ピクシブ百科事典

エアーボット

えあーぼっと

サイバトロン所属の部隊の一つ。 アメリカを中心とした英語圏ではエアリアルボット(Aerialbots)と呼称されている。
目次[非表示]

概要

デストロンが陸上に特化したスタントロン部隊を誕生させた後、「デストロンが陸から来るならこっちは空から迎え撃つ」というコンセプトで作り出されたサイバトロンの航空部隊。
航空部隊の名の通り空での戦闘に特化しており、航空戦力に乏しいサイバトロンをサポートする役割も持つ。(スカイファイアーパワーグライドのように空を飛べるサイバトロン戦士は一応以前からいたのだが…)。また、サイバトロン初の合体戦士でもある。

デストロンがスタントロンを完成させた後、かつてセイバートロンで使われていた宇宙船を改造し、ベクターシグマによって命を吹き込まれ完成した。
シルバーボルト以外のメンバーはスペリオンの手足の位置を入れ替える事が可能なスクランブル合体システムを有している。

サイバトロン加入当初、シルバーボルト以外のメンバーは他のサイバトロンや人間を見下し、ジェットロンなどのデストロンに憧れるいうサイバトロンらしかぬ言動や行動があったものの、シルバーボルトの尽力などで徐々に薄れていき、ある事件をきっかけに完全に改心した。

コンボイの案によって生まれたエアーボットだが、実は彼らはコンボイの誕生に関わっている。(当の本人ははるか昔の事で彼らが言うまで分からなかった)。詳しくは下記の「コンボイ誕生について」を参照。


メンバー

エアーボット司令官 シルバーボルト

CV:西村知道
アエロスパシアル / BAC コンコルドに変形。
エアーボットのリーダーで、メンバーの中で一番真面目。もともと低空飛行の輸送船だった為に高所恐怖症であったが、任務などに集中すると一時的に高所恐怖症を忘れるという特性を見抜いたコンボイが彼をリーダーに抜擢した事で責任感が生まれ、任務をこなしていくうちに高所恐怖症を克服した。
コンボイの「私にいい考えがある」の数少ない成功例でもある。

副官 スリング

CV:鈴置洋孝
マクダネル・ダグラス / BAe AV-8 ハリアーに変形。
英語版における彼の名前はスリングショット(Slingshot)だった。
攻撃的な性格で、サイバトロンになった当初は人間や仲間を軽視するデストロンに憧れるなどサイバトロンらしからぬ問題行動がメンバーの中で最も多かったが、ある事件をきっかけに完全に改心した。

偵察員 ファイアーボルト

CV:城山知馨夫
マクダネル・ダグラス F-4ファントムⅡに変形。
英語版での彼の名前はファイアフライト(Fireflight)。
どこかとぼけた感のある性格で、合体フォーメーションを間違えた事で仲間をピンチに追いやった事も。

戦士 エアーライダー

CV:堀内賢雄
マクグダネル・ダグラス F-15イーグルに変形。
スリングに負けず劣らずの好戦的な性格の持ち主。
英語版での彼の名前はエアレイド(Air Raid)である。

航空戦略家 スカイダイブ

CV:喜多川拓郎
ロッキード・マーチン F-16ファイティングファルコンに変形。
好戦的な面々が目立つエアーボットの中では珍しい頭脳派。

合体戦士 スペリオン

合体戦士スペリオン


CV:西村知道
エアーボットの5人が合体して誕生した戦士。おそらく、スタントロンのメナゾール同様合体することを前提としている(命を吹き込む際、コンボイが「6人のサイバトロン戦士」と言っているので)。

トランスフォーマーでは媒体と玩具で姿形が変わることがよくあるのだが(さらに作画ミスで余計ややこしくなる)、彼の場合はそれが顕著で上記イラストのようにマスク+赤色バイザーで描かれることもあればマウス+青色バイザーで描かれることもある。

一般的にサイバトロンは目が青で描写されることが多いので、口バージョンの方かしっくりくる方も多いのではないだろうか?

コンボイ誕生について

ネタバレ注意






コンボイの案によって誕生したエアーボットだが、実は900万年前に彼らはコンボイと会っている。それは第60話の「ひきおこされた戦争」のある事件の事である。デストロンの罠によって900万年前のセイバートロンに来てしまった(きっかけはデストロンの罠だが900万年前に遡る原因を作ったのはコンボイである)彼らは、エネルギー集積所で働くオライオン・パックスという一人のトランスフォーマーに出会うが、メガトロンの襲撃により重傷を負ってしまった。エアーボットがアルファートリンのもとまで運び、そこでリペアを行った結果、誕生したのがコンボイである。つまり、コンボイによって誕生したエアーボットがコンボイ誕生に関わっていたという事である。


ちなみにその事件の直後に
「デストロンのクズどもを叩き潰すんだ!!」
と、どこぞの赤い人が口にするようなセリフを放っており、ある意味真のサイバトロンになったと言える。

スーパーリンク

CV:千葉一伸
スーパーエネルゴンの泉を守護していた古代の戦士で、眠りから覚めると共にサイバトロンに加入。それ以前の作品で既にシルバーボルトの名を冠したキャラが登場していたので、隊長機の名前はアフターバーナーSR-71をSF風にアレンジした戦闘機に変形)となっていた。

因みにスペリオンの手足として合体するメンバーは意思の無いドローンという設定で、スリングとスカイダイブはA-10風の攻撃機に、ファイアボルトとエアーライダーはF-22風の戦闘機に変形する。ただし、分離状態のエアーボットよりも合体時のスペリオンの状態でいるシーンが多かった。

また、このシリーズでのスペリオンにはがおり、石化して眠りについていた彼をガルバトロンが破壊してしまった為に本編中は名前すら登場しなかったが、最終決戦時に両手両足を破壊されたアフターバーナーをブルーティカスから守る為に建物の上から幽霊として攻撃を仕掛け、アフターバーナーに勝機をもたらした。

コンバイナーウォーズ

IDW社とタイアップしたハズブロ発の玩具シリーズ『コンバイナーウォーズ』では、上記のG1シリーズのメンバーに加えてアルファブラボーという名の空挺特殊作戦兵が登場。
攻撃ヘリコプターに変形し、負傷したクイックスリンガー(スリング)に代わるスペリオンの合体要員として志願している。
現時点でのコミックの登場シーンは少ないが、今後の活躍が期待されるキャラクターと言える。

ちなみに2015年に海外で配信されたiOS/Android対応のゲーム『Transformers Battle Tactics』にも登場しており、ゲーム内での解説によると彼の攻撃ヘリコプター形態はVTOLとホバリング能力をチームにもたらしたが、速度の面でジェット戦闘機に劣る為、他のエアーボットに追従して飛行する事は不可能。
チームの新人であり、他のメンバーに比べて低速である事から、彼はあたかも自身の良い所を見せる為に躍起になっているように見える、と解説されている。

『コンバイナーウォーズ』の玩具は日本でも『ユナイトウォーリアーズ』としてリリースされるが、エアーボットの5体セットにはアルファブラボーは含まれておらず、代わりにファイアフライ(日本名:ファイアーボルト)の頭部とカラーリングを変更したスリングが同梱される。
このスリングは、海外でもクイックスリンガーの名で発売されている。

関連タグ

トランスフォーマー 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー スーパーリンク サイバトロン スクランブル合体
プロテクトボット スタントロン コンバットロン
戦闘機 攻撃機 攻撃ヘリコプター

pixivに投稿された作品 pixivで「エアーボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16084

コメント