ピクシブ百科事典

トランスフォーマージェネレーションズ

とらんすふぉーまーじぇねれーしょんず

『トランスフォーマージェネレーションズ』とは、2010年にアメリカの玩具会社ハズブロよりリリースされたトランスフォーマー玩具のサブラインシリーズの1つ。後に日本でタカラトミーより発売された同名のシリーズについても当記事にて解説する。
目次[非表示]

概要

アメリカ玩具会社ハズブロが販売しているトランスフォーマー玩具シリーズで、そのコンセプトは前年にリリースしていた『クラシックス』や『ユニバース』と同様に旧来のキャラクターのリメイクであり、過去に発売された他シリーズの製品の流用品等も含む。

また、サード・パーソン・シューティングゲーム『Transformers:Fall of Cybertron』やIDWパブリッシングより出版されたコミック(いずれも日本未発売)の登場キャラクターも製品化されており、TF玩具としては最大級の大きさを誇るフォートレスマキシマスを更に上回る大型商品のメトロフレックスデバスターがリリースされた点も大きな話題を呼んだ。

リヴィール・ザ・シールド

2010年のジェネレーションズ初期ラインナップとほぼ同じ時期にハズブロよりリリースされたサブラインシリーズ。
商品のコンセプトは『ジェネレーションズ』と同様だが、キャラクターの陣営を示すエンブレムが無い代わりに、指で温めると陣営のエンブレムが浮かび上がるシークレットエンブレムが貼られているのが特徴で、ブリスターの台紙部分も陣営がわかりにくいように工夫されている。
一部の商品は諸事情により発売中止となったが、戦車変形するデモリッションランブルは後に日本で『トランスフォーマーユナイテッド』にてランブル&フレンジーの2体セットで発売された。

アジア地域限定販売品

中国シンガポールフィリピン等の一部のアジアの国々では、既存の製品の仕様を一部変更したリデコ商品が2012年に『ジェネレーションズ』ラインの製品としてハズブロのアジア支社より数点発売されている。

トランスフォーマープライム』のファーストエディション版バルクヘッドの仕様変更品となるブローンがアジア販売分では商材画像が公開されたのみで発売に至らなかったが、後に通販サイトe-HOBBYにて『トランスフォーマークラウド』のラインナップの1つとして配色を変えてのリリースとなった。

Fall of Cybertron

欧米諸国で発売されたゲーム『Transformers:Fall of Cybertron』に登場したオートボットディセプティコン双方のキャラクターを製品化したもので、2012年から2013年にかけてリリースされた。
同ゲームの舞台はセイバートロン星であり、変形するビークルのデザインもセイバートロン由来のエイリアンビークルとなっているのが特徴である。

また、サイドスワイプスタースクリームウルトラマグナスキックバックショックウェーブにはゲーム中に登場する武器がそれぞれ付属しており、ゲーム中でも印象的なギミックとなるサウンドウェーブブラスターカセットロンカセットボットの射出や、コンバッティコンズブルーティカスへの合体(手足を入れ替えるスクランブル合体も可能)も再現されている。

余談ながら当ゲームの世界観に関する設定について解説すると、当初は「アニメトランスフォーマープライム』の前日談に当たる同じ世界観の物語」と設定づけられており、玩具もそれに準じた前座とも言えるシリーズだったのだが、プライム本編にはゲームとの相違点があまりにも多い為、ファンの間では世界設定を共有しているのみと見なされている。
だが、後にプライムと本作との世界観の繋がりを証明する為の小説が出版された為、現在でも「『War for Cybertron』シリーズは『トランスフォーマープライム』の前日談」という公式の見解は変わっていない。

生誕30周年、そしてIDWとのタイアップ

アメリカにおいてトランスフォーマーが誕生した1984年からちょうど30年目を迎える2014年を記念して、ハズブロは『Thrilling 30』と称したキャンペーンを2013年より打ち出した。
更に出版会社のIDWパブリッシンングとのタイアップを結ぶ事で、製品のデザインやラインナップも同社のコミックの登場キャラクターを強く意識したものへと変わっていった。
また、デラックスクラス相当の製品にはB5版相当のコミックが1冊同梱されているが、内容は必ずしもその当該製品にスポットを当てたものとは限らない。

