ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

既存の警察軍隊では対処しきれない、特殊な戦闘を想定して編成された部隊

原則として一般兵士より高い教育を受けたエリート隊員が所属する精鋭と位置づけられる。


設置国の一般編成では対応出来ない状況への対処が求められる為、同じ特殊部隊という括りで在っても、年代や国が変われば部隊の中身や規模も大きく変わる(米国では特殊部隊の潜入や救出等を支援する為の特殊部隊などというものもある。また、戦闘を主体とせず、心理戦や人材育成に従事する場合もある)。

また、軍隊系特殊部隊の場合は陸海空軍の何処に所属するかによっても違いがある。


一般にイメージされるのは、森林や市街地等、正規軍が戦闘を苦手とする地域での対ゲリラ戦や、ハイジャック等の人質立てこもり事件、テロリストの制圧、敵地への潜入暗殺などに従事する歩兵部隊である。

下のイラストの様に、取り回しの利くサブマシンガンカービン銃を装備する。

任務の特質上、少数で行動し、隠密性が重視される。

SASドラマとは違うもの。


この為、侵入されたことが発覚しても、簡単に発見出来る訳では無く、侵入された側は侵入者の人数に比べて大がかりな捜索・警備態勢を敷くことになる(詳細は江陵浸透事件で検索)

ただし、特殊部隊員1人1人の価値は一般兵士に比べて極めて高く、多人数同士での撃ち合いは必然的に人数が多い正規部隊が有利であることから、敵地に侵入する場合はサポート態勢をしっかり整えた上で、敵側の人数が少ない(もしくは深夜等武装した兵士が少なく為っている)状況に奇襲し、目的達成後は敵が態勢を立て直して集結しない内に速やかに現場から離脱するというのが基本戦術(ヒット・アンド・ラン)であり、敵地に侵入した特殊部隊=大人数相手に無双するスーパーマン集団という訳では無い。

ウクライナ侵攻では、ロシア軍が少しでも短期決戦で勝てる様にと、正面から敵と打ち合う最前線にスペツナズの大部分を投入して壊滅した事例がある。

ちゃんと特殊部隊に適した運用を行わなければ、貴重な戦力の浪費と成ってしまうのである。


かつての様な国家同士の全面戦争が発生する事が少なく為っている現代では、特殊部隊は使い勝手が良く、活用頻度の多い部隊であるが、担当する任務の性質上、外部への露出も少なく、訓練が公開される事も稀である。

テロリストを相手にする事も多く、家族や本人への報復を防ぐ為にも、隊員が素顔を晒す事は少なく、名前や個人情報等が書かれた装備などはメディアに出る場合はモザイク処理が為される。

攻殻機動隊のアニメで、リーダーの草薙素子が一般の警察に(義体とは言え)素顔を見せるシーンがあるが、原作者の士郎正宗氏が自著で苦言を呈している。

余談だが、原作漫画では、公安9課課長の荒巻大輔草薙素子に、SASで訓練を受けてくるよう命じる場面がある。


これら特殊部隊の隊員は一般兵士よりも実戦経験や教育面で高度な人材と為っているから、民間軍事会社からの引き抜きも多く、人材流出が問題と為っている。


装備

原則として、その国の一般部隊より高性能・高価な装備が支給され、装備の国籍は問わない。(中国、ロシアの警察系特殊部隊では西側諸国製の装備が確認されている。また、ベトナム戦争やイラク戦争後の米軍の様に敵地で活動することが主任務となる場合は、補給の都合や欺瞞の為、当該地の武器を使用するケースもある。)

この為、時計や銃などの製品の謳い文句としても特殊部隊の名が使われることがある。

多くの場合は制式採用などというものは無く、隊員個人でも部隊でも何でも(部隊の名は出さず匿名で)購入して使い、良い物を使うと言った感じである。(一般部隊は弾薬など消耗品の補給の都合上出来る限り制式装備を使うようお達しが有るが、特殊部隊はそれが緩やかである)

上位となる組織の名義で購入することも在り、どの装備が特殊部隊で使われる為に購入されたかなど判別することは難しい。

当たり前であるが採用状況などは公開されず、勝手に部隊に送りつけて制式採用された等と謳う企業もある。


なお、市街地で戦う対テロ部隊は短期戦が主体と為ることから、一般部隊よりも重装備であるケースが多い(逆を言えば、野戦等の長期従軍には向かない)。


主な世界各国の特殊部隊

【日本】

特殊部隊ではないが、陸上自衛隊にはレンジャー徽章保持者を多く集めた水陸機動団対馬警備隊中央即応連隊などがある。

日本警察における特殊部隊は、大規模な都道府県警察本部に設置されている。その他の警察本部においても全国に銃器対策部隊特殊事件捜査係が設置されている。


【アメリカ】


【イギリス】


【フランス】


【ドイツ】


【イタリア】


【ポーランド】

  • ポーランド軍
    • JW_GROM「グロム」 最精鋭対テロ特殊部隊
    • JW_FORMOZA「フォルモザ」 SEALsの様な海軍系特殊部隊
    • JW_AGAT「アガト」 第75レンジャー連隊の様なレンジャー部隊
    • JW_Komandosów「コマンドソウ」 創設は1965年とポーランド最古、略称してJWKとも呼ばれる。
    • JW_NIL「ニル」 諜報などを行う情報収集部隊

【ロシア】(旧ソ連)

広義のスペツナズ


【イスラエル】


【インド】


【オーストラリア】


【中国】


【香港】


【北朝鮮】


【韓国】



架空の特殊部隊

作品別に表記


歴史的な特殊部隊?

関連記事

親記事

部隊 ぶたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5207521

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました