ピクシブ百科事典

アベル

あべる

アベルとはヘブライ語で「息」・「はかないもの」を意味する言葉。主に人名に使われる。

旧約聖書の登場人物でアダムイヴの息子であり、カインの弟。
カインに殺されてしまう事で有名であり、ある意味「」の代名詞的存在。

ある時、が二人に捧げものをするよう命じ、自身が肥えた子羊を供えたのに対し、兄のカインは麦を備えた。だが主はアベルの羊だけを選んだのに対し、何故か兄であるカインの麦は無視しており、その結果、カインの嫉妬の末にアベルは殺害されてしまう末路となっている。

この話において、一般ではよく「アベルはカインの逆恨みで殺害されてしまった」と、アベルの方を擁護する判官贔屓的な見方をされる事が多いが、元々カインは真面目に農作業を行っていたのに対し、アベルの子羊の放牧はややいい加減であった部分があり、放牧とはいえ羊達をちゃんと監視していなかった結果、カインが賢明に育てていた麦畑を荒らしてしまっており、その度にアベルはカインから叱責されていた。
更に主に捧げ物をして自分だけが認めてもらえて有頂天になった結果、逆に無視されて落ち込んでいたカインに対し、「本当に主を慮ってお供えしたならこんなことはないはずだ」と辛辣に批判した結果、これまでの事もあって我慢の限界を迎えたカインに殺害されるに至った為、アベルの方が一方的な被害者とみるのは間違っていると言える。

アベルがカインに殺された動機については別伝も存在し、アベルの美しい姉であり、妻にもなることが決まったルルワを諦められなかったカインが、アベルを殺したという説話が6世紀のゲエズ語文献などに記されている。

「アベル」という名の人物

他にもありましたら追記願います。

関連タグ

欧州人名の一覧
源頼朝源義経:ある意味似ている関係。

関連記事

親記事

欧州人名の一覧 おうしゅうじんめいのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2039358

コメント