ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ネクストディメンション

ねくすとでぃめんしょん

「ネクストディメンション」とは、「聖闘士星矢」の原作者・車田正美による「聖闘士星矢」本編の続編を描いた漫画作品である。正式名称は『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』。
目次 [非表示]

概要編集

フルカラーによる週刊少年チャンピオン不定期連載。

2006年22・23合併号にプロローグを掲載したのちに、同年36・37合併号より連載開始。だいたい四季ごとに数話づつくらいのペースで発表され、2024年31号にて完結した。


嘗て「聖闘士星矢」の続編予定として企画され、当初は映画での連作予定だった「天界編」が1作目「聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜」のみでストップした格好になっているが、本作は一部「聖闘士星矢 天界編 序奏〜overture〜」の設定を使いつつも、更に改変した格好になっており、原作の続編としての側面も持ち合わせ、新たな事実(神聖衣の役目、サガの悪心の真相、黄金の短剣の真名)を外伝(サイドストーリー)も含め、織り交ぜながら公式設定を与え深みを持たせた。これらは秋田書店 最終修正版単行本に収録。


コミックスがフルカラーになっているのが大きな特徴。2024年5月現在でコミックスは15巻までと、ストーリーの進展は控えめに言っても遅い。


あらすじ編集

1990年、ハーデス戦が終了してしばしの時が経った聖域で廃人同然となったペガサス星矢を介護していた城戸沙織

星矢の胸には見えないハーデスの剣〈インビジブルソード〉が刺さっており、あと3日の命。


やがて崩壊した冥界から帰還したアンドロメダ瞬とともに、星矢を救うために沙織は「時空をさかのぼってハーデスの剣を消し、星矢を助けたい」との願いからオリンポスのアルテミスの元へ出向くも、彼女からは「自分にその権限はない」「人間等滅びるべき存在、1人の人間の生死など忘れろ」と拒絶される。

しかし諦められない沙織は瞬とともに時の神クロノスの元へ出向き、彼の力で200年以上前の時代のハーデスとの争いのまっただ中に飛び、その時代の聖闘士達の戦いの最中に降り立ち巻き込まれていく。


一方アルテミスの部下カリストは沙織への憎悪を募らせ1990年の世界で星矢を抹殺すべく動き、他の聖闘士や天闘士をも巻き込んだ戦いが始まり、2つの時代での争いが同時に始まっていった。


本作のキャラクター編集

旧作と共通のキャラクターはこちらを参照。

青銅聖闘士編集


黄金聖闘士編集


  • 教皇 本名、守護星座は不明。

ハーデス陣営編集


アルテミス陣営編集


その他編集




関連タグ編集

聖闘士星矢 ロストキャンバス 冥王神話 ND

関連記事

親記事

冥王神話 めいおうしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 334904

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました