ピクシブ百科事典

ライオジュニア

らいおじゅにあ

ライオジュニアとは、『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ライオジュニアとは『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ』に登場するサイバトロン戦士であり、肩書きは野生闘士。
サイバトロン総司令官ライオコンボイ息子でもある。
彼を「若」と呼んで付き従うお伴のサントンスカイワープ合体する事で合体戦士マグナボスとなり、胴体を構成する。

概要

CV:小林由美子
本作品の第26話に登場したのアンゴルモアエネルギーライオコンボイのエネルゴンマトリクスが反応して生まれた戦士。
生まれた当初はしばらくの間ライオンと暮らしていたそうだが、ある日自分を育ててくれたライオンが本当のではない事を知り、親を探す為にに出ていたという。
しかし、記憶が無かった為にかなり寂しい思いをしただろう。

最初に出会ったタスマニアキッド達をと誤解して戦おうとしたが、彼らも自分と同じトランスフォーマーだと知り、彼らに自身の胸の内と悲しみを話す。
この時何を思ったか、タスマニアキッドは彼がライオコンボイに似ている事からライオコンボイが彼の親かも知れないと諭し、容姿が似ている事から「ライオジュニア」と命名した。
(本人は冗談のつもりだったそうだが、ライオジュニアは真に受けてしまい彼が本当に寂しい思いをしていたというのに大変な事をしたと後悔している)

同じマトリクスを持つライオコンボイをと慕い(初顔合わせではママと呼ぶ)、サイバトロンに加わった後は何とかライオコンボイに自分を息子として認めてもらおうと「パパ」「父上」「父ちゃん」などと呼んだりもしたが、全て拒否され途方に暮れてしまう。
しかし、それは万が一自分も彼の親ではなかった時、更にライオジュニアを傷つけないようにしたライオコンボイの優しさからくる配慮でもあった。
ライオジュニアもライオコンボイの意図が分かったのか、それ以後は司令官と呼ぶようになり、最終話目前と最終話ではライオコンボイを父さんと呼ぶようになった。

最初は少年であるからかライオコンボイに甘え気味で戦士としては未熟だったが、段々と戦士としての自覚を持ち、逞しく成長を遂げていった。
純粋に惑星ガイアで生まれた為に、他のトランスフォーマーには視認出来ないムーンの姿も見る事ができる。
武器は「アンゴルモアボール」と、手持ちの武器として「ライオビュート」()を使用。
劇中では主にタスマニアキッドやビッグホーンらと行動する。

彼の成長にはライオコンボイとガルバトロンは共に自らの後継者になりえると考えており、一度はのアンゴルモアエネルギーによってデストロンに惹かれ、そのガルバトロンから養子にと望まれるも、ライオコンボイによって自らの後継者(息子と認知)として救出され、最後にはライオコンボイと共にガルバトロンを倒した。

関連イラスト

おはよう
伝説の緑のライオン


ライオ親子
ライオ親子


pixivでは、主にライオコンボイとの親子イラストが掲載されている。

関連タグ

ビーストウォーズⅡ サイバトロン ライオン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオジュニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30717

コメント