ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テラーコン

てらーこん

テラーコンとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場する勢力の一つである。敵勢力という共通点こそあれどその設定は作品によって大きく異なる。メインイラストは実写映画のもの。
目次[非表示]

G1

英語圏におけるデストロンテラートロン部隊の名称(Terrorcons)。それぞれ怪獣にトランスフォームする野蛮なスクランブル合体兵士たち。
詳細は当該記事を参照。

トランスフォーマースーパーリンク

シャドウホーク


アルファQユニクロンの力を使って誕生させる戦闘員
かつてユニクロンに捕食されたアルファQの故郷の惑星の住人をエネルゴンの力で強制的に復活させたものであり、テラーコンのリーダーであるメガザラックの命令には忠実。
後にユニクロンを制圧したガルバトロンの手によっても生み出され、デストロンの戦闘員として活動することとなった。

サイバトロンオムニコン達同様に精製前のエネルゴンに触れてもダメージを受けることがなく、このエネルゴンをデストロン用に加工したエネルゴンウェポンやエネルゴンスターを製造し、デストロンに提供している。
精製を工具で施すオムニコンとは違い体内に取り込みその場で精製するため手間をかけない一方、許容量が存在するという短所も持ち合わせている。
液体状のスーパーエネルゴンも浸かることでその性質をデストロンに合うものに変化させることが可能だが、そちらも耐えきれず果てる個体が出てくる。
なおあくまで耐えられるのは精製前のエネルゴンであり、サイバトロン用に加工されたエネルゴンを用いたエネルゴングリッド(バリア)などの兵器は他のデストロン同様に有効。

雑兵・量産兵としての使い回しとしての扱いで簡易化されたのか或いは人格まで再現は出来なかったのか回想ではロボットモードで普通に戦闘していたのだが、劇中では人語は話さずほとんどロボットモードにもならない野性的な存在であり、その上通常の射撃を一、二発喰らっただけで木っ端微塵になる低い耐久力の傾向にある(それでもモブである戦闘力の低いトランスフォーマー(オムニコン含)のタイマンでは食い殺すことができてしまったケースがあり個体差はあれ決して動く的程度の存在ではない)。また、

一方で動物的ではあるが負傷で怯えて回復剤としてのエネルゴンスターをもらうとそれ以上危害を加えず引き下がったり、メガザラックを彼の指示を無視してまで助けようとしたことがあり、理性や心がないわけではない模様。

メンバー

破壊員コマンドジャガー

ジャガー変形する。
強力な嗅覚を利用してエネルゴンのありかを嗅ぎ付け、奪い取る。武器は背中のエナジーライフルと尻尾のハンマー。
アルファQが使用する茶色い体色のデザートジャガーというバリエーションも存在する。
原語版ではバトルラヴィッジという名前。

偵察員シャドウホーク

に変形する。
飛行能力を持たないコマンドジャガーを目的地に輸送し、自身も空中からの攻撃を得意としている。
武器はエナジーライデンというブーメラン。アルファQが使用する青い体色のコスモタイプというバリエーションも存在する。
原語版ではダイブボムという名前。

強襲員ダイノボット

CV:チョー
ヴェロキラプトルタイプの恐竜に変形する。
卵型のポッドの中から出現し、尻尾に収納するエナジーブレードを武器にしている。
劇中には登場していないが、赤い体色のマグマタイプがリカラー品として発売されていた。
原語版ではクルールロックという名前。

工作員クロムホーン

カブトムシに変形する。
シャドウホーク同様飛行能力を持っており、ドリル状のエナジートルネードを武器としビーストモードはこれを装着してヘラクレスオオカブトのような形態になれる。
劇中には登場していないが、緑の体色のフォレストタイプがリカラー品として発売されていた。
原語版ではインセクティコンという名前。

トランスフォーマープライム

【破損注意】I'm not


ユニクロンの血液が凝固した「ダークエネルゴン」を投与されたトランスフォーマーの亡骸、もしくは機械が動き出したもの。平たく言えばゾンビである。
生前の自我はないが生命反応を復活させ、生きたまま状態で投与し適応に成功するとテラーコンに対する支配権を得られる。
メガトロンはこれを利用し、サイバトロン星に眠る戦死者達をテラーコン軍団として蘇らせ、スペースブリッジを通じて地球に送り込むことを画策していた。

主な被検体

テラーコンクリフジャンパー

第1話の冒頭でスタースクリームに殺されたクリフジャンパーがその死体にダークエネルゴンを注入されたことで誕生した。
しかしまだメガトロン自身がダークエネルゴンを取り込む前だったため、その凶暴さは手に負えず処分され、最終的にエネルゴン鉱山の爆発に巻き込まれて消滅した。

テラーコンスカイクエイク

ドレッドウィングの双子の弟スカイクエイクバンブルビーに倒された後、スタースクリームによってダークエネルゴンを注入されたことで誕生したが、直後に発生したグランドブリッジの異常動作に巻き込まれ、異次元に取り残されてしまった。

テラーコンサイラスブレークダウン

ビーストハンターズ』(日本未放映)に登場。
実験動物として捕らえられていたサイラスブレークダウンがスタースクリームに指示されたノックアウトによって合成エネルゴンに引き続きダークエネルゴンを注入させられ、素体であるブレークダウンが死体であったことからテラーコン化した。
サイラスの自我も飲み込んだ暴走状態になり、拘束具を破壊して逃走。合成エネルゴンが混合したためメガトロンの支配下にも置けず口から触手を伸ばしてエネルゴンを吸い取る等吸血鬼のような姿になってしまい、他のテラーコンには見られなかった強力な感染力を以て何体ものビーコンをもテラーコン化させネメシス艦内をパンデミック状態に陥れた。
エネルゴン目当てでエアラクニッドが封印されていたポッドを壊したことで解放してしまい、中のサイラス共々殺害された。

テラーコンエアラクニッド

『ビーストハンターズ』に登場。
メガトロンに復讐しようとしたものの、サウンドウェーブの手によってサイバトロン星の月に飛ばされたエアラクニッドが、テラーコン化したブレークダウンに噛みつかれた事が原因でテラーコン化した姿。

テラーコンプレダコン

『プレダコン・ライジング』(日本未放映)に登場。
ユニクロンが手駒としてサイバトロン星の古代生物プレダコンの化石をゾンビ化したもの。

テラーコンバンブルビー

本編には登場しない玩具独自のテラーコン。
発掘現場で武器(テラーコンゾリ)を見つけたバンブルビーは、それがノックアウトの罠とも知らずに好奇心から手にした事でテラーコンゾリの分泌するダークエネルゴンによって凶暴化したという設定。
玩具は2013年8月にイオンにて限定販売された。

実写映画シリーズ

テラーコンズ三銃士


2023年公開の第7作『ビースト覚醒』にて登場する新勢力。ユニクロンの眷属で、同作ではディセプティコンに代わる敵勢力となる。
エンブレムは他の陣営とは別のもので、リーダーのスカージはそのエンブレムを模した仮面を付けている。
メンバーの共通点として、ボディの一部に錆びが見られるのが特徴。
また、ユニクロンから惑星を喰らう際に得る「暗黒エネルギー」を分け与えられ、普通のトランスフォーマーよりもパワーアップしている。
実写シリーズでは初となるユニクロンズ・スポーン
主であるユニクロンが惑星喰らう際、その惑星に目当ての物があると、それを手に入れるために送り込まれる。
本編ではその目当てのある物を隠された地球に襲来、オートボット・マクシマルの連合と激突する。

メンバー

スカージ(画像中央)

テラーコンのリーダー。
林業用のピータービルド359トレーラーに変形する。
ユニクロンの力により左腕のクローアームなど、全身の武装の強化を受けている。

ナイトバード(画像右側)

テラーコンの女性忍者。
漆黒のスカイラインGT-R・BCNR33に変形する。
ユニクロンの力により飛行能力を入手したと思われる。

バトルトラップ(画像左側)

テラーコンのエリート偵察者であり用心棒。
ブラッドオレンジと黒のレッカー車仕様のGMC・トップキックに変形する。
ユニクロンの力により自身を破壊行為に特化したボディにカスタムしている。

スウィープス

スカージが猟犬の如く使役する小型の金属生命体。
この2体の他にも終盤には大量のスウィープスが登場。
一体一体は弱いが、数の暴力でオートボット・テラーコンの連合を苦しめた。

余談だが、公式のイラストではトランジットがテラーコンの一員のようになっているが、彼はディセプティコンである(そもそも登場シーンがばっさりカットされており本編に登場すらしていないが)。

関連項目

トランスフォーマー ディセプティコン テラートロン 
トランスフォーマープライム ゾンビ エネルゴン
実写TF ビースト覚醒 スカージ 
ユニクロン ユニクロンズ・スポーン

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43911

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました