ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

マゼンダ!あなたは愛を弄ぶ魔女だわ…!!許せない…。」


プロフィール

出身熊本県(演者の森恵も熊本県出身)
年齢19歳
一人称
森恵

概要

ライブマンの紅一点でブルードルフィンに変身する。

科学アカデミアでは第4位とトップクラスの成績を誇っており、劣等生だった天宮勇介大原丈を抱えるチームにとっては欠かせないまとめ役である。


武装頭脳軍ボルトの幹部ドクター・マゼンダこと仙田ルイとはルームメイトであったが、嗜好はまったく合わなかったようである。

実家は熊本で「肥後ばってん流弓術」を開いており、第27話では父《岬与一郎》(演じたのは、『科学戦隊ダイナマン』で夢野博士を演じた島田順司)が登場した。

第22話では、『スパーク!海へ』を歌唱した。


クールビューティーという言葉が似合う女性であるが、実際は誰よりもボルトとの戦いを終わらせたいという、争いを好まない性格である。第44話では、捨て駒にされた幹部のブッチーとも心を通わせ、最終回では、少年に若返った大教授ビアスを説得するものの、結果的に首領・幹部共に自滅という形になってしまう。この時の心中は、本人は登場しなかったものの『海賊戦隊ゴーカイジャー』で大原丈が代弁した。


今まではヒロインがパンチラ(白)でサービスするのが目立ったが、めぐみは更にマニアックな演出で視聴者たちの目線を釘付けにした(フラッシュマンサラも夏にニーソを履いていたが、太ももだけを強調するショットは目立たなかった)。

なお、「靴下」を印象付けたのは立花レイが先。


また、家庭的な所もあり第4話ではエピソードの序盤で丈と勇介がレストランで注文するもボルトの起こしたせいで食べそこなったビーフシチューを事件解決後にコロン共に作って二人に振る舞っていた。

また、めぐみ自身は本人曰く「パトロール中に食事する時は、カレーとか早く出来る物を注文するのが心得」とのことで食事にはありつけていた。


関連イラスト

センシティブな作品岬めぐみ

岬めぐみセンシティブな作品


関連タグ

超獣戦隊ライブマン


野乃七海14年後に登場したブルーヒロイン。同じく変身後の姿がイルカモチーフで自身のキャラソンを劇中で披露するなどといった共通点を持つ(こちらは演歌)。


戦隊ブルー

アキラ岬めぐみ浜洋平

関連記事

親記事

ライブマン らいぶまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 328339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました