ピクシブ百科事典

ライオコンボイ

らいおこんぼい

『ビーストウォーズⅡ』に登場するサイバトロン戦士であり、コンボイであり、そしてパパである。
目次[非表示]

悪いが、私はママではない、一応タテガミがある男性だ。
CV:郷田ほづみ

概要

『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズⅡ(セカンド)』におけるサイバトロンの総司令官。
あるとき惑星ガイアに不時着し重傷を負うが、その惑星に住む白いライオンに助けられ一命を取り留めた。以後はそのライオンの姿をスキャン。同時に旧名のコンボイから「ライオコンボイ」に改名した(もちろん初代とは別人)。
その後、惑星ガイアに侵攻してきたガルバトロン一味と熾烈な戦いを繰り広げることになった。

ビーストモード時は助けてくれた白いライオンの姿と同じで、白い体に鬣は金色である。
ライオンクローを駆使したワイルドな肉弾戦を得意とするが、ライオンミサイルやライオビーム等の武装も身体の各部に内蔵しており、火力も高い。

人物像

性格は仏様のように温厚で懐の深い人物で、個性的なサイバトロンメンバー達をその広い心でまとめ上げている。
どのくらい仏かというと、ジョイントロンの問題行動の数々に頭を悩ませている仲間に対して「平和の守り方が少し変わっている」で済ませている(ただし話の進行とともに不安になっている)。また、無抵抗な敵に対しては手を出さない。そのためか、歴代司令官およびサイバトロンの部隊で穏健派・平和的とされている。
しかし『ビーストウォーズネオ』や『ロボットマスターズ』OVA最終回を観ればわかるように、おいしいところはしっかり持っていくタイプである(無意識なので運も強いようだ)。

不時着した際に、マトリクスが善のアンゴルモアエネルギーと反応して生まれた「ライオジュニア」という息子がいることが後に判明。「知っていたらちゃんと名付けたい」と思っていたらしいが、用意した名前は何故か日本風。

デストロンとの関係

デストロンサイドからはスタースクリームとメガストームの「その説教臭い口調は…!」の台詞から「説教臭い」と思われているようで、DVD-BOXのブックレットにも「説教くさい口調に注目」とコラムに書かれている。

ガルバトロンとは浅からぬ因縁がある模様だが、最後まで話し合いによる解決を試みている。
結果的には、決着を望む彼の意志に折れ、卑劣な不意打ちまで駆使して命を奪うことになったのだが、クローを抜刀し挑みかかる彼の目には、悲しみの涙が浮かんでいた。なおシーコンズとインセクトロンとは和解する事に成功している。

補足など

玩具

『ビーストウォーズ』日本展開向けに新規に作られたものであり、海外では一般販売はされていない。隠し武器の展開やたてがみを高速回転させるライオンタイフーンなど全身にスプリングギミックが仕込まれているのが特徴。
変形時のプロポーション・可動範囲の広さ・武器ギミックの再現性を高レベルで達成した、非常に出来の良い玩具だったため飛ぶように売れた。また海外でも「ライオコンボイ」名義で発売されている(「オプティマス」や「プライム」などではない)。

後にロボットマスターズにて、サイズダウンして各種スプリングギミックをオミットした代わりにプロポーションを格段に向上させた玩具が発売された。

名前

一部では「ライオコンボイ」と間違われているが、「ン」が無いのが正しいので注意。

本作が日本独自のシリーズという事もあり、海外での名称は長らく確定しておらず、当初は「ライオコンボイ」(Lio Convoy)の名前のままで登場していたが、玩具独自のシリーズ『Transformers Universe』でレオブレイカーの頭部やカラーリングを変更し、ライオコンボイ風にアレンジした製品が発売されたのを境に「レオプライム」(Leo prime)という名が正式に採用されるようになった。

その他

続編の『ネオ』及び劇場版を含めると変身バンクが4種類あり、『Ⅱ』のアイキャッチでは唯一変身バンクではなく、BGMもない。『ネオ』の時は前作の『セカンド』仕様と変身バンクの2種類があった。

