ピクシブ百科事典

ヘッドマスター

へっどますたー

ヘッドマスターとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する種族である。
目次[非表示]

概要

80年代中期のG1シリーズ期に登場した『トランスフォーマー』の1シリーズ。日本では『ザ☆ヘッドマスターズ』から登場する新たなトランスフォーマーである。当時は日本独自展開が始まった頃であり、海外と日本ではリーダーを務めるキャラクターが違う等、国内外で同じ名前と姿でも全く性格や設定が違うキャラクターが多い。サイバトロン側は乗り物、デストロン側は動物型に変形するボディと合体(ヘッドオン)する。

『ザ☆ヘッドマスターズ』では400万年前にサイバトロンデストロンの戦争から新天地を求めて亡命し、マスター星に漂着したセイバートロンの移民達が、過酷な環境であるマスター星での修行により独自の進化を遂げたもの。

日本版では本来の姿である小型ロボット「ヘッドマスター」がロボットの頭部パーツに変形し、トランスフォーマー用のエクソスーツとも言えるビークルモードから胴体に変形したトランステクターに「ヘッド・オン」の掛け声と共に合体し、通常サイズのトランスフォーマーへと合体・変形する。トランスフォームする際は「トランスフォーム・ダッシュ」という掛け声を上げ、ビークルモードとなったトランステクターのコックピットにヘッドマスターが搭乗する。

また、サイバトロンのヘッドマスターであるクロームドームハードヘッドブレインストームハイブロウの4人は頭部を挿げ替える事で様々な戦況に対応すると同時に突発的なパワーを発揮する「クロス・ヘッドオン」という戦法を持っている。

アメリカを中心に海外諸国で放送された『ザ・リバース』では、通常のトランスフォーマーの頭部パーツを分離・改造する事で誕生し、パートナーとなったエクソスーツ着用の人間が頭部パーツに変形し、スーツを脱いだ状態でコックピットに入り、合体してTFに力を貸すという設定となった。簡単に言えば某勇者の様にTFと人間が力を合わせて戦うというわけである。(日本版のトランステクターは意思を持たない合体パーツの様なもの)また、マーベルコミック版ではサイボーグ化した人間がヘッドマスターになるという設定であった。

本製品の開発に携わった旧タカラ(現:タカラトミー)の大野光仁氏によれば、「アニメ『鋼鉄ジーグ』のギミックをトランスフォーマーに持ち込んでみたところ生まれたアイディア」だったそうである。

ヘッドマスターJr

超神マスターフォース』から登場する新しいヘッドマスター。地球人の少年少女達が銀色のマスターブレスでマスターフォースに変身し、トランステクターにヘッドオンする事でトランスフォーマーとなる。サイバトロン側はクロームドームに任命された3人の少年少女が変身し、トランステクターは救助車両に変形。救助活動を主な任務としている。

デストロン側はデストロンを信奉する3人の不良少年がサイバトロンから奪ったマスターブレスを使用して変身し、半人半獣の姿に変形する。後に自分達が使い捨てにされた事でデストロンから離反し、サイバトロン側についた。

終盤では両軍のトランステクターが自我を持つロボット生命体となって独立し、地球を去った。

製品について

アニメ放映当時はその斬新なデザインとギミックからヒットしたようだが、同様のコンセプトから誕生した「ターゲットマスター」がマイクロンとして以後の作品である程度浸透したのに対し、ヘッドマスターは構造的にターゲットマスターよりもパーツ点数が増えて製造コストがかさむせいかお世辞にもあまり良い扱いを受けていなかった(ただし、両ギミックにはコアマスターユニット単体ではコストの差異はさほどなく、むしろトランステクターに内蔵されたパワーメーターギミックが製造コストの高騰を招いている)

しかしながら、2015年にハズブロより発売された『トランスフォーマージェネレーションズ』枠でブレインストームがIDW版コミックのデザインでリメイクされ、続く2016年の『タイタンズリターン』にてクロームドームハードヘッドスカルクランチャーマインドワイプなどに加え、フォートレスマキシマスが(メトロプレックスの一部パーツ流用という形ではあるものの)リメイクが決まり、本来はヘッドマスターではないブラスターブラースカージなどの往年のトランスフォーマーもヘッドマスター化されるなど製品の勢いが付いてきている。

ちなみに『キュートランスフォーマー』第2期の6話にて『ザ☆ヘッドマスターズ』を含めた和製G1シリーズについて取り上げた際、ツッコミ担当のロックダウンがやたらと突っかかってきたが、実を言うと担当声優本作以前にシステムのよく似たロボット声を担当したことがある。

また、ニコニコ動画のヘッドマスターに関する動画へのコメントでは「昔頭なくしてそれっきり」「久しぶりに出したら体しかなかった」など紛失に関する当時の思い出が多数寄せられた。

タイタンマスター(タイタンズリターン)

ハズブロからリリースされている『トランスフォーマージェネレーションズ』の1シリーズ・『タイタンズリターン』におけるヘッドマスターは「タイタンマスター」という呼称となった。

旧来のヘッドマスターとタイタンマスターとの違いはそのサイズにもあり、タイタンマスターの方がヘッドマスターよりも小さい。その為、タイタンマスターの背部にあるロボットモードの顔を隠すギミックがオミットされているが、両腕の付け根はボールジョイント接続になっていてわずかながら左右に開くことができる。なお、肘はヘッドマスター・タイタンマスター両製品共に固定型の一体成型であり、膝も両方とも繋がって成型されている。

対するトランステクターはパワーメーターギミックが削除されたものの、ビークルモードのコックピットにタイタンマスターが搭乗可能な点は引き継がれており、手持ち武器もタイタンマスターを乗せられる小型ビークルとして遊べるようになっている。また、ボイジャークラス以上の大型商品は三段変形が可能で、これらにはタイタンマスターに被せるヘルメットをトランステクターに内蔵していたり、ボタンを押すとバネ仕掛けで頭部の側面にパーツが飛び出すギミックがある。更に六段変形可能なシックスショットもタイタンマスター仕様として後にリメイクされている。

この他にもタイタンマスターとトランステクターがセットになった商品の他にも、タイタンマスターを乗せられるビークルやTFの手持ち武器に三段変形するドローンとタイタンマスターをセットにした商品も発売されている。

日本では『トランスフォーマーレジェンズ』としてタカラトミーより発売されたが、名称は従来のヘッドマスターのままである。なお、ドローンは単品販売されず、各ヘッドマスターに1体付属という形で販売された。

その後の作品のヘッドマスター

「サイボーグ化したヘッドマスターがトランスフォーマーと合体する」という設定の影響か、近年の海外のコミックやカートゥーンでは「禁断の技術」として扱われる事が多いようだ。

トランスフォーマーアニメイテッド

同名の小型ロボットに乗る悪人ヘンリー・マスターソン(詳細は該当記事を参照)が登場し、トランステクターの代わりにアイアンハイドセンチネルプライムスタースクリームの頭部を切り離してボディを乗っ取り暴れるが、スタースクリームのボディで変形した際にバランスを崩して分離したところでお縄につけられ、ロボットはサムダック社に回収された後、不慮の事故でオールスパークとフォークリフトが融合し、小型のディセプティコン「ダートボス」が誕生した。

アメコミ及び海外玩具

IDWパブリッシングのコミックでは、スコルポノックと手を組んだ地球人のテロ組織「マシネーション」によって捕縛されたサンストリーカーが、ヘッドマスター関連の実験を兼ねた拷問を受け、そのせいで人間に対する憎悪を抱いたままスタースクリームの口車に乗せられ、トンデモない事をしでかしてしまう。

新シリーズ『タイタンズリターン』ではかつてメガトロンに倒された暴君センチネル・プライムが、死後行方不明になっていた頭部がタイタンマスターとなり、復活を果たした。

トランスフォーマープライム

テロ組織「メック」のリーダー・サイラスが重傷を負った際、事前に回収していたウォーブレークダウンの残骸を修復し、その内部にサイラスの肉体を収容するという、ヘッドマスターと異なるものの上記の『ザ・リバース』やヘッドマスターJr.の手法を強引に真似たようなやり方で復活させた。

トランスフォーマーアドベンチャー

第16話『サイドスワイプ、危機一髪』に違法な外科手術で逮捕、投獄されたディセプティコンのマッドサイエンティストバーテブレイクが登場したが、その例としてフィクシットが挙げたのが首の挿げ替えであり、脱獄後にサイドスワイプのボディを奪い自ら実践してみせた。

トランスフォーマー:最後の騎士王

同作にて珍しい種族とされるトランスフォーマー、コグマンが登場。普段は落ち着いているものの、ケイドに「ヤバいニンジャ執事」とまで言わせしめるほどのエキセントリックな言動を時折見せる。

関連タグ

トランスフォーマー 合体 
サイバトロン フォートレスマキシマス クロームドーム ハードヘッド ブレインストーム ハイブロウ 剛秀太 キャブ ミネルバ
デストロン メガザラック ウィアードウルフ スカル ワイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘッドマスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31951

コメント