ピクシブ百科事典

大原丈

おおはらじょう

スケボーを得意とするライブマンの黄色の戦士。(メイン画像右の人物。左は『鳥人戦隊ジェットマン』のブラックコンドル/結城凱)
目次[非表示]

「馬鹿正直に突っ走っていくのも、嵐に捧げる戦いらしくていいぜ!」(第46話より)
演:西村和彦

人物

年齢は20歳。科学アカデミアに所属する学生だが、本人曰く「頭より体が先に動く」ということで、天宮勇介と常に最下位を争っていた。
スケボーが得意であり、第10話ではこれを生かしてピザの宅配のアルバイトをしていた。

がりべんぼうやとライオン


武装頭脳軍ボルトの幹部であるドクター・オブラーこと尾村豪とは友人であり、彼が泳げないにも関わらず、溺れていた子犬を助けた優しさを知っていた。(第3話)

第34話では、誕生日が10月21日(放送日)であることがわかり、2003年からやって来た未来人のミクから「憧れのリーゼントのお兄さん」の面影を抱かれる。(BGMは矢沢永吉の「時間よ止まれ」)

友の魂だけでも

「馬鹿なんかじゃねぇよ…大事な仲間だったんだろ…?だったら、敵になろうが、人間でなくなろうが、救えるもんは救ってやりてぇって……思って当たり前だろ!足掻いて当たり前だろ!!」

海賊戦隊ゴーカイジャー』第30話『友の魂だけでも』にもゲスト出演。
改造されたバリゾーグを元に戻せるという一縷の望みに賭けたジョー・ギブケンが、シド・バミックを元に戻せない事実に自らを悔やんだ時に、上記の台詞で激励した。

「昔の話だ…人間を捨てて、地球征服を目論んだ同級生がいた…結局…俺達はあいつらを救ってやることはできなかった…だから、俺はこの学校に戻って、今でも足掻いているんだよ…若さで突っ走った学生が、同じ過ちを繰り返さないようにな…それを…あいつらも望んでいるんじゃないかってな…あいつらの魂だけでも救ってやりたいからな…」


丈はあれから、再建された科学アカデミアの職員になり、若さゆえの自惚れや渇望で後進が道を踏み外さないように、見守っているのだ。
そして近年の戦隊において“現代社会の歪みなどから自らの意思で地球を裏切って悪魔に魂を売った挙句、最終的に救われずに死亡する人間”が一切登場しない背景には、もう二度とかつての友のような人間を出してはいけないという丈達の努力が反映されているのかもしれない。

関連タグ

超獣戦隊ライブマン

pixivに投稿された作品 pixivで「大原丈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6356

コメント