ピクシブ百科事典

パワーレンジャー・スーパーメガフォース

ぱわーれんじゃーすーぱーめがふぉーす

パワーレンジャー・スーパーメガフォースとはパワーレンジャーメガフォース(ゴセイジャー)がパワーアップ(ゴーカイジャー)した姿。及びパワーレンジャー・メガフォースの続編。
目次[非表示]

概要

パワーレンジャー・メガフォースの第2シーズン。

本シーズンの第1話にて5人は新たにスーパーメガフォースレンジャーになって過去のパワーレンジャーたちの能力を扱う力を与えられた。

第2シーズンでは基本的に5人は探索時はパワーレンジャーメガフォース(ゴセイジャー)の姿で行動するが、敵と戦う時はレジェンダリーモーファー(モバイレーツ)を使ってスーパーメガフォース形態(ゴーカイジャー)にパワーアップ変身を行う。

過去のパワーレンジャーに変身するときは、「レジェンダリー・レンジャー・モード○○(変身したパワーレンジャーの名前)!」の掛け声で変身する。パワーレンジャーとしては放送されていない戦隊(ゴレンジャー~ジェットマン)は新たな力、地球外のパワーレンジャーという扱いにされることもあるため、レンジャー名を言わない場合もある。(例として五星戦隊ダイレンジャーはパワーレンジャー・スコードロン、地球戦隊ファイブマンはパワーレンジャー・スーパーソニックと名前が付けられている)

本記事では第2シーズンのみ記載。元々第1シーズンに登場していた人物などを知りたい方はパワーレンジャー・メガフォースの項目を参照。

ちなみに最終回のラストバトルの一部シーンを監督したのは何と坂本浩一で日本からニュージーランドに赴いて演出を担当した。

登場人物(味方)

()内は日本語名。主要5人とロボナイト(第1シーズン)の説明は第1シーズンを参照。


惑星アンドレシアの鉱夫だったが、岩の中からモーファーと銀色のレンジャーキーを発掘し、そこから見えたヴィジョンでパワーレンジャーの存在を知る。入手した当初は変身しなかったが、艦隊の攻撃でアンドレシアが滅亡して友人や家族を全て失った際にパワーレンジャーに変身するようになった。

その後は1人でアンドレシアでサバイバル生活を続けていたが、ある日アンドレシアを訪れた艦隊から「フリージョーカー」一機を奪取。そして地球にやってきたのである。一人で何十体ものXボーグを倒してしまうほどの戦闘力を持つが、レジェンダリーモードの変身は他のレンジャー達に見せてもらうまで知らなかった。原作とは違い、変身後に高速で移動する事が可能。

第2シーズンでは登場しないと思われたが、終盤にてヴラックに洗脳されてダークロボナイト(ダークゴセイナイト)で再登場を果たす。

最終的にトロイの尽力で元に戻り、オライオンを救うべく海底基地へ乗り込み基地の爆発と共に自分の命と引き換えにオライオンを爆発から救った。ちなみに第38話以降は死亡しているために登場しないのだが、最終回で映像流用とはいえ何故か1カットだけ登場していた

登場人物(敵)

(第2シーズンはゴーカイジャーに登場したザンギャックとの戦いとなる。ちなみに敵組織名はアルマダ。)

ヴェッカー、ヴラックの父。ウォースターの頂点に立つ皇帝。
息子達の相次ぐ戦死の後に地球に現れる。
最終決戦は原作における旗艦での戦いのみとなっており、そこでの戦いで倒された。

マヴロの嫡男でヴラックの兄。第1シーズンでは声のみの登場。、マルコーが敗北した後、メッセンジャー(10サイのロボゴーグ)を派遣。メッセンジャーの敗北後は大量の戦艦を率いて地球を襲撃。帝国の次期後継者だが、周囲からは弟のヴラックと比較して頭脳・武芸共に劣っていると見なされており、弟に強烈な対抗心を持っている。

最終的にパワーレンジャー達と戦い、敗死。そしてヴラックが台頭する様になる…。

第1シーズンでは最終的に行方不明になった存在だが、実は皇帝マヴロの次男でプリンス・ヴェッカーの弟。兄ヴェッカーが戦死すると本来の姿(日本でいうブラジラの姿)で再登場を果たした。

ロボナイトを操って3つの楔を使って人類を滅ぼす点はほぼ原典を意識しているが、3つの楔はこれに加えてパワーレンジャーのスーパーモード化を不可能にする効果を持っており、パワーレンジャー達はメガフォース形態のままで戦う事を余儀なくされてしまう(スーパーモードに変身できないのは原作におけるブラジラ編の流用であるため)。

前述の楔の効果でスーパーモードにチェンジできないパワーレンジャー達を圧倒し、ウルトラメガフォースレンジャーの攻撃さえも易々と退けるなど大苦戦させるが、メガフォースブラスター(ゴセイバスター)とメガブラスター(ゴセイブラスター)の同時攻撃で怯んだ隙にトロイの必殺技(レッドダイナミック)を受け一刀両断されて死亡した。

(ちなみに原作ではこの後も肉体と引き換えに自身のパワーを楔に送り込むが、本作では彼の死と同時に3つの楔はそのまま消滅という事になっている。)
…という内容であるが、2話分のみで退場する。

ヴェッカーに従うエイリアン。部隊の中ではプリンス・ヴェッカーに次ぐ権限を持つトップコマンダー。ちなみに彼のみ名前が原作と同一である。

ロボットのような外見をしたヴェッカーの配下。エネルギーをチャージすることで光り輝く剣「ソーラースラッシュ」が武器であり、必殺技の「ソーラーフレア」はパワーレンジャーのメガモードを解除させるほどの威力を持っている。
初出撃時にノバを圧倒するが、逆に敗れてしまい、それ以後は彼に執着する。

ヴェッカーに仕える女性のエイリアン。「マキシマイザー」(蘇生・巨大化させる兵器)の開発者。

マヴロ皇帝の側近であるロイヤルガード。

非常に強い戦闘力を持つロイヤルガード。

原典では一般怪人扱いだったが、今作では幹部に格上げされている。

皇帝直属のロイヤルガード。だが少し出て来ただけで、戦闘シーンもなくフェードアウトしてしまった。

  • ドクター・コッグ(二代目害頭領ババッチード)
パワーレンジャー・RPMと戦ったヴェンジックス軍団の残党。サムライレンジャーとの戦いで敗北したが新たな体となった復活した。

上級戦闘員。手から放つ光弾が武器。飛行形態にも変形できる。第1シーズン最終話にて、大量の戦艦とともに来襲して地球を襲撃する。

戦闘員。

関連タグ

パワーレンジャー

pixivに投稿された作品 pixivで「パワーレンジャー・スーパーメガフォース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 669

コメント