ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

悪のトランスフォーマー軍団「デストロンディセプティコン)」の破壊大帝。設定はシリーズごとに異なり、同じ破壊大帝であるメガトロンが強化された姿として描かれることもあれば、メガトロンとは別人として登場する場合もある。また、彼の背後にはユニクロンが大きく関与している事が多い。

G1(映画・TVシリーズ)

みんなみんなぶっ壊してくれるわ!!


CV:レナード・ニモイ(劇場版)、フランク・ウェルカー(TV版)/吹:加藤精三
ザ・ムービー』にて初登場。ただし、『スクランンブルシティ発動編』には登場しない。コンボイとの一騎打ちで瀕死の重傷を負い、スタースクリームによって宇宙に放逐されたメガトロンが、ユニクロンの配下として改造されパワーアップした姿。SFレーザー砲台に変形(玩具は戦車三段変形)。

セイバートロン星に帰還して早々、自身を宇宙に捨てたスタースクリームの戴冠式に乗り込んで彼を粛清し、再びデストロン軍団の破壊大帝の座に返り咲く。この時の立ち振る舞いは以前と変わりなかったが、ユニクロンによる精神攻撃に加えてロディマスコンボイに投げ飛ばされ頭を強打した事で、「理想の上司」と称されたメガトロンの頃から一転、色々な意味で危険な人物になってしまわれた。

続く『トランスフォーマー2010』では、「溶岩風呂を楽しんでいた」として迎えに来たサイクロナス達を怒鳴りつけ、そのあまりの暴君ぶりに部下達は愛想を尽かしかけ(かつてメガトロンに忠誠を誓ったモーターマスターでさえも)、見るに見かねたサイクロナスに精神病院にぶち込まれた末に大暴れするなど非常にカオスな人格を見せつけた。

それでも衰退したデストロンを立て直す実行力はあり、最終話においては自身を救った事についてサイバトロンの戦士に礼を返すなど、知性と人格が窺える部分もあった。また、古くからの腹心であるサウンドウェーブに対してはあまり暴力的にならず、14話では以前の頃と変わらぬ態度で接していた。

自らの復活とガルバトロンへの復讐のために霊体となって暗躍していたスタースクリームと再び遭遇した際は今まで以上にぶちギレており、ユニクロンをそそのかしてボディを手に入れ蘇った直後にウルトラマグナス率いるサイバトロンの攻撃で宇宙の彼方に吹き飛ばされたスタースクリームに対して「死ね、このくたばり損ない!」と叫び、SFガンを乱射し続けていた。

まるで別人のようなキャラ付けになっているが、日本語吹き替え版の担当声優である加藤精三は「メガトロンと同一人物」というディレクションを受けていたという。

その後の去就は海外版と日本版とで展開が異なっており、日本独自展開の『キスぷれ』、『ユナイトウォリアーズ』のWEBコミックにも登場。これらとは毛色が違うものの、『トランスフォーマーレジェンズ』ではG1デザインのものが、G1メガトロンが乗るトランステクターという形で登場している。

ザ☆ヘッドマスターズ

完全に人格が破綻。粗暴な悪役としてのキャラクターが全面的に押し出されるようになり、この頃は一人称に「俺」を用いる時もあった。サイバトロンのダブルスパイ・スペースパンチが「頭だ!頭がガルバトロンの弱点だ!!」と仲間に助言したように、物理的に頭が弱くなったばかりか、作戦立案にもセイバートロンを丸ごと奪おうとする等、大雑把で力任せなものが目立つようになる。だが、それでも部下であるサウンドウェーブサウンドブラスター)の前では以前の自身を取り戻すらしく、BLアニメと見紛うばかりの仲の良さを見せる。

メガザラックがミラクル合金をサイバトロン側に渡すくらいならばとベクターシグマに爆弾を仕掛けた時は激怒し、解除しに向かったもののそのまま行方不明となるが、生還しUFOで再び戻ってきた。

その後は地球を自らのボディとなすグランドガルバトロン計画を企み、その際弱点である頭を補強する為に彼を心酔していたシックスショット達を自らの部品にしようとしていた。この荒唐無稽かつ部下を顧みない計画が元で、彼は多くのデストロン兵士達から見放される事になる。最期はクロームドーム達サイバトロンヘッドマスターの前に敗れ、「助けに来い!」と叫びながら北極海の海底へと沈んだ。

ザ・リバース

セイバートロン星に眠るプラズマエネルギー貯蔵庫を狙い、サイバトロン壊滅を企む(プラズマエネルギー貯蔵庫の情報を教えたのはベクターシグマであった)。ウルトラマグナスらを倒してセイバートロン星を制圧、プラズマエネルギー貯蔵庫を開放するが、最終的に失敗。手を結んだネビュロン人のロード・ザラク(日本版のメガザラックに相当)と共に撤退し、新たな拠点を求めて再び宇宙の彼方へと消えて行った。

キスぷれ

『ザ・ムービー』のラストでロディマスコンボイに投げ飛ばされた後、ユニクロンの使徒によって航路を変えられたため、溶岩惑星スラルではなく日本の東京に落下する様子が描かれた。体内に「ガルバトロン細胞」を有しており、これを他の物体に融合させることで新たな生命体を生み出したり、特殊能力を発動させることが出来る。ただし、この細胞に融合されたものは強烈な破壊衝動に苛まれる。

ガルバトロン細胞から新型トランスフォーマー「レギオン」を誕生させたが、ラストで再びロディマスによって宇宙へと投げ飛ばされ、今度こそスラルへと落下した。

ユナイトウォリアーズ

『ザ☆ヘッドマスターズ』から10年後の2021年に幽霊となって現れ、かつての片腕であるサイクロナスに憑依して彼をスクランブル合体システムを持ったタクティシアンサイクロナスへとパワーアップさせる。

サイバトロン・デストロン両軍がユニクロンの頭部とボディを封印した「トリプルZポイント」へと赴き、完全復活を果たすため、ユニクロンにそのボディを要求。ユニクロンから、セイバートロン星を乗っ取ったら自身の新たなボディとして献上することを条件に、怨霊破壊大帝グランドガルバトロンへと合体できる力を与えられた。この合体形態は、半実体として復活したスタースクリームの幽霊や、強い恨みを抱いていたとして別次元から召喚されたアルマダスラストウォーブレークダウンローラーの計4体のデストロン兵士(うち1名はサイバトロン戦士)と合体することで完成する。

バルディガス編・後編(最終回)で、サイクロナスに憑依していたのは「要塞参謀ガルバトロンⅡ」…すなわち玩具版由来のガルバトロンであることが判明。メガトロンが変化したガルバトロンになりすましていた事が語られた。彼はメトロフレックスとの戦いで命を落としたが、クリエーションマトリクスの力により霊体となって活動。

そして宿主のサイクロナスが停止した矢先に離脱し、メガエンプレスに乗り移ろうとしたところをマトリクスを持つ者を全て標的とするグランドスカージに組み付かれた。だが、すかさずメガエンプレスに投げ出され、次元の亀裂に飲み込まれて退場した。

なお、メトロフレックスとの戦いで絶命する姿は、後にレジェンズWEBコミック第42話「ダイナザウラー計画編」で描かれた(作者は同じ)。

玩具

要塞参謀ガルバトロン


玩具は元々ウルトラマグナスのライバルキャラとして作られており、役職も「要塞参謀(ダイナザウラー基地の指揮官)」と設定されていた。概要でも述べた通り、SF戦車とガンモー-ドへの3段変形が可能で、ロボットモードの腰にある黒いボタンとガンモード時のグリップの付け根にあるトリガーを引くことで発射音が鳴り響く。

2005年にはアニメ準拠の色彩で復刻された。旧来の発射音に加えてソフビ製フィギュア「おしゃべりフォーマー」の台詞(全5種類)も収録。顔の造形にも変更が加えられ、使用する電池も9V形電池から単4電池2本となった。更に『ザ・ムービー』で首からぶら下げていたマトリクスも付属し、映画のシーンを再現することが可能。

オリジナル玩具のカラーリングも後にe-HOBBYで限定販売された(音声が1種類変更されたほか、『テレビマガジン』に掲載されたスタジオOXのイラストを再現できるレリーフデカールが付属)。この復刻版の発売に伴い、要塞参謀の姿には、ユニクロンが平行世界から呼び寄せた別人「ガルバトロンⅡ」という設定が付加。玩具オリジナルの設定ではウルトラマグナスのライバルという位置付けのため、役割は同じシティコマンダーとなっている。

余談になるが、初出となる『ザ・ムービー』は秘密裏に制作されていた為、玩具の開発に当たったタカラにはごく僅かな情報しか公開されておらず、雑誌記事やテレフォンサービスではニューヒーローにしてメガトロンの部下と紹介されていた。このガルバトロンはメガトロンを踏襲したグレーの色彩となっていたが、実際に公開された映画では紫を基調としたカラーリングに変更され、タカラの開発チームは困惑したという。(『2010』でもナレーションが「新破壊大帝」と紹介しているにもかかわらず、要塞参謀というテロップが表示されてしまったという事態が起こっている)

玩具メーカー泣かせのこの悪しき風習は後の実写映画シリーズの時代にも続いており、ロクな資料を与えられず、わずかな手がかりを元に玩具の設計に携わるタカラトミー開発チームのその苦労たるや、推して知るべしである。

IDW版コミック

メガトロンとは別人という設定で登場。それどころか、メガトロンよりも古い時代から生きていたトランスフォーマーという事になっている。

本作におけるガルバトロンは黎明期のセイバートロン星を支配した「最初の13人のプライム」の一人メガトロナス・プライムの眷属として仕えており、主君が同じ13人のプライムの一人リージ・マキシモと結託し内戦を起こした際は、戦線で数々の武勲を挙げた。

だが、最初の13人のうち原初のビースト戦士オニキスプライムと合体戦士の始祖ネクサスプライムが結託してヘッドマスター技術を開発したことを知ると、「下等なビースト戦士との融合などトランスフォーマーの純血を汚す冒涜だ」と激怒、ヘッドマスター達を抹殺した挙句ネクサスをも殺害した。これにより「プライムは同じプライムにしか殺せない」という伝承が偽りだったと判明し、他の13人はアルファートリンを除きセイバートロン星を去ってしまった。

そしてガルバトロンはアルファートリンと協力し、最初の13人で最も偉大たるプライマの眷属ノヴァ・メジャーを擁立してノヴァ・プライムとし、新たな文明を築き上げた。

その後ガルバトロンとノヴァ・プライムはサイクロナススカージジアクサスを引き連れ宇宙船アークで宇宙探索へと向かうが、生死が逆転した別次元の世界デッドユニバースへと流れ着いてしまい、ノヴァは新たな力「ダークネス」によってネメシス・プライムに転生し、デッドユニバースと通常世界の融合を目論んだが、戦いの末にノヴァは倒れガルバトロンもダークネス諸共コンボイに破壊された。

だが、ガルバトロンはダークネスの新たな宿主となったことで復活し、サイクロナスとスカージ、ダークネスの力で誕生させたスカージのクローン「スウィープス」を引き連れ軍団を再結成した。以降はデッドユニバースの支配者D・ヴォイドに対する拠点として故郷セイバートロン星の制圧を目論んだ。

なお、IDWコミックでアーシーはジアクサスに女性戦士として改造されたことになっているが、なんと彼女とガルバトロンは双子だったという驚きの設定がある。

ビーストウォーズⅡ

ガルバ兄ちゃん
桃色の破壊大帝


CV:小村哲生
ビーストウォーズⅡ』に登場するデストロン機甲部隊を統べる新・破壊大帝。ドリルタンクドラゴンへの三段変形が可能。いつも健康的な白い歯を見せているお方で、口を閉じ歯を剥き出しにしながら喋れるというある意味ロボット生命体ならではな芸当を持つ。

また、歴代の破壊大帝の中では珍しい兄弟持ちであり、メガストームという弟がいる。メガストームからはたびたび反抗的な態度を取られており、彼も弟といえど(むしろ弟だからこそ)厳しく当たる一方で、兄としての情を垣間見せる。

惑星ガイア到着時は欲張って最強の兵器と生物のデータをダウンロードした結果、バグで寝込んだ挙句、スタースクリームが作戦の為に用意した度の強いオイル(酒)を飲んで酔っ払って大暴れなどの失態を繰り返していたが、復活後は破壊大帝の名に恥じない活躍を見せていた。

また、破壊大帝としての信念は「絶対なる力による支配で平和を作る事」であり、敵であるライオコンボイとは形は違えど、同じく全宇宙の平和を実現しようとする信念を持っていたことが後に明らかになる。

終盤では説得を試みるライオコンボイを一蹴し、命を賭けた決戦を展開。彼の平和主義を屈服させ、デストロン的な不意打ちまで繰り出させたのだが、自らの流儀に則った上で敗北したガルバトロンは、一切の情けをかけず自身を討った彼を「見事だ」と称賛して逝った。

先に解説した初代ガルバトロンが(後天的な)精神疾患持ちだったのに対し、性格はその前身たる初代メガトロンと比較しても遜色ないほどに寛大で、部下のオートローラーズには、処刑直前に実力を見出して採用した者が居たり、反逆した者がほぼ居ないなど、部下からの信頼も厚い(弟のメガストームは何度も謀反を起しているが、気付かないか謀反がバレても一時的なお仕置きであっさり許している)。

なんだかんだで弟・メガストームに対する愛情も深く、手柄を立てた際は他の部下にも見習うように言う兄バカの節があり、ライオジュニアが現れるまでは、いずれ弟に破壊大帝の座を譲ろうとしていた。メガストームの方も、兄への反抗は憧れの裏返しであり、その思いから「ギガストーム」へと進化した。

最終回でライオコンボイに敗れて消滅したが、ボディは続編『ビーストウォーズネオ』でユニクロンに利用される事になる。

スーパーリンク

ガルバトロン
energon megatron


CV:デビッド・ケイ/吹:遠藤純一
前作『マイクロン伝説』のラストでユニクロンに取り込まれたメガトロンが、10年の時を経てパワーアップした姿で、見た目も声も若返った。G1ガルバトロンを思い起こさせるデザインでありながら海外放送版『Transformers Energon』では何故かメガトロンを名乗っている。10年間もユニクロンの内部に居た所為か、以前よりも凶暴さが増した上にかつて和解した人間に対する情も消え失せてしまった。目覚めた直後にはメガザラックを顔がボコボコになるほどフルボッコにした。

洗脳が大好きで、元々アルファQの部下であったナイトスクリームとメガザラックを洗脳し、自身に忠実な部下に仕立て上げた。もっとも、実際には両者共にデストロン兵士のスパークをアルファQが利用していた存在だったので、ガルバトロンからしてみれば「横取りされた部下を取り返した」にすぎない。また、サイバトロンのインフェルノを洗脳しようとした事もあるが、こちらは彼の命がけの抵抗によって失敗している。

暴君ではあれど部下思い(※ただし忠実な部下に限る)であり、アイアンハイドの死にはショックを受け、自らの意識を乗っ取ったユニクロンに対して部下達の命乞いをした事さえあった。

その一方で忠誠心の無い部下に対しては徹底的に容赦が無く、特に反逆を企てたレーザーウェーブシックスショット兄弟に対しては、最初こそ大目に見ていたものの、最終的にはスパークごと踏み潰して殺害している。

ガル様


後にスーパーエネルゴンの力によってガルバトロンG(ジェネラル)にパワーアップ。一時的にユニクロンに意識を乗っ取られたが、グランドコンボイの呼びかけで正気に戻り、自身の意思の力とユニクロンの力を利用して超巨大な姿に変身した。ユニクロンはオメガスプリームグランドコンボイが合体したオメガコンボイによって破壊されたが、ユニクロンのスパークからくる衝動に突き動かされ、ユニクロンへの意趣返しと自身が犯したことへの後始末のために、ナイトスクリームと共にエネルゴンの太陽に飛び込み消えた。

ギャラクシーフォース

メガトロン様復活記念!


CV:デビッド・ケイ/吹:中田譲治
ギャラクシーフォース』ではマスターメガトロンがパワーアップしたマスターガルバトロンが登場。41話でマスターメガトロンがギガロニアのプラネットフォースの力でパワーアップした姿で、バンガードチーム3人がかりでも太刀打ち出来ない程に強力になっている。

人物像はまさにそのもので、そこに魅力を感じる視聴者がいる一方、終盤では部下を顧みないその傍若無人さが災いし、彼らの離反を招くなど悪役過ぎてネタにならないため、愛着を持てない視聴者もいた。

最終局面で上記の部下を顧みない行動から最後まで自分についてきたサンダークラッカー一団が離反してしまい、一度は野望達成を諦めたが、突如現れたスタースクリームの幻影に煽られ、月面でギャラクシーコンボイとの一騎打ちに挑む。自身の武器をフルに活用し互角に渡り合うが、ベクタープライムの剣を託されたギャラクシーコンボイの一撃で敗北、消滅した。(この対決シーンは『勇者エクスカイザー』のオマージュでもあり、剣の切っ先を手前に映す勇者パースなども取り入れられている)

だが、彼のスパークはまだ生きており、最終回のエピローグでは別次元にてベクタープライムと戦い続けている様子が映し出された。

デザインはパワーアップ前のマスターメガトロンと同一だが、限定販売商品として発売されたマスターガルバトロンの玩具はパワーアップ前と並んで評価が高い。

シャッタード・グラス

Fan projects


善悪が逆転した世界を舞台にした『シャッタード・グラス』では、正義の心を持ったガルバトロンが登場。謀反を起こしたサイクロナスによって瀕死の重傷を負わされたメガトロンがネクサスプライムの力によって転生、パワーアップした姿で、救難ヘリコプターにトランスフォームするようになった。

Botconで限定販売された玩具は、『Transformers Cybertron』(海外放送版ギャラクシーフォース)に登場したイーヴァック(ライブコンボイ)のリカラー品である。

ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー

CV:ジェイソン・マルノチャ/吹:大友龍三郎
Netflixで配信されてるCGアニメ『ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』第2期「アースライズ」に登場。

ダークユニバースに迷いこんだメガトロンの前に突如出現。何らかの方法で過去の自分=メガトロンがダークユニバースに迷いこんだ事を知り、自分もダークユニバースに入り込み接触を試みたと考えられる。

メガトロンにオプティマスプライムからマトリクスを奪取するように言い、ダークユニバース内での戦い方等を助言したが、ユニクロンによって元の世界に強制送還された。ガルバトロンがメガトロンに接触したのは自分の運命を変えてユニクロンの支配から逃れるのが目的だったようである。

実写映画版

I am GALVATRON!!
All hail...


CV:フランク・ウェルカー/吹:大友龍三郎
実写映画版4作目『ロストエイジ』に登場。玩具での表記は従来通りだが、劇中での発音はガル**ヴァ**トロンとなっている。

前作『ダークサイド・ムーン』でのシカゴでの決戦でオプティマスプライムに討ち取られたメガトロンだったが、今作より台頭してきた反トランスフォーマー組織「KSI」がその頭部を回収。それを解析して得られたデータを基に開発された人造トランスフォーマーである。オプティマスをモデルに開発されたため、キャブオーバータイプのトレーラー(フレイトライナー・アーゴシー)に変形する。

KSIのリーダーであるジョシュアの指示により、メガトロンの頭部より採取された記憶データが移植されているが、同時にまだ意識のあったメガトロンの策略で意思もコピーされ、更に脳内に寄生していたインセクティコンを介してメガトロンの染色体が植え付けられている。

その染色体が原因でオプティマスをモデルに設計したにも関わらず、メガトロンそっくりな外見となったが、事実を知らないジョシュアはスタッフの過失と思い込み、何度も作り直しを命じていた。最終的にはメガトロンの記憶と意思を引き継いで目覚め、事実上のメガトロン復活となった。

カラーリングは従来のガルバトロンと異なり、黒と銀色を基調としている。胸部には魂(スパーク)がないことを示すかのように、中空となった円形のシュレッダーを備えている。戦闘時は「ヘヴィメタルグラインダー」というロケットランチャーと、肘から展開するブレード、腕のキャノン砲を武器とする。

また、ガルバトロンを初めとする人造トランスフォーマーには特殊金属「トランスフォーミウム」が使用されており、純正トランスフォーマーのような変形ではなく、身体を粒子状に分解・再構築することでロボットモードに変化する。

トランスフォーミウムを得て更なる軍団を獲得し、それによって人類を一気に絶滅させるために「シード」を求めており、ジョシュアを利用してそれを手に入れる段階まで到達したが、ダイナボットを引き入れたオートボットの乱入で阻止されてしまう。この戦いで兄弟とまで称した同じ出自の人造トランスフォーマー達を失うが、ラストシーンでは再起を誓い、どこへともなく消えていった。しかしながら、続編の『最後の騎士王』では全く姿を見せず(メガトロンとして復活したと見られる)、スピンオフ作品の『バンブルビー』はこれまでのシリーズとは直接的な繋がりを持たないリブートとなったため、実写映画シリーズでは最初で最後の登場となってしまった。

関連項目

関連記事

親記事

メガトロン めがとろん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガルバトロン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガルバトロン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 495226

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました