ピクシブ百科事典

レッカーズ

れっかーず

レッカーズとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するオートボット(サイバトロン)の特殊部隊である。
目次[非表示]

概要

初出となるのは、1980年代にイギリスのマーベルUKが連載していたコミックで、その後もボットコンや米国のIDWパブリッシングのコミック等でもその都度メンバーや規模を変えてレッカーズの名を冠する部隊がたびたび登場している。

オートボット(サイバトロン)の精鋭を集めた部隊ではあるが、好戦的なメンバーが多く独立愚連隊的な雰囲気を漂わせている。アニメには殆ど登場せず、海外のコミックの入手経路が限られている事もあり、日本では長らく馴染みの薄い存在であったが、実写映画トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』にレッカーズが登場した事で、国内でもその名が知られるようになった。

エンブレムは、青いオートボットのエンブレムの眉間の部分にハンマーをあしらったものとなっている。

以下、各作品のネタバレ注意

アメコミ

【C87新刊】LIFE IS SWEET!


近年の実写映画版が公開されるまでは、All Hail MegatronLast Stand of the Wreckersなどのアメコミが主な活躍の舞台であった。リーダー格のインパクターを筆頭とした初期メンバーは、後のシリーズに登場するレッカーズにも(設定や世界観は違えど)定番のメンバーとして登場している。また、スプラングブロードサイドなどトリプルボットもメンバーとして組み込まれていることが多い。

主なメンバー

その他多数

実写映画版

WRECKERS


第3作目『ダークサイド・ムーン』から登場するオートボットの技術者集団にして特殊部隊。

サイドスワイプらと共に地球にやってきたが、全員素行が悪く人間の都合には無頓着な為、アメリカ合衆国国家情報長官シャーロット・メアリングの判断でN.E.S.T.には参加せず、NASAにて自分達が乗ってきた宇宙船「ザンディウム」の管理をしている。だが、NASAの職員や技術者達に対してはパワハラまがいの罵詈雑言を浴びせる為、軍を除隊したロバート・エップスが仲介をしている。

そんな彼らのお気に入りはエップスがマタタビ代わりに見せてくれるデイトナサーキットで、各々が変形するビークルモードは全身に多数の銃器を装備したNASCAR仕様のシボレーインパラ

中盤にてオートボットはディセプティコンの策略により地球から追放されてしまうが、レッカーズは万一の手段としてザンディウムを密かに改造していた。終盤でのシカゴでの決戦では3体での連携攻撃で四足歩行タイプの大型ディセプティコン「デフコン」を討ち取った。

しかしながら、第4作目となる『ロストエイジ』では「墓場の風」によるオートボット狩りに巻き込まれ、レッドフットがその犠牲となってしまった。トップスピンは第5作目の『最後の騎士王』にてシモンズやロードバスターと共に南米のキューバに亡命して難を逃れていたことが明らかになるが、何故かその頭部は前作で命を落としたレッドフットのものに置き換わっており、エンドロールでの名前もVolleybot(バレーボット)という名前でクレジットされている。

主なメンバー


トランスフォーマープライム

オートボットの特殊工作部隊。かつては後述するメンバーの他にシースプレーロードバスターパイロインパクターロトストームが所属していたが、ドレッドウィングハードシェルなどのディセプティコンの精鋭に殺害され、いずれも故人となっている。

チームの流儀は「悪党は消す」。オプティマス曰く、大戦中に多くの危険な任務をこなしており、ファウラー捜査官はかつて自身が所属していたレンジャー部隊に似ていると称した。

元々は自由気質で無鉄砲な性格のメンバーが多かったが、バルクヘッドが抜けた後、入れ替わるように入ってきたウルトラマグナスが指揮官となり、厳格な軍人気質の彼が頭ごなしにまとめ上げようとした結果、チーム解散を引き起こしてしまった。また、この一件でホイルジャックは上層部の存在を軽蔑するようになった。

日本未公開の続編『ビーストハンターズ』では、生き残った前述の3人が集結したものの、やはりホイルジャックとウルトラマグナスの間のわだかまりが問題となっていたが、アーシーやオプティマスに諭され、更にプレダキングとの戦いでの共闘によりその問題も解消された。また、ミコスタースクリームから奪還したエイペックスアーマーを纏って活躍し、3人からレッカーズの一員として認められている。

主なメンバー(生存メンバーのみ)


関連タグ

トランスフォーマー オートボット 特殊部隊 愚連隊
アメコミ 実写TF トランスフォーマープライム

pixivに投稿された作品 pixivで「レッカーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51488

コメント