ピクシブ百科事典

聖闘士星矢Ω

せいんとせいやおめが

『聖闘士星矢』TVシリーズとしては23年ぶりとなる完全新作。テレビ朝日系列(フルネット24局)で2012〜2014年の2年間放映された。
目次[非表示]

概要

TVシリーズとしては23年ぶりとなる完全新作オリジナル作品であり、2012年4月より開始、2014年3月いっぱいまでオンエアされた。
主人公はペガサス星矢に替えて新たな青銅聖闘士光牙(こうが)が登場するが、
ペガサス星矢射手座黄金聖闘士として登場する。
旧作の十数年後くらいの設定らしく、旧作メインキャラの実子が1人登場する。
また、随所の回想シーンにアニメ版デザインの聖衣が登場したり、アニメオリジナルのキャラクターが登場するなど、原作ではなくアニメ版星矢(所謂無印)の続編であるということがうかがえる。
日曜日の朝6:30〜からという時間帯上や時代的な自主規制の変化などからバイオレンス描写などは旧作より直接的な表現は控えられているものの、1期2期それぞれに実験的な要素も様々に取り入れられた。
内容はアニメオリジナルであるが、原作者の車田正美もある程度のネタ提供や要望はしており、そのうち公式に判明しているのは「女性レギュラーキャラの導入」である。

設定

旧作から多くの変更点が取り入れられている。
聖衣聖衣石(クロストーン)と呼ばれる宝石状のアイテムから召還する(2期ではこの設定を踏まえた上で旧作と同じように変更されている)。各聖闘士に「光」「闇」「水」「風」「火」「土」「雷」などの7属性のうちいずれかが存在する。詳細は聖衣石の項目を参照の事。
・若手聖闘士の養成学校、パライストラが存在する。
旧作のメインキャラ戦闘不能となり、聖闘士の組織が本編開始の数年前から既に敵に乗っ取られているという状況下となっており、そのため白銀聖闘士黄金聖闘士は大半以上が敵として登場する(但し黄金聖闘士には後に味方になった者もいる)。
・本作が旧作から何年後かの設定は不明確であるが、旧作ハーデス編の十数年後以上経過した時間であり、そのため旧作の黄金聖闘士達は全員既に死亡した後である。旧作レギュラーの子である龍峰の年齢が13歳である(大規模戦中に中国に帰って子作りはしないだろう…)ことから、最低でも14年は経過していることになる。
・小宇宙の新たな境地として、「オメガ」と呼ばれるものが設定されている。この境地に達した聖闘士の例はないと明言されており、エイトセンシズともまた異なるものであることが伺える。

なお、これらの実験的な設定が取り入れられた理由は、当初無印に近い初期案を原作者に持って行った所「もっと自由にやっていい」という表現で却下されたのも理由の1つであることも主要スタッフの公式発言で明らかになっている。

第一期

2012年4月よりスタートし翌年3月までの展開(通称:一期)はキャラクターデザイン及び総作画監督が馬越嘉彦、SDが畑野森生、メインライターが吉田玲子、プロデューサーが若林豪の布陣。

ストーリー

神話の時代から現代まで地上に邪悪が迫る時、必ず現れるという希望の闘士、聖闘士(セイント)。彼等は聖衣(クロス)と呼ばれる武具を纏い、地上を司る女神アテナを守り戦った。
中でも最下級の青銅聖闘士でありながら幾度となくアテナを救ったペガサスの聖闘士、星矢、そして彼と友情を分かち合った仲間達の闘いは伝説として語り継がれた。
 
時は流れ、かつて星矢によって封印された闘いの神にして火星の守護者、マルスの復活が迫っていた。
一方、星矢によって命を救われた少年、光牙アテナこと城戸沙織によって育てられ、来る危機に備え聖闘士となる為の修行の日々を送っていた…自らの宿命を知らぬ光牙が己に秘められた力、小宇宙(コスモ)に目覚める時、新たなる聖闘士の伝説が幕を開ける!

第二期

2013年4月より、メインスタッフなどを一新し、『新生聖衣(ニュークロス)編』が開始される。
こちらのキャラクターデザインは市川慶一となり、一期の基本デザインや設定を踏まえつつ二期独自の聖衣のデザインや設定も新たに起こされている。SDは長峯達也に途中から暮田公平が加わり2人体制、メインライター成田良美、東映側のプロデューサーは1期から続投の若林に加えて梅澤淳稔が加わり2人体制となった。キャスト及び音楽担当の佐橋俊彦は両期ともの登板となっている。2期3クールからは『Ω覚醒編』と称される。

追加設定

一期の特徴である聖衣石を一部廃止、そして聖衣箱及び星座をモチーフとしたオブジェ形態の聖衣の復活、聖衣も原作のような金属・鎧の印象が強まっており、聖域・十二宮は無事に復活、その他随所に原点回帰的なテコ入れが見て取れる。
更に旧アニメの黒歴史扱いを受けがちな鋼鉄聖闘士の起用(これについては、旧作で鋼鉄聖闘士の扱いがおざなりに終わってしまったことへのアニメ制作サイドの拘りが伺える部分がある)などまたも斜め上の予測がつかない展開も。
なお一期終了の時点で未登場のフェニックス一輝も中盤より登場、及び魔傷が消えた青銅一軍や一期で生存し味方となった黄金聖闘士達の出番も増えている。

ストーリー

女神アテナこと城戸沙織は、連日の不吉な予知夢に胸を痛めていた。
その夢とは…ペガサスの青銅聖闘士・光牙や射手座の黄金聖闘士・星矢ら聖闘士たちと、彼らの抹殺を目論む者たちの戦いの様子だった!
また新たな戦いが始まる――そう確信したアテナは、星矢を敵のもとへ派遣。
しかし、星矢が目の当たりにした敵とは一人の少女…その少女の正体こそ、女神パラス!
アテナの抹殺を目的とする新たな強敵だった…。

そのころ、光牙は、闘志むき出しの少年・昴から不意の攻撃を受ける。
そんな光牙に、パラスの戦士であるパラサイトからの攻撃までもが襲い掛かり…!
アテナが恐れていた新たなる戦いの幕開け――光牙たち聖闘士とアテナの運命や、いかに…!?

登場人物

青銅聖闘士
鋼鉄聖闘士→青銅聖闘士(シーズン2から登場)


アテナ軍

女神アテナ



黄金聖闘士

伝説の青銅聖闘士(?)※昇格不明

白銀聖闘士

青銅聖闘士

鋼鉄聖闘士

アテナ(偽)

パライストラ教員→鋼鉄聖闘士
引退した元聖闘士→鋼鉄聖闘士

マルス軍

マルス家
黄金聖闘士(マルス家)
黄金聖闘士(マルス)
白銀聖闘士(マルス)


火星士
マルス四天王
暗黒の神

パラス軍(サターン軍)

愛の女神
1級刻闘士→離反→女神パラスの守護者
1級刻闘士
2級刻闘士
黄金聖闘士(マルス)→2級刻闘士
白銀聖闘士(マルス)→黄金聖闘士(マルス)→2級刻闘士
3級刻闘士
2級刻闘士→サターン直属
はぐれ刻闘士→サターン直属
刻の神


パライストラ関係者

パライストラ教員
パライストラ生徒


その他

城戸家
五老峰
ジャミール
忍者の里
その他


主題歌

「ペガサス幻想」
言わずと知れた元祖聖闘士星矢OPアレンジバージョン。MAKE-UP feat.中川翔子が担当。中川翔子女神アテナの声優も担当している。
「新星Ω神話(ネクストジェネレーション)」
10月14日からスタートした黄金十二宮編のOP。歌は√5が担当。
「未来聖闘士Ω~セイントエボリューション~」
2期のオープニングテーマ。歌は流田Projectが担当。
「閃光ストリングス」
11月3日からスタートしたΩ覚醒編からのOP。歌は本作のファンを
公言するCyntiaが担当。彼女らが詩を番組制作サイドに送ったことで、急遽採用が決定したとの逸話あり。

ゲーム

2012年11月29日に、PSP3用ゲーム「アルティメットコスモ」がリリースされた。
基本設定は星矢のΩに沿ったものだが、ポセイドン(ジュリアン・ソロ)とソレントが新たにデザインされて登場するオリジナルストーリーのアクションゲーム。

コミカライズ

2期を中心とした展開が「ケロケロエース」にて連載されていた。作画はばう。しかし掲載誌の休刊により打ち切りとなり、全1巻のみ単行本が発売されている。

関連イラスト

ストライキ スケッチ
聖闘士星矢Ω


銀河神話の少年たち



余談


関連タグ

聖闘士星矢 2012年春アニメ
ロストキャンバス ネクストディメンション
エピソードG ギガントマキア セインティア翔
LegendofSanctuary

聖闘士星矢Ωコンビ・グループ・カップリングタグ一覧
☆矢Ω【腐】

安定の牡羊座 安定の牡牛座 双子座ショック 安定の双子座 愛に溢れた双子座 安定の蟹座
獅子座ショック 安定の乙女座 安定の天秤座 天秤座ショック 悲劇的な蠍座 
主役的な射手座 山羊座ショック 水瓶座ショック 安定の魚座 

教皇ハービンジャー 乙女座のフドウ顔芸シリーズ ライブラさんこっちです
 蠍座信号機
神殺しのペガサス オメガ光牙
龍座の遺伝子 ドラゴン親子 俺は、本当に親バカ
ユナさんマジ男前 蒼摩さんマジ兄貴 HARUTO疾風伝 体育座の聖闘士
ロリコン座のエデン 一級ロリコン 三十路のマザコン
メディアを殴り隊 ソニアを幸せにさせ隊 玄武助け隊
1月19日ショック
死ぬ死ぬ詐欺 死ぬ死ぬ詐欺(常習)
スチールアイキャッチジャック

ハートキャッチ聖闘士 セイントプリキュア まどか☆オメガ 
メディべえ キュゥろぱ

キグナス氷河VSはぐれパラサイト・ミラー (※厳密には『星矢』のタグではない)

外部リンク

東映アニメーション 公式サイト
テレビ朝日 公式サイト
聖闘士星矢Ω - Wikipedia
聖闘士星矢Ω登場人物一覧 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「聖闘士星矢Ω」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12609005

コメント