ピクシブ百科事典

ホワール

ほわーる

ホワールとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

サイバトロンの精鋭部隊レッカーズの空中強襲兵。レーザーウェーブを彷彿とさせる単眼の頭部が特徴で、攻撃ヘリコプター変形する。気が狂ったような乱暴な飛行を行い敵を翻弄する戦法を得意とするが、その荒々しい飛行ぶり故にローターブレードを損傷しがちである。武装も豊富で、4連装の焼夷弾キャノンや高エネルギー光子ビームライフルの他にも腕に装着して使用するナル光線モジュール、敵を麻痺させるパラライズボックス等を装備している。

玩具が曰くつきな販売経緯を持つ故かアニメには一切出演しておらず、当時のイギリスで連載されていたコミックが主な活躍の場であった。

近年では、アメリカのIDWパブリッシングから刊行されているコミックにも登場。口が悪い上に誰にでも食って掛かるトラブルメーカー的な気質だが、変形後のモードによってその後の身分が決まる制度に反抗した罪によって腕や頭部を失うという暗い過去を秘めている。また、その一方ではテイルゲイトスワーブらが有機生命体の居住区域である惑星ヘドニアに観光に訪れる際には強引に加入。現地住民とのトラブルを避けるべく用意された彼のホロアバターは眼帯&ツインテール姿の少女となっていた。

Whirl



玩具シリーズ『トランスフォーマーレジェンズ』の製品に付属しているコミックでは、第4話と第5話に登場。古き良き80年代への回帰を目論むタンカーライノックス)によって相方のロードバスター共々ボナパル島にて製造された。口の悪さは相変わらずだが、語尾に「ドル」(ロードバスターは「バック」)や「ホワ」を付けて話す癖がある。

第4話ではタンカー、ロードバスターと共に街中で暴れ回り、上記のホロアバターによく似た女の子を人質にしようとするもほだされてしまい、タンカー達に反旗を翻す。続く第5話では、ヤケを起こしたタンカーに対してラットルが説得を試みた事で生じた隙を突き、ラットルとの合体攻撃でタンカーとロードバスターを撃退した。

玩具について

ホワールの基となった玩具は80年代初期にタカトクトイスより発売されていた『特装機兵ドルバック』のオベロン・ガゼットで、相方のロードバスター(ムゲン・キャリバー)共々日本では版権の都合により発売されなかった。

その後のシリーズでは、既存の玩具を流用したリデコ商品としてホワールの玩具が発売されるにとどまったが、2013年にはアメリカ玩具会社ハズブロから『トランスフォーマージェネレーションズ』として、かつての意匠をそのままにデザインを一新したホワールが発売され、後に日本でもタカラトミーからも『トランスフォーマーレジェンズ』としてカラーリングを変更しての発売となった。
海外版は旧G1シリーズの玩具のようにユーザーが任意で各部にステッカーを貼るようになっているが、日本版ではこのステッカーは削除されている。また、海外版のパッケージにはHeloped Modeと呼ばれる所謂ガウォーク形態が掲載されており、この形態の為だけに股関節部のスライド機構が設けられているという徹底ぶりである。

余談になるが、映画トランスフォーマーリベンジ』公開時に海外でブラジオンとのセット品として発売されていたホワール(ブラックアウトの仕様変更品)のボディに描かれた「N073A0」と言う謎の番号(所属番号?)を上下逆さにして読むと「OVELON」となり、G1ホワールの原型となったオベロン・ガゼットを思い起こさせるアナグラムが仕込まれている。
ただし、本来の正式な機体名はガゼットが正しく、この場合のオベロンとはパイロットのルイ・オベロンの事を指している(試作型のオベロン・ガゼットを基に量産型ガゼットが作られたという設定)。

関連タグ

トランスフォーマー レッカーズ 特装機兵ドルバック MTMTE
攻撃ヘリコプター 擬人化

pixivに投稿された作品 pixivで「ホワール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90830

コメント