本編以外でのライオコンボイ

ビーストウォーズネオ

『セカンド』最終回後は行方不明になるが、続編『ネオ』の終盤にて再登場。
ガルバトロンとの最終決戦の影響で生じた時空の抜け穴から過去世界(デストロン達の当時の拠点「惑星ダイナソア」)に飛ばされ、そこでビックコンボイ達の訪れを待っていた。
ブレントロンの目的と黒幕(ユニクロン)の存在を教え、彼らを通常空間に戻すため自らはダイナソアに残ったが、ユニクロンとの最終決戦ではビッグコンボイ達に助力した。
ユニクロン討伐後は、ベクターシグマの命令により新たなグレートコンボイ(最高司令官)に任命される。なお、他のメンバーも無事に帰還したらしく最終回にわずかながら出演していた。
ビッグコンボイは彼のことを“偉大なる先輩”と称しており、彼に対しては敬語を用いて会話をしている。

漫画版セカンド

性格はアニメ版と大体同じだが、アンゴルモアエネルギーを受けたことに加え、ガルバトロンにマトリクスを傷つけられ暴走、巨大化している。この時、ガルバトロンの目をライオンクローで目を潰した後にフルボッコと日頃の温厚さを感じさせない容赦なさを見せた(因みにガルバトロンはこの後、何事もなく復活していた)。これを境にアンゴルモアエネルギーによる正義と悪の狭間に揺れてしまう。

その一方で酒乱ネタが披露され、ややこしい事態になったにも関わらず寝酒が癖になったお茶目な所もある。

ガルバトロンとの一騎打ち後は過去の世界に飛ばされてしまい、助けてもらったマンモスと共に行動するが…。

プライム

トランスフォーマープライム』の玩具展開において、「グレートライオコンボイ」を襲名した数万年後の姿として発売された玩具オリジナルキャラ。
この次元のコンボイ=オプティマスプライムに合わせてレオプライムと名乗っている。ユニクロンの脅威を察知し、遠い次元から現代の地球へと渡ってきた。
時空混乱を防ぐため、オプティマスとメガトロンの戦いに直接関わることはなかったが、ユニクロンを常に監視しているとの事。

流石に寄る年波には勝てないのか、顔は髭を生やしてヨボヨボになっており、歴戦の戦いで失ってしまったのか、右足が義足となっている。
エネルゴンマトリクスの力を引き出す太古の剣「エンシェント・ソード」が武器。

玩具は海外で発売されたサンダートロンの色替え。

レジェンズ

レオプライム


プライム版から更に後の、ライオコンボイ最新の姿。
レジェンズ世界にたどり着き陰ながら護っていたが、世界を修正せんとするユンカンにビーストパワーを奪われ、プロトフォームの姿となって(レジェンズ世界の)地球に墜落。
偶然知り合ったライオとうちゃんとジュニアのライオン親子に匿われていた。

そこに追ってきたユンカンが襲撃。息子を必死に守ろうとするとうちゃんにかつての自分が重なったのか、とうちゃんにエンシェントパワーを与え、トランステクターに進化させる。
そして自分もヘッドマスターシステムをスキャンし、とうちゃんと合体。新たに得た姿でユンカンを撃退した。
そしてレジェンズ世界を守るため、しばらく三人で暮らす事となった。…とうちゃんは元に戻れなくなったが。
なお、レジェンズ世界ではかつての活躍がテレビ番組として放送されていたらしい。

トランステクターはビーストモードの他に宇宙空母へ変形するトリプルチェンジャー。一度プロトフォームに戻されたせいか、かなり若返り、義足の右足も元に戻った。

玩具は海外版『ジェネレーションズ』のアルファートライオンの色替えで、ヘッドマスターと武器はセンチネルプライムからの色替え流用。
ヘッドオンの後に胸のマトリクスを押すと、グレートコンボイの証である「グレートホーン」を装着するギミックがある。アルデバランの必殺技ではない。
武器はエンシェントソード、レオミサイル、レオショット、レオンクロー、そして両肩のライオンの頭部から放たれるダブルレオンタイフーンとさらに豊富になった。

関連イラスト

ライオコンボイ!
ライオ親子


ビーストウォーズ
コンボイ司令官は猫を飼いたい



関連タグ

ビーストウォーズⅡ サイバトロン ホワイトライオン ガルバトロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ライオコンボイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191152

コメント