ピクシブ百科事典

蛇遣座のオデッセウス

おぴゅくすのおでっせうす

『聖闘士星矢 NEXT DIMENSION 冥王神話』に登場するキャラクター。前聖戦時代に伝説の十三番目の黄金聖闘士として蘇えった医司(いし)の聖闘士。
目次[非表示]

かつて神話の時代、聖域には十三の宮があったという

そこは蛇夫宮(だふきゅう)と呼ばれ、天蠍宮(てんかつきゅう)と人馬宮(じんばきゅう)の間に位置した

その蛇夫宮を守護した聖闘士は十三人の黄金聖闘士の中でも最も仁智勇に優れ

なによりもその行いは気高く、すべての傷ついた者たちを癒し、病に苦しむ人々を救い

いつしか神と呼ばれるようになった

しかし、やがて本当に人から神になろうと増長した彼は、神々の怒りを買い

聖域を追われて、その存在さえも消された

それが蛇遣座(オピュクス)の黄金聖闘士(ゴールドセイント)の伝説なのだ!!


概要

神話の時代に十三番目の黄金聖闘士として人々を救い、やがて神々の怒りを買って聖域を追放されることになったアスクレピオスの生まれ変わりと言われていた白銀聖闘士

88の聖闘士の中でも最強と謳われていたにもかかわらず当人は決して戦うことをせず、医司としての知識や技術で多くの聖闘士を救い、聖域のために尽力する日々を送っていた そのため彼を慕う者も多く、聖域では絶大な支持を得ていた

また、彼には数百万人に一人という、あらゆる人への輸血が可能な万能血液「黄金の血」が流れており、治療のためにその血を惜しみなく分け与えていた

しかしそうした事を繰り返していたため、彼の身体はボロボロであった

そして、蠍の毒に侵され、身体が透明化してやがて蒸発するという奇病に罹ったエカルラートへの輸血をしていた最中に亡くなってしまう

そのオデッセウスが、神々の怒りに触れ、長い年月聖域の地中に埋もれていた蛇夫宮と蛇遣座の黄金聖衣とともに墓場(セメタリー)から蘇えった 先ごろ聖域に降臨したアテナを弑するためだという・・・

果たして彼の真意とは・・・!


医司(いし)の聖闘士

聖闘士でありながら決して拳を振るうことをせず、医力を以て事に当たる
そのジャンルは様々で、先述の輸血の他、心理療法、患者や自身の肉体や臓器を切開、移植、吻合するオペ、さらにはデストールに施した美容整形など多岐に及ぶ

聖闘士星矢史上最強のスーパードクター、それがオデッセウス


関連タグ


pixivに投稿された作品 pixivで「蛇遣座のオデッセウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79

コメント