ピクシブ百科事典

アベル・ナイトロード

あべるないとろーど

アベル・ナイトロードとは、『トリニティ・ブラッド』の主人公。
目次[非表示]

概要

CV:東地宏樹(少年時代-日野聡)、ドラマCD一条和矢


本作トリニティ・ブラッドの主人公。
教皇庁国務聖省特務分室(通称Ax)の派遣執行官。コードネームは「クルースニク」(「十字架を背負うもの」の意)。

190センチを超える細身の長身に、長い銀髪、冬の湖のような碧眼を備え、黙っていればそれなりにイケメン、なのだが……。

普段はいつもそんな整った容貌にのんびりとした笑みを浮かべた、表情にたがわぬおっとり系の穏健な性格の巡回神父として生活しており、ハンサムではあるのだがそののんびり笑顔と、どこかネジが緩んだようにあちこちでドジなところ、さらに(給料はAxの派遣執行官である以上それなりに出ているはずなのだが)食生活が異様に貧相で、それに引きずられるかのように言動もあちこちで貧乏性かつ(特に食べ物に関して)意地汚いところ、またその時々の状況に応じて聖書の聖句を都合よく引用してそらんじる調子のいいところもあって、クールなカッコよさには程遠い、三枚目めいた憎めない人物像になっている。
まあ、それでもAxの派遣執行官の肩書きは伊達ではなく、(ドジなところもたびたび出るが)荒事や危機に至っての判断や対処能力は確かなものを持っている。
派遣執行官としての愛用武器は、ハイテク化が方々で世界中に定着している世間からすれば珍しいともいえる古式回転拳銃(パーカッション・リボルバー)。

そんな昼行灯を絵に描いたような性格であるが、その体の裡に、「ナノマシン・クルースニク02」という存在を潜ませている。

「想像したことはありませんか?
牛や豚を人間が食らう。人間を吸血鬼が食らう。ならばどこかに、吸血鬼を食らう存在がいるのでは、ということを…」

この能力を限定起動させてクルースニク化すると、長生種(メトセラ)――『トリブラ世界における吸血鬼』を吸血鬼たらしめる「バチルス・クドラク」保菌者――を駆逐し食らう存在、すなわち「吸血鬼の血を吸う吸血鬼」となり、凄まじい戦闘力を発揮する。この時は瞳が鮮やかな真紅に染まり、体内から巨大な鎌を生み出したり、背中から漆黒の翼を生やすなど怪物じみた姿を呈する。この姿をアベルは「自分の罪の刻印」と言っている。

ナイトロード3兄妹の第2子である。

後に発売した大全のプロットによると。地球が大戦争で滅びかける前から生きていて、火星の入植プロジェクトのために作られたデザイナーベビー、自分の生い立ちもあってかその当時のアベルは捻くれていた。火星から帰ってきたときに地球が荒廃していたり、その後で起きた事件もあってか、他の二兄妹と火星から持って来た技術で人類を大虐殺した。
そのため、同僚であるリリス・サールと敵対することになったが、和平の時彼の兄が、リリスを虐殺。これにより兄を大気圏外から落とし、以後はリリスの墓を守り続けていた。
およそ八百年後、カテリーナが現れるまでずっと懺悔をしていたという。

関連イラスト

片翼の
クルースニク[nightroad]


巡回神父
Trinity Blood



関連タグ

教皇庁国務聖省特務分室トリニティ・ブラッド

pixivに投稿された作品 pixivで「アベル・ナイトロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48094

コメント