ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

シックスショット

しっくすしょっと

シックスショットとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次 [非表示]

ザ☆ヘッドマスターズ

忍者さん忍者参謀

SDシックスショット

「地球の支配者は拙者一人。地獄への片道切符、持参した!」

「ダニエル、命と時を大切にな」

CV:池水通洋

ザ☆ヘッドマスターズ』に登場するデストロンの忍者参謀で、ガルバトロンダイノベースの指揮官として呼び寄せた。ロボットレーザーガンオオカミジェット機バトルカータンクと6つの形態に変形できる。一人称は「拙者」で、喋り口調も忍者風である。忍者らしく単独で相手をかく乱する戦法が得意。また、隠れた第7の形態「ウイングウルフ」という変形モードを持っており、この形態でウルトラマグナスを打ち破った。


過去にクロームドームの親友アベルを殺害した事で彼からは仇として狙われている。その後もう一人の親友ジャックの命も奪い、クロームドームは決闘に際しウルトラマグナスを含めた三人の仇討ちを自身に誓う。


デストロンに忠誠を誓うもガルバトロンには自身の様々な意味で恐怖の計画の為に捨て駒にされ、メガザラックからは諫言をはばからぬ性格故に疎まれたが為にデストロンから離脱し、放浪先で出会ったダニエルと友情を結ぶ。地球爆破のかかった一大決戦では彼を通して勝つ手掛かりを与え、デストロンと決別したその後は何処へとも無く宇宙へと去っていった。


漫画版では活躍回で飽くまで義理からデストロンに身を置くとされ、サイバトロンに味方するダニエルに力は貸せないと言いつつ好漢ぶりを見せる。


ザ・リバース

シックスショット(リバース)

CV:ニール・ロス(吹き替えでは柳沢栄治)

海外で放送されたアニメ『ザ・リバース』では第1話しか登場しなかったが、ロボットモードを除いた各種形態で多段変形を繰り出しエアーボットを圧倒。ガンモードはサイクロナスが発砲していた。


ちなみに日本版の役割は「忍者参謀」だが、

海外版の役割は「S.T.A.GSolo.Transformer.Assault.Group。単独トランスフォーマー強襲隊)」である。ザ・リバース版もこちらに準じている。


玩具

『ザ☆ヘッドマスターズ』が放送された1987年に発売。銃以外のパーツを差し替えることなく6つの形態への完全変形を再現している。また、玩具の取扱説明書にはシールで封がされており(海外版も同様)、説明書を見ずに変形させられるかどうかを促すような試みがなされている。また、『トランスフォーマーV』のグレートショットや『勇者警察ジェイデッカー』のシャドウ丸は、この玩具を流用した製品である。


リメイク

タイタンズリターン

ヘッドマスターを現代風にリメイクしたシリーズ『タイタンズリターン』がハズブロよりリリースされ、シックスショットもタイタンマスター(=ヘッドマスター)仕様で2016年にラインナップされた。


デザインは旧版から大きな変更はないものの、各ビークルモードのコックピットにタイタンマスターを着座させる事ができるようになっている。特筆すべき点として、頭部を分離しないままでの変形も可能。


タイタンマスターのロボット形態は「ディセプティコンリボルバー」という名だが、故意なのか、リボルバーの外見は『ザ☆ヘッドマスターズ』でシックスショットが手にかけたジャックに酷似している。また、旧来のガンモードはアメリカで頻発する遊戯銃と実銃の誤認による事故の影響からか、上下を逆さまにした状態で新たにサブマリンモードとして定義され、引き金に相当するパーツも廃止された。


レジェンズ

シックスショット

日本では『タイタンズリターン』版シックスショットの仕様を変更し、『トランスフォーマーレジェンズ』第50弾として2017年に発売。彩色や成形色が一新されたほか、ヘッドマスターも新規造型となった。それに伴いヘルメットのパーツも新造されている。


同梱された漫画では『ザ☆ヘッドマスターズ』の後の活躍が描かれており、かつての友・ダニエルの要請に応じ、反トランスフォーマー勢力「コンカレンス」の陰謀による冤罪で投獄されたスターセイバーを救出し、レジェンズ世界への脱出を手引きした。


本作ではその為にかつての自身のボディをトランステクターに改造し、ヘッドマスターとなっている。スターセイバー救出後はクロームドームの家で一時厄介になったが、そのことを敵に察知された為、スターセイバー達を逃がす為に因縁のあるウルトラマグナスと対決する。その際、突如乱入した一族の手の者の不意打ちを受けてボディを破壊されてしまうが、ヘッドマスターは傷を負いながらも生存した。そして…


スーパーリンク

シックスショットSDシックスショット

CV:テリー・クラッセン/吹:神奈延年

トランスフォーマースーパーリンク』の後半に登場するデストロンの技術者。劇中では変形シーンを殆ど見せないが、SF風の戦車と人工衛星に変形する。先述の『ザ☆ヘッドマスターズ』とは世界観が違う事もあり、単に名前が同じなだけでデザイン・性格共に元祖シックスショットとは似ても似つかない。


ガルバトロンに謀反を起こし粛清されたレーザーウェーブの弟で、外見は色以外はまさに瓜二つだが、粗暴な兄とは違い計算高く、情報操作を得意とする(その割には武装バリバリ)。陰険・陰湿・ワガママと駄々っ子だが、実の兄を溺愛している。なお、意外にも一人称は「僕」。


ガルバトロンに不忠義な点も兄と同様であり、他のデストロン兵士といざこざを起こした事もあった。扱き使われ続ける事への鬱憤が溜まったのをきっかけに、最終的にはデストロンを敵に回し、兄と同様にガルバトロンによって手を下され、粛清された。


玩具はレーザーウェーブ(海外名はショックブラスト)のリカラー品で、日本では未発売。


関連タグ

トランスフォーマー ディセプティコン

ヘッドマスターズ トランスフォーマーレジェンズ 忍者 ござる

ザ・リバース

トランスフォーマースーパーリンク レーザーウェーブ

シックスナイト グレートショット シックスチェンジャー シャドウ丸

関連記事

親記事

シックスチェンジャー しっくすちぇんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました