ピクシブ百科事典

ビーストハンターズ

びーすとはんたーず

『トランスフォーマープライム・ビーストハンターズ』とは、アニメ『トランスフォーマープライム』の第3シーズンにあたるシリーズである。
目次[非表示]

概要

アニメ『トランスフォーマープライム』第二シーズンのその後を描いた第三シーズン。新たなオートボットの登場やサイバトロン星の古代生物プレダコンとの戦いを描く。アメリカでは2013年3月22日から放送された。

全12話のテレビシリーズに加え、完結編となるOVA『プレダコン・ライジング』が2013年10月に発売されたのを最後に『トランスフォーマープライム』シリーズは完結している。本来は全16話の予定だったが、視聴率の低迷により早々に打ち切られ、OVAとして展開された。

日本ではアニメが公開されなかったものの、同シリーズの一部の玩具を流用し、日本独自の新たなストーリーやキャラクターを加えた『参乗合体トランスフォーマーGo!』が展開されたが、世界観は本作とは異なるパラレルワールドの出来事となっている。

玩具

本作から初登場したプレダコンやアニメに登場しないエイペックスアーマーなどの大型商品の他、前作から続投しているキャラクターの玩具は既発売品の一部のパーツを変更したものが発売され、マーブリングのような模様が施されている。パーツの変更により外観も刺々しいものとなったが、劇中で玩具と同じデザインをしているのはオプティマスのみであり、他のキャラクターは前作のデザインのままでの登場となった。

ストーリー

ディセプティコンの総攻撃でオートボットの基地「オメガワン」は破壊され、リーダーであるオプティマス・プライムも瀕死の重傷を負ってしまった。だがオプティマスはスモークスクリーンの尽力で新たなボディを獲得し、ディセプティコンへの反撃を開始する。

追い詰められたディセプティコンは戦死したと思われていたショックウェーブと合流し、サイバトロン星の古代生物「プレダコン」の復活を企んだ。これを阻止するため、オートボットはディセプティコンと化石争奪戦を展開する。

登場キャラクター

オートボット

ディセプティコンによる総攻撃により瀕死の重傷を負っていたが、スモークスクリーンによって蘇生し、より戦闘的なボディを得た。プレダコン復活計画を阻止すると共に、宿敵メガトロンとの因縁にも決着をつけた。後の『プレダコン・ライジング』では最終的に『ビーストマシーンズ』のように、オールスパークと共にプライマスと一体化した。

ビークルモードのカラーリングを黒を基準としたものに変え、ラフと共に逃走していたが、再起を狙ってラチェットに接触していた。最終話でメガトロンに殺害されるが、落ちた場所がオメガロックの中だったために蘇生。更には発声機能を取り戻し、メガトロンをマトリクスセイバーで貫き復讐を果たした。『プレダコン・ライジング』ではリーダーシップを発揮する。

絶望的な状況に戦意を喪失し、廃車置場にてスリープモードに入ろうとしていたが、ラフ達の説得を受け再起する。終盤、オメガロック再生のためにかつて彼が完成させた合成エネルゴンが必要不可欠だと判明し、ディセプティコンに拉致されるも、結果としてサイバトロン星の蘇生に大きく貢献。最後は地球に残留することを決意した。

ジャックと共に逃走していたが、ウルトラマグナスに助けられ行動を共にする。自身の経験から、ホイルジャックを諭したりした。

「オメガワン」陥落後はミコと共に逃走し、ホイルジャック達と合流を果たす。レッカーズ再結成の際はホイルジャックとウルトラマグナスの不仲に頭を悩ませていたが、ミコとアーシーの助力や、二人の成長によって改善された。最後はミコに別れを告げ、サイバトロン星に帰還する。

オートボットの精鋭部隊レッカーズのメンバー。ディセプティコンによる「オメガワン」攻略戦の最中に愛機のスターハンマーを撃墜されたが、彼自身は生き延びていた。その後ディセプティコンに捕まり処刑されそうになるも機転を利かせて脱出。レッカーズ解散の原因となったウルトラマグナスとは険悪な仲だったが、アーシーに諭された後は若干丸くなり、互いを認め合う仲になった。

かつてはアルファトライオンの警護を受け持っていたエリートガードの一人。「オメガワン」陥落後は瓦礫の中からオプティマスを救出し看護していた。オプティマスに後継者として選ばれるが、彼の死を認められずソラスプライムハンマーの力で彼を復活させ、ディセプティコンの野望を防ぐのに大きく貢献した。

今作から登場するレッカーズのリーダー。正義感は強いが、その堅物な軍人気質ゆえにチームの瓦解を招き、ホイルジャックからは嫌われている。「家族」という概念を学んでからは性格も丸くなり、再びレッカーズ達をまとめ上げた。

ディセプティコン

ディセプティコンのリーダー。それまではオートボットに対し優位に立っていたが、オプティマス復帰後は負けることも多くなり、使えない部下に終始イライラしている。最後はバンブルビーに倒され、その肉体をユニクロンに利用される。

敵味方双方を煙に巻き、本作では今まで以上に愚か者となったが、本作ではメガトロンが倒されたことに激昂するなど彼らしからぬ一面も見せている。

忠臣。一時はオートボットの人質になったが、逆にラチェットを人質にして脱出。この際何気に地声で喋っている。冒頭ではレーザービークが破壊されかけるシーンがあったが、玩具のようにラヴィッジに代わることはなかった。最終話ではグランドブリッジを利用した戦法が仇となり、ジャック・ラフ・ミコの作戦に嵌ってスカイクエイクのように異空間に飛ばされてしまった。

スタースクリームの怠慢により勝手に戦死扱いにされていたが、実際はサイバトロン星にてプレダコンの研究をしていた。本作では本隊に合流し、頼りない愚か者に代わって実質的な副官となる。

相変わらずの日和見主義者。最終的にはちゃっかりオートボットに鞍替えする。

(CV:クランシー・ブラウン)
テロリスト集団・メックのリーダー、サイラスがウォーブレークダウンの遺体を自らのボディとして人機一体となった姿。ディセプティコンに取り入る彼の目論見は崩れ、その後はメディックノックアウトが回収した合成エネルゴンの実験台にされていたが、スタースクリームによってダークエネルゴンまで注入され、完全にテラーコンと化した。

前シーズンの終盤でポッドに閉じ込めていたが、テラーコン化したサイラスブレークダウンがポッドを壊したことで蘇生。インセクティコンを再び洗脳してメガトロンに復讐しようとしたが、またしてもサウンドウェーブに阻まれ、サイバトロン星の衛星に飛ばされた。更にサイラスブレークダウンに噛まれたことでテラーコン化し、故郷にも帰れずただインセクティコンを貪り続けるだけの化物となる末路を迎えた。


関連タグ

トランスフォーマープライム プレダコン

関連記事

親記事

トランスフォーマープライム とらんすふぉーまーぷらいむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ビーストハンターズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ビーストハンターズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61249

コメント