ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

創業者チャールズ・ラザラスが第二次世界大戦後のベビーブームを受け、1948年アメリカワシントンD.C.で子ども用家具小売店「Children’s Bargain Town」を開店したのが企業体としての創業となる。その後、1957年にスーパーマーケット型店舗として開店させた第2号店のが現在の「TOYSЯUS」である。社名の「TOYSЯUS」は"Toys are us."(おもちゃのことなら私たちに)を意味する。

日本国内では、日本マクドナルド設立した藤田田1989年にアメリカ・トイザラス本部とフランチャイズ契約して1989年に日本トイザらスを設立。1991年の店舗初出店を皮切りとして90年代00年代にかけ店舗数を急拡大させた。

しかし、家電量販店のおもちゃコーナー設置やネット通販の隆盛に対抗できず10年代に入ると閉店が相次ぎ、トイザラス本部は2017年に連邦倒産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用をバージニア州リッチモンドの裁判所に申請。翌2018年にアメリカでの事業を清算することを連邦破産裁判所へ届け出た。ただ、日本法人を含むフランチャイズ海外店舗は経営的には独立しているのでトイザラス本部経営破綻後も運営を続けている。

特徴

最盛期はクリスマス商戦を筆頭として積極的なテレビ広告出稿策を採っていた。本場アメリカでは倉庫や大型スーパーマーケットを模した店構えの店舗が多かったため、日本法人が設置した初期の店舗では倉庫の風合いを感じさせる内装の店舗がほとんどだった。しかし、21世紀に入って大規模小売店舗立地法の規制緩和にともなうショッピングモール出店攻勢時代が到来すると、テナントとして入る店舗の大半は各ショッピングモールのレギュレーションに合わせた白地内装となっている。

また、ネット通販の急拡大で実店舗が消滅する状況に日本トイザらスも何ら策を講じていない訳ではない。小売企業として当然の施策ではあるが、amazonに対抗するためメインホームページをECサイトに改造。国内玩具メーカーと連携しながら新たな販路確保を狙っている。日本進出以来続けているトイザらス限定モデル玩具の販売も続けており、今後は築き上げたブランド力を活かして企業戦略を練っていけるかが生き残りへの前提条件となるだろう。

CM集

1997年CM



1998年CM



1999年クリスマス商戦CM



関連タグ

玩具店 おもちゃ屋
おもちゃのハローマック・・・かつて日本の玩具屋の双璧をなしたライバル

関連記事

親記事

玩具店 がんぐてん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トイザらス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53550

コメント