ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バリゾーグ

ばりぞーぐ

バリゾーグとは、海賊戦隊ゴーカイジャーにおける敵組織・宇宙帝国ザンギャックの幹部である。        
目次 [非表示]

「イエス、ボス」


声:進藤学 / スーツアクター:岡元次郎


概要編集

ワルズ・ギルに付き従う沈黙なサイボーグ戦士。階級は「特務士官」。

その正体は、ザンギャックの元特殊部隊隊員でジョー・ギブケンの剣の師匠であるシド・バミック。ザンギャックのやり方に反発し、ジョーと共に脱走を試みたが身柄を拘束され、大科学者ザイエンに洗脳・全身機械化改造を受けた。そのため、実際にはサイボーグというより、人間を素体にして作られたロボットに近い。

他の幹部と異なり、ワルズ・ギルに対しては常に忠実。これは洗脳した上での忠実さであるが、ワルズも心を許す存在として彼を信頼している節が見られる。


シドとしての記憶はないが、剣の構えは改造前と同じであり、それでジョーに正体を気付かれた。シドはかつてジョーと生き別れた時、「生きていれば宇宙の何処かでまた必ず会える」と言い残しており、皮肉にもその再会が敵同士という最悪の形で果たされたのだった。元超獣戦隊ライブマン大原丈曰く、シドの姿に戻すのは不可能らしい。

第38話にて遂にジョーに倒されて機能停止。シドとしての魂は解放され、救われたのだった。一方のワルズは彼の死を悼み、弔い合戦に挑むも後を追う形で戦死する。


備考編集

名前の由来は「罵詈雑言+サイボーグ」だが、彼自身は寡黙な性格で口数もあまり多くはない。

スーツアクターは岡元次郎氏。そのため改造前と比べてマッシブな体型になっている。


関連タグ編集

海賊戦隊ゴーカイジャー 宇宙帝国ザンギャック ワルズ・ギル

シド・バミック(以前の姿) ジョー・ギブケン

 

ドクター・ケンプ/月形剣史ドクター・マゼンダ/仙田ルイドクター・オブラー/尾村豪:大原丈の同級生たちで彼らは自らの意志で地球征服を企む悪に寝返った連中。オブラーは離反したが他の二人は結局救えなかった。

スコルピオ:スーパー戦隊メンバーの兄でこちらは上記の3名と同じく自らの意志で悪に寝返った。

マリア・・・こちらも洗脳されていると知りながら付き合っていた敵幹部がいる。

幻獣キメラ拳スウグ・・・同じく敵側により怪人にされるも、因縁のある戦隊メンバーに倒され魂が救われた共通点を持つ。

ハカイザー後の時代のスーパー戦隊に登場する怪人。こちらも戦隊メンバーの関係者が改造されたものだが最後は奪回された。

シャララボーグ:青い戦士尊敬する者が素体となって生み出された敵繋がり。


グレイズ・アイン…人間の体の大半を機械化したサイボーグ繋がり

関連記事

親記事

宇宙帝国ザンギャック うちゅうていこくざんぎゃっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76256

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました