ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

チョロQ「ロードバスターの存在感」



G1

ロードバスター


オートボットの精鋭部隊レッカーズに所属する陸上攻撃指揮官で、ジープのような軍用車両に変形する。
見た目通りの好戦的な性格で、非戦闘時は常に寡黙であり、ディセプティコンをクズ鉄の山に変える事を生き甲斐としている。

彼の元となった玩具特装機兵ドルバック』のムゲン・キャリバーという事で、ジュットファイヤーと同様いわくつきな経緯を持つキャラクターな故か、残念ながらアニメには出演しておらず、日本でも玩具は発売されていないが、イギリスコミックをはじめアメコミ等にはよく登場している。

後年にはアメリカで『ジェネレーションズ』としてリメイクされており、旧玩具と同様にユーザーが任意で各部にステッカーを貼るようになっている。同製品は後に日本でも『レジェンズ』として発売された。

レジェンズ

先行販売された海外版に比べて若干カラーリングが変更されているほか、前述のステッカーは廃止されている。

付属しているコミックでは第4話と第5話に登場し、全世界を古き良き80年代に戻すべく暗躍するタンカー課長(ライノックス)によってホワール共々ボナパル島にて製造されたという設定になっている。元ネタにちなんでか語尾に「バック」(ホワールは「ドル」)を付けて話す。

軍人的気質でタンカーに対する忠義も厚く、第4話でホワールが正義の心に目覚め離反した後もタンカーの元を離れずに戦ったが、続く第5話ではホワールとラットルの合体攻撃の前に敗れ去った。

スーパーリンク

「行くぜ、相棒!」


CV:岩田光央
スーパーリンク』ではホットショットに憧れる若き士官候補生で、4WDに変形。
海外版『TRANSFORMERS ENERGON』での呼び名はアイアンハイドだった。

10年ぶりの地球への出動の際に志願してチームコンボイに参加、キッカーの相棒となる。
当初はキッカーとも仲が悪く(地球人を「貧弱」と小馬鹿にしていた)、未熟さが目立ったが、戦いの中でキッカーの強さを認めてその考えを改め、中盤以降はベストコンビに。そして、彼自身も大きく成長を遂げていく。「スゲーぜ(スゴイぞ)自分!」が口癖(怖気づいた際に自分に言い聞かせているように発していた)。ユニクロンとの戦いで負傷するが、プライマスの光を浴びロードバスターW(ワイルド) / Energon Ironhideにパワーアップ。ボディも緑系統のカラーリングに変更された。

ハズブロより発売されていた海外版の玩具はカラーリングが日本版とは若干異なっており、頭部にはサウンド発声ギミックが内蔵されていたが、日本版ではこのギミックは削除されている。
劇中ではスカイファイヤーとスーパーリンク(合体)する事が多く、スカイファイヤーとセットになった玩具もタカラ(当時)より発売されていた。

実写映画版

ROADBUSTER(NEW)


CV:ロン・ボティッタ/咲野俊介
実写版3作目『ダークサイド・ムーン』では、日本において「レッカーズ所属のロードバスター」として初登場。
NASCAR仕様のシボレーインパラに武装を施した改造車に変形。かなりやんちゃで口も悪いが、NASA宇宙船ザンティウムの整備をそつなくこなす。

劇中では最後まで生き延びていたが、続編の『ロストエイジ』ではオプティマスプライムの召集に応答しておらず、CIAに殺害されたのではと心配された。しかしさらに続編の『最後の騎士王』にて、シーモア・シモンズの助力で彼やトップスピンとともにキューバへと亡命し、無事であったことが明かされた。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロードバスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37882

コメント