コンバイナーウォーズ

2015年よりリリースされたシリーズであり、胴体となる大型のロボットを中心に手足を構成する小型のロボットが合体して巨大ロボットとなる初代『トランスフォーマー』の後期に登場したスクランブル合体シリーズをリメイクしたものがメインとなるが、アルファブラボーオフロード等の新しいメンバーに加え、他の合体戦士の手足を乗っ取って自らの物とするガルバトロナスサイクロナス)や、初代TF第61話「マスカレード」さながらにオプティマスプライムを中心にした5体のオートボット戦士が合体するオプティマスマキシマス、5体の女性型TFが合体して誕生するヴィクトリオン等の独自の合体戦士も登場した。

タイタンズリターン

2016年よりリリースされたシリーズ。
かつてのヘッドマスターをリメイクするというコンセプトに基づき、新たに「タイタンマスター」と名を改めてのラインナップ。
トランスフォーマーザ・ムービー』の米国公開30周年の記念も兼ねてか、『トランスフォーマー2010』からブラーガルバトロンなどのヘッドマスターではないキャラクターもタイタンマスターとなってラインナップされた。

従来のヘッドマスターシリーズにあったパワーメーターギミックは削除されたものの、ビークル形態のトランステクターにヘッドマスターのフィギュアを搭乗させたり、各々のヘッドマスターとトランステクターに互換性を持たせた点はそのまま残されており、トランステクターの武器に変形する別売りの小型ビークルを絡めた遊び方を加える事でシリーズでも屈指のプレイバリューを誇るアイテムとなった。

また、アストロトレインガルバトロンを始めとした大型の製品はいずれも三段変形機構を備えており、ブロードキャストのようにヘッドマスターの基地に変形可能な物もある。

日本における展開

・初期ラインナップ&リヴィール・ザ・シールド
→『トランスフォーマーユナイテッド』(2010年12月~2011年3月・2012年冬)

・2012~2013年度
→『トランスフォーマージェネレーションズ』(2012年12月~2014年3月)

・2014年度以降・コンバイナーウォーズの一部・タイタンズリターン
→『トランスフォーマーレジェンズ』(2014年10月~)

このように日本ではその都度タイトルを変えて発売されているが、国内では前述のゲームやコミックが発売されなかった為、キャラクターの設定が日本のオールドファンに馴染のある設定へと改変される場合もある。
また、ハズブロ版との違いとして塗装箇所の増加やメタリック塗装・メッキパーツの採用、そして近年では新規頭部や製造コストの問題から削除されたパーツの復活等が挙げられる。

『コンバイナーウォーズ』のラインナップ中、合体機構を持つ製品は『ユナイトウォリアーズ』と名を変えての発売となり、単品のばら売りだったハズブロ版に対して5体セットでの発売となった。
ハズブロ版と比較してこちらは旧来のスクランブル合体シリーズの再現を更に重視した内容となっており、日本版独自の要素として『コンバイナーウォーズ』では採用されなかったグルーブブレストオフが新規設計され、グランドガルバトロン等のオリジナル合体戦士も新たに加わった。

ただし、合体形態時の胸部パーツや武器に変形するレジェンドクラスの製品は全て『トランスフォーマーアドベンチャー』のラインナップに回され、これらの商品の連動についても明記されていない。
また、メガトロンウルトラマグナス等の合体機構を持たない製品は『トランスフォーマーレジェンズ』として個別に発売されている。

『タイタンズリターン』の製品はいずれも『トランスフォーマーレジェンズ』として発売され、別売りだった小型ビークルはデラックスクラス相当の製品とのセット販売となった。

関連項目

トランスフォーマー 玩具 ハズブロ タカラトミー
変形!ヘンケイ!トランスフォーマー
トランスフォーマーユナイテッド

pixivに投稿された作品 pixivで「トランスフォーマージェネレーションズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1057

コメント