ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

レーザーディスクとは、かつて存在したディスク型映像記録媒体およびその規格である。1980年代から90年代前半にかけて広く利用された。略称は「LD」。
1978年、フィリップスによって開発される。
再生専用のメディアで、映画アニメカラオケ映像の収録に利用された。
なお、「レーザーディスク」及び「Laserdisc」は、 パイオニアの登録商標であり他メーカーは「レーザービジョン」「レーザービジョンディスク」という名称を用いていたが、1989年に無償開放され、以後は「レーザーディスク」が一般的に使用されるようになっている。登録商標が類似品を含めて一般名詞化するという、「セロテープ」と同様の経緯を辿っている。

長所

  • 映像が劣化しにくい

磁気テープのようにメディアと読み取り装置がふれあう心配がないため、繰り返し再生しても映像が劣化する心配は(常識的な利用の範囲なら)まずない。
これは同時期に開発・発売されたVHDに対しての大きなアドバンテージとなった。

  • データアクセスが容易
テープであれば目的の映像がある場所まで巻き取ったり送らなければならないが、ディスクのため瞬時にアクセスできる。
この利点からLDはカラオケはもちろん、ゲーム用途にも活用され、当時の家庭用ゲーム機では実現できなかった高画質の動画再生を売りとした「レーザーディスクゲーム」がアメリカで大ブームとなった。

欠点

  • ディスクが大きすぎる

直径30センチ程も(小さい物でも20センチ)あったため、薄さというアドバンテージが隠れてしまうかたちになってしまった。

  • 録画ができない
記録型DVDのように空のディスクにユーザーが映像を記録することはできない。ただし、業務用には録画可能な機種も存在していた。
  • 画質があまり良くない
VHSと比べると格段に高画質だが、薄くもやのかかったような印象であり、あまり鮮明ではない(後期のディスクではやや改善されている)。更に、経年したディスクは湿気によりノイズが混入していることが多い。

現在

レンタル全面禁止の方針も災いし(1990年代初頭にレンタル専用ディスクに限りレンタル解禁されたが、取扱店も少なかった上に、レンタル専用ディスクのタイトルも少なかった。)、LDは映像メディアの主流にはなれなかった。カラオケは1992年より通信カラオケ「X2000」(タイトー製)と「JOYSOUND」が登場すると94年には第一興商の「DAM」の登場が決定打となり急速にレーザーディスクカラオケからの置き換えが進み、1996年にLDよりも低価格で耐久性にも優るDVDが登場し、1998年には洋画のほとんどがDVDに対応。2000年にはPS2の販売によって爆発的にDVDが普及し、大部分のレコード会社、映像会社がLDの製作を終了。レーザーディスクカラオケも夜の街や山奥の温泉にわずかながら残っていたが、その後自然消滅した。
2007年に最後の生産ラインが停止し、2009年にはパイオニアがプレイヤーの販売を終了。30年の歴史に幕を下ろした。最後の機種はDVL-919であった。

関連イラスト

ゆっくりアリスとレーザーディスク
木の日



別名・表記ゆれ

LD

関連タグ

映像 メディア レーザーディスクゲーム DVD Blu-ray HD-DVD

DVD-BOXBD-BOX:これらに先駆けるアニオタ特撮オタターゲットの全話収録セットとしてLD-BOXがあった。大抵は需要と供給の都合上限定商法が行われた。

DVLシリーズ:パイオニアが最後に出し続けた、DVD再生可能なレーザーディスクプレーヤー。

俺ら東京さ行ぐだ - 吉幾三のコミックソングの歌詞上にも登場している。詳しくは該当記事にて。
登場した歌詞の部分は「レーザーディスクは何者だ?」と言うフレーズがある。
バック・トゥ・ザ・フューチャー - PART2の2015年の世界でレーザーディスクが大量に廃棄処分されているシーンがあるが、現実のレーザーディスクは2015年を待たずに消滅している。

関連記事

親記事

光ディスク ひかりでぃすく

子記事

  • DVLシリーズ でぃーぶいでぃーたいおうれーざーでぃすくぷれーやー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レーザーディスク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44404

コメント