク」が一般的に使用されるようになっている。
登録商標が類似品を含めて一般名詞化するという、「セロテープ」と同様の経緯を辿っている。

長所

  • 映像が劣化しにくい

磁気テープのようにメディアと読み取り装置がふれあう心配がないため、繰り返し再生しても映像が劣化する心配は(常識的な利用の範囲なら)まずない。
これは同時期に開発・発売されたVHDに対しての大きなアドバンテージとなった。

  • データアクセスが容易
テープであれば目的の映像がある場所まで巻き取ったり送らなければならないが、ディスクのため瞬時にアクセスできる。
この利点からLDはゲーム用途にも活用され、当時の家庭用ゲーム機では実現できなかった高画質の動画再生を売りとした「レーザーディスクゲーム」がアメリカで大ブームとなった。

欠点

  • ディスクが大きすぎる

直径30センチ程も(小さい物でも20センチ)あったため、薄さというアドバンテージが隠れてしまうかたちになってしまった。

  • 録画ができない
DVDのように空のディスクにユーザーが映像を記録することはできない。
  • 画質が悪い
VHSと比べると格段に高画質だが、薄くもやのかかったような印象であり、あまり鮮明ではない(後期のディスクではやや改善されている)。更に、経年したディスクは湿気によりノイズが混入していることが多い。

現在

レンタル全面禁止の方針も災いし、LDは映像メディアの主流にはなれなかった。1996年にLDよりも低価格で耐久性にも優るDVDが登場したことで、LDは衰退していった。
2007年に最後の生産ラインが停止し、2009年にはパイオニアがプレイヤーの販売を終了。30年の歴史に幕を下ろした。

関連イラスト

ゆっくりアリスとレーザーディスク
木の日



別名・表記ゆれ

LD

関連タグ

映像 メディア レーザーディスクゲーム DVD Blu-ray

pixivに投稿された作品 pixivで「レーザーディスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 193

コメント