ピクシブ百科事典

ケロケロエース

けろけろえーす

ケロケロエースとは、角川書店から刊行されていた漫画雑誌。
目次[非表示]

概要

角川書店刊行の月刊児童漫画誌。
2007年10月26日に創刊され、当初は「ガンダムエース」等の雑誌の弟分(増刊)という扱いであったが2008年9月号より単独の雑誌として改めて創刊された。
児童向けの雑誌らしくギャグマンガが多く連載させている一方でダークな世界観やお色気要素を含む作品も積極的に掲載されており、ほんのりとポスト・コミックボンボンの雰囲気を漂わせている。

当時アニメ化され人気を博していた「ケロロ軍曹」を看板作品として据えており、当初はガンダムを始めとするバンダイ系列の作品とのタイアップが多いことから読者からは「月刊バンダイ」と揶揄されていたほどで有ったが2011年1月号よりブシロードのTCG「カードファイト!!ヴァンガード」とのタイアップが始まったことにより暗雲が立ち込め始める。
ケロケロエースでは既にバンダイ発のTCG「バトルスピリッツ(以下バトスピ)」も大々的に扱っていた為にライバル商品が同誌で競合する羽目となり、この事態に流石のバンダイも腹を据えかねたのか「バトルスピリッツ 覇王 龍」「バトスピひーろーず」の連載終了と同時にバトスピの本誌での取り扱いは終了。以降、バトスピの販促は「最強ジャンプ」が担うこととなった。
更に創刊当初からの主力コンテンツであったガンダムシリーズの最新作ガンダムAGE」とのタイアップもまさかのコロコロコミックに奪われ、この頃を境に「月刊バンダイ」は鳴りを潜めていくのであった。

その後は開き直ったのか「モンスターコレクション」「マジック・ザ・ギャザリング」等のTCGを積極的に取り上げるようになり、「トランスフォーマー」シリーズや「ファイ・ブレイン」「聖闘士星矢Ω」などのアニメの他、挙句の果てにはNMB48などのアイドル情報の掲載を始めるも発行部数が振るわず2013年9月号を以て休刊。
一部の作品と作家はブシロード社の「月刊ブシロード」に引き継がれた。

記事がある休刊時連載していた作品

※五重音順、正式作品名で表記していますがリンク先記事が違う名前(作品の親記事など)の場合があります。
タグ付けはリンク先記事名のものを推奨。
エヴァX-学園不可思議伝-
カードファイト!!ヴァンガード
ケロロ軍曹
ケロロ軍曹 へっぽこはじめて物語
聖闘士星矢Ω
千邪の封魔師
なるほど☆ことわざガンダムさん
バトスピひーろーず
バトルスピリッツ 覇王 龍
ファイ・ブレイン パズル オブ バトル
みにヴぁん
モンスター・コレクション 〜ドラゴン使いのアーニャ〜

記事がある連載終了作品

あ行
アクジキ
SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ
か行
ガンプラエクストリーム
機動戦士ガンダム00
ケロロクエスト
ケロロ軍曹 特別訓練☆戦国ラン星(スター)大バトル!
ケロロ軍曹 特別訓練☆戦国ラン星大バトル! なぜなに戦国時代
ケロロパイレーツ ケロロ軍曹 特別訓練☆大コウカイ星の秘宝!
さ行
スレイヤーズ ライト☆マジック
ソウルキャリバーレジェンズ
それいけ!桃太郎電鉄
た行
大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー
大怪獣バトル ウルトラアドベンチャーNEO
.hack//Link 黄昏の騎士団
トランスフォーマー アニメイテッド ザ・クール
な行
ネットゴーストPIPOPA
は行
幕末異聞録 コードギアス 反逆のルルーシュ
バトルスピリッツ 少年激覇ダン
バトルスピリッツ 少年突破バシン
バトルスピリッツ ブレイヴ
BB戦士三国伝 英雄激突編
ぷちえう゛ぁ ぼくら探検同好会
ま行
無限のフロンティア スーパーロボット大戦OGサーガ
メイプルストーリー
模型戦士ガンプラビルダーズA

関連タグ

角川書店
少年エース

外部リンク

ケロケロエース | 角川書店・角川グループ

pixivに投稿された作品 pixivで「ケロケロエース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36832

コメント