ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トランスフォーマー

とらんすふぉーまー

『トランスフォーマー(TRANSFORMERS)』とは、ロボット生命体を題材にした日本発の海外アニメシリーズ。および、作中に登場するロボット生命体。
目次 [非表示]

注意書き

各作品に登場するトランスフォーマーの解説についてはトランスフォーマーのキャラクター一覧を参照。また、当記事内では作品ではなく種族を指すトランスフォーマーを「TF」の略称で記述する。

ちなみに日本には同名の株式会社が存在するが、当該項目とは全く関係ない。


概要

米国の玩具メーカー・ハズブロのライセンスの下、日本の玩具メーカー・タカラ(現・タカラトミー)が製造している変形ロボット玩具およびそのアニメ、漫画、アメコミ、実写映画など非常に多岐にわたる関連作品。作品世界に登場する変形ロボット、ロボット生命体の総称でもある。


1970~80年代初頭にタカラが商品展開していた『ダイアクロン』や『ミクロマン』などの変形ロボット玩具を、ハズブロが他のメーカーの変形ロボット玩具と共に『TRANSFORMERS』として販売したものが米国を中心に世界中で大ヒットし、それをタカラが日本に逆輸入する形で現在に至る。

あまりの人気に、ダイアクロン・ミクロマン両作品からの流用商品ではラインナップが足りなくなり、タカラ以外の変形ロボット玩具(タカトクトイスVF-1Sスーパーバルキリーなど)も流用される事もあった。後にタカラが新規に設計・製造、ハズブロが海外で販売という形になっていく。

日本国内でも大人気を博し、日本独自の世界観を描いたアニメシリーズも長く製作・放送された。


多くは正義と悪の軍団に二分されたTF達の戦いが描かれている。前述のように様々な媒体で物語が展開しており、たとえ同じ名前のキャラクターでも作品によって容姿、性格、陣営、人間関係などの設定が異なるなど特異な点も多い。


日本版は、アニメ他映像媒体が先にありきで、それに追随する形で玩具が発売されている。

しかし海外版では、あくまでも玩具が先にありきのため、アニメ、コミック、ゲーム、実写映画などは二次的な存在である。そのため、玩具で発売されても、アニメなど別媒体には登場しないキャラクターが多く存在する。

それゆえに海外において発売された製品のほとんどには、「テックスペック」と呼ばれる、そのTFのデータが付随されている。テックスペックには、知力や体力、地位などの能力値を1~10までの数字で表し、そのキャラがどういう性格でどういう武装を有するか、どういった思想を有しているかという事を細かく記されている。

ここから、玩具を集め、テックスペックの情報を元に、自分で物語を作り遊ぶ。そういった感じで楽しめる事が、トランスフォーマーの魅力であり醍醐味なのである。

また、描かれているそれぞれのTFのパーソナリティも千差万別で、そういったキャラクターたちを集め親しむという点も、人気の一つ。


生物としてのTF

セイバートロン星(サイバトロン星)に住む超ロボット生命体。いわゆる宇宙人である。訪れたそれぞれの惑星の環境に適応する為に、その惑星の機械(乗り物・兵器など)をスキャンし、その姿に変形=トランスフォームし擬態、その特性を付加する能力を持つ。プリテンダービースト戦士など一部の特殊な種族は有機体(動植物)をスキャンして変身することが可能。

また、個体によっては同型がいることも珍しくなく、スタースクリームをはじめとしたジェットロンなどはそれだけで部隊を編成できるほど大量に同型の個体が存在する。ただし同型個体でもスキャンした対象物が変われば当然外装などは異なってくる。


多くのTFは自走可能な乗り物である「ビークルモード」に変形する者(コンボイなど)が殆どいるが、動物や恐竜に変形する「ビーストモード」を持つ者(ダイノボットなど)や、武器の「ウェポンモード」に変形する者(メガトロンなど)、カセットテープレコーダー等のその他の機械である「デバイスモード」を持つ者(サウンドウェーブなど)といったように擬態する対象は様々である。

これらのロボットモードではない形態を「オルトモード」と総括して呼称することもある。

また、ジャガーコンドルスカイリンクスのようにロボットモードを持たずビーストモードからオルトモードに変形するTFもいる。


特殊なオルトモードを持つTFとして2種類のオルトモードを内包し3段変形が可能なトリプルチェンジャーや、擬態用のオルトモードとは別に胴体や四肢に変形し合体して1体の巨大なTFになるコンバイナー、ボディとなるトランステクターとは独立して頭部に変形して合体する小型のヘッドマスターなど多様な種族が存在する。


大抵の個体は乗り物に変形するので小柄な者でもロボットモードの身長は3mを超すことが多いが、その大きさも千差万別でヘッドマスターやマイクロン等の小型の種族は人間と同程度、大型のものになると戦艦や要塞都市などが変形対象になるサイズにまでなり、プライマスユニクロンのような伝説的存在ともなると惑星にトランスフォームするほど巨大。

ただし、ウェポンモードやデバイスモードに変形する者のようにロボットモードに変形する際に標準的なサイズに巨大化するなど体のサイズを拡大・縮小することが可能な者もいる。


彼らは機械生命体ゆえに頑強な身体と長い寿命(数百年単位とも)、更に高い生命力・環境適応能力を有する。特に胴体に大きな風穴を空けられる、一刀両断される、頭部を潰されるといった致命傷を受けない限り修復が可能な高い自己治癒力と、環境に合わせてオルトモードのバージョンアップを行える適応力は特筆すべき物がある。機械ゆえ、それに基づく耐久力と修復力を持ち、有機生命体では耐えられない環境に耐える事が可能なのだ。

また、新たな機械を再度スキャンすることにより、ボディのリフォーマットも行われるため蓄積されたダメージこそ程度によるがこの方法でボディの損傷を再生することも可能。

ただし再スキャンはトランスフォーマーにとっても日常的に行う動作ではないため、基本的に治療は機械の修理と同じようにそのための設備に頼っている。

ただし後年に有機体を取り込んだ新世代は自己再生能力まで備えており、自力で損傷を治すことも可能。


性別も雌雄が存在するが、有性生殖によって繁殖するかは不明。加えて、親子という概念はあまり見かけないが、兄弟・姉妹という概念はあり、そういった兄弟意識は同型個体間においてよく見られる。また、男女同士の恋愛といった感情も有する様子。


繁殖方法は媒体によって異なるうえ、同じ媒体でも複数の手段で生まれていることがある。

主に「初めからTFとして生まれた」者と「既存の機械がTFとしての生命を得た」者に大別される。

前者では他のTFに建造されるという形で生まれたテックボットや、無力な素体である「プロトフォーム」が外部装置からのスキャンデータをインストールされることでロボットモードとビーストモードを得て活動を開始するビースト戦士の他、『リベンジ』では液体に満たされた透明な卵の中のいる幼体の存在が描写された。

後者では主に「オールスパーク」と呼ばれる物体が絡み、これに接触した機械がオールスパークから流れ込んだエネルギーの影響を受けてTF化する。また少々変則的だが既存のTFの「パーソナルコンポーネント」(に相当する部位)を機械に組み込むことにより新たな肉体を得るという形で新生したコンバットロンのような例も存在する。

また、コミック版でも『セイバートロン星の製造プラントで身体を開発され、それにパーソナリティとなる精神プログラム(もしくは後述する『スパーク』)をインストールされ、新たなTFとして生み出される』という描写・設定がある。

生まれた個体も、「知識・技術を有し、成熟した精神を持つ個体」として生じた者も居れば、人間の子供と同じく「知識や技術を持たず、幼い精神を持った個体」として生まれ落ちた者もいる。後者の場合、人間他知的生命体同様に、年長者から色々と学び、成長して成熟する事が可能。


彼らの主な活動の源は「エネルゴン(エナージョン)」と呼ばれるエネルギー。

通常はキューブ状で、光り輝いている。摂取する際は、キューブから飲んだり、圧縮した小さな塊を口から摂取したりする他、給油口から注入する事もある。

宇宙中の惑星に偏在しているようで、彼らはそのエネルゴンを探して各惑星を頻繁に探索している。このエネルゴンが枯渇すると成長や身体の維持に支障をきたし、時間をかけてゆっくりと老朽化(金属パーツの劣化や誤作動)し、最後には機能停止してしまう。逆にエネルゴンがあれば延命や蘇生なども可能なようだ。

エネルゴン自体は、既存の物体からも精製する事が可能。劇中では石油から直接キューブを作り出し、貯蔵していた様子があった。

また、エネルゴンは通貨としても用いられており、コミックでは袖の下の賄賂として小さな岩石状のエネルゴンをやり取りする事もあった。


「スパーク」と呼ばれる魂や心臓の役割をする光体(プラズマ球?)を身体に宿しており、これを破壊ないしは消滅させられると完全に絶命してしまう。逆にこのスパークが無事ならばそれを別の身体に移し替えたり、身体を修復して膨大なエネルギーを与えるなどして復活させることも可能である。中にはスパークだけの状態で活動するなど特殊な存在もいる。


名称について

日本語版ではかつて、原語版とは異なる名称が多く使われていた。例えば軍勢の名前もオートボットディセプティコンではなく、サイバトロンデストロンであった。


これらの名前が変更されたのは、日本人に親しみやすくさせるためであり、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の一部のキャラクターはオプティマス・プライム⇒コンボイのように玩具の流用元となった『ダイアクロン』に因んだ名称に変更されている。


しかし、口パクなどが合わなくなるという弊害を生んだことから、日本語版においてはこの点を役職とセットで呼ぶことで穴を埋めるというアクロバティックな手法も取られた。なお、あくまで呼称が変更されているだけで、作画上においては普通に英語名が使われていた。


主な映像作品

G1

ビーストウォーズ

マイクロン三部作

プライム世界関連

その他のアニメ

実写映画シリーズ


その他の商業展開

MARVEL

  • The Transformers: The Movie
  • G.I.Joe and The Transformers(G.I.ジョーとのクロスオーバー)
  • The Transformers Universe
  • The Transformers: Headmasters

IDW

コンシューマゲーム

スマホゲーム

漫画など非映像作品

玩具のみ


公式コラボ

他の作品・商品・企業とのコラボレーションも地味ながら行われており、発売される玩具は既存品の色替えはもちろんだが、時に一から新規開発されることもある。以下、予想外なものに絞って挙げていく。


ガリガリ君

赤城乳業とタカラトミーとのコラボレーションにより商品化された「ガリロボ君」が2012年6月30日に発売。アイスバーからガリガリ君に変形し、上顎を動かすと「ガリガリ」と鳴るギミックがあり、実際の「ガリガリ君」のパッケージを模した袋に収納することも可能。また、『トランスフォーマープライム』版オプティマスプライムと握手するイラストも書き起こされた。


コラボレーションに関する赤城乳業のサイトの記事


新世紀エヴァンゲリオン

EVA初号機の色にリカラーされたマスターピース版コンボイが発売。小説ではスタースクリーム使徒に憑依するという驚きの展開もある。


パンティ&ストッキングwithガーターベルト

第12話「トランスホーム」(公式が病気


Splatoon

北米版限定。第4回のフェスお題に登場。サイバトロンorデストロンのどちらかに投票し、投票したチームに所属して戦う事になる。どういうわけか日本版ではフェスのお題が異なるのだが…簡単な詳細は下記のリンク記事を参照して頂きたい。


「スプラトゥーン」が北米で「トランスフォーマー」とのコラボフェス開催 日本のファンからうらやむ声が続出(ねとらぼ)


マジンガーZ

様々な事情により決して交わることのなかった2大ロボットアニメをクロスオーバーさせたマジンガーZ対トランスフォーマーのコミックがヴィレッジブックスより2019年3月28日に発売。内容については当該記事を参照。


ハリウッド映画

ハズブロ主導のもと、『ゴーストバスターズ』、『バックトゥザフューチャー』、『トップガン』などの往年の名作映画に登場するビークルをベースにした変形玩具が2019年より続々とリリースされた。


余談

  • 日本への導入当初の仮タイトルは『変身戦隊トランスフォーマー』
  • 機動戦士Ζガンダム』に変形するモビルスーツが多く登場したのは、『超時空要塞マクロス』に加え本シリーズに対抗したとも噂される。
  • 金属生命体をモチーフとし、日本で発祥したが海外で隆盛したのは『ゾイド』シリーズにも共通する。
  • 上記にもあるように、別媒体での作品が存在しているが、トランスフォーマーはあくまでも「玩具」が先にありきのコンテンツである。アニメや実写映画、コミック、ゲームなどは二次的な存在であり、ある意味「玩具で遊ぶためのイメージ補佐」的な存在とも言える。
  • 史上最初にコミカライズを行ったのは、Marvel comicsだが、当初はコミック内のユニバースと同一世界観としていたため、初期話にはスパイダーマンと共演していた参照1参照2
  • 他に、ユニバース内のシールドが「ゴジラと戦った後のフューリー」とともに登場したり、劇中の登場人物たちがラジオで「ダズラー(X-MENに登場するミュータントの歌手)」の歌を聞いている、といったシチュが描かれた。しかしコミックが展開していくにつれ、これらの設定は立ち消えになる。
  • 後にトランスフォーマーは、正式にマーベルのアベンジャーズとクロスオーバー。「トランスフォーマーvsアベンジャーズ」というミニシリーズを発刊する。
  • また、トランスフォーマーの玩具でも「マーベルのヒーローたちがTFになる」というクロスオーバーが為された。
  • この玩具のクロスオーバーはマーベルヒーロー以外でも頻繁に行われており、上記の通り、様々な作品で行われている。中には「スターウォーズ」の各宇宙船などに変形するという製品も、ハズブロから出ていた。

関連イラスト

  • 四季・季節の行事

メガ様一家の端午の節句TFまとめ③

秋色ウィンドブレードゆきやまイスター

  • 食べ物

プロールVSカレーうどん【4】

デミグラスオムライスに乗せられるパーセプターTFまとめ

G1 Style ShatterブラックアウトとバリケードがG1に出るようですスコーン(G1風)Titans Return Override

Transformers movie 4 ドリフト創作ラチェットもしもパワーオブザプライムにジョイントロンが参戦したら

  • その他

TFワンドロまとめ8集合!

TFKアンソロジー告知イラスト羨望

関連イラスト(ネタ)

加藤チャーハッピーターン

オフトーン「麺喰らったのも無理はない!」

  • 擬獣化

スチールジョー▽・w・▽親子きゅー

とり・ちぇん:裏メニューハムンス🐹フォーマー2010①

初代TF詰め中のひとネタ刑事コロンボやりまーす!Fate/Galaxy Force(FGF)

Twitterラクガキまとめ

  • ネットのトレンドや定番ネタ

センシティブな作品強いられるスタスクストロングアームちゃん今日のTFAまとめ

例の萌えないアレセンシティブな作品エキサイティングたわわチャレンジ【百合】セクシーなの?キュートなの?

放して、スパークプラグ!!意思のあるパトレイバー超ロボ英雄伝スパイクこれが拙者のスタンドでござる!!

空を自由に飛びたいな「聖夜戦略ー!」イカ娘 …?ヘリとサソリさん詰め合わせ

  • その他

蚊METOR ALART

一括配送して貰った結果がkonozama【TF】Drag&Drop On Your Desktop

関連イラスト(玩具関係)

  • 玩具のみ(≒アニメ未登場)のキャラクター

【Commission】ウルファング(ハウリンガー)ばんざい

ブレイクアウェイレスキューフォースつめ

  • キャラ名はともかく玩具がマイナー

プロール(サイバーバタリオン)殻付きスタースクリーム

オプティマスプライムUniverse Blaster

関連イラスト(コラボ)

All Hail Starscream先輩はどっちだ

Bubble-bees!

  • モチーフや外見などに共通点あり

にゃんにゃんにゃん!丑年なので

TFの合体&巨大ロボを(知っている範囲で)描いてみたそこの魅力的な赤いボディの車さん達~!

New Iacon HeroesMetroplex City x Titan未知との遭遇Fire Bomber x Transformers

MLP TF Power teamせまりくるメガトロンからバンブルビーを護る花畑よしこ情人節快樂!PUIPUI&TF


関連タグ

設定

マトリクス セイバートロン星 エネルゴン ヘッドマスター プリテンダー マイクロン


善と悪

国内海外(G1など)海外(ビーストウォーズ)
サイバトロンオートボットマクシマルズ
デストロンディセプティコンプレダコンズ / ヴィーコンズ

グループ名


その他


TF擬人化 ←擬人化用タグ

TF幼児化 ←幼児化用タグ

TF腐向け ←腐向け用タグ

変形金剛


他の記事言語

Transformers


外部リンク

タカラトミー公式サイト

関連記事

親記事

タカラトミー たからとみー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88622012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました