ピクシブ百科事典

プレダキング

ぷれだきんぐ

デストロンに所属する猛獣部隊「アニマトロン」兵士が合体した姿。 また、プライムの最終シーズン「ビーストハンターズ」に登場するトランスフォーマー。
目次[非表示]

G1(2010)

Predaking/プレダキング


アニマトロン部隊の参謀レーザークロー(部隊のリーダー)、空中攻撃兵ダイブボム、地上攻撃兵ヘッドストロング、補給兵タントラム、砲兵ラムページの5体が合体してできる巨重合体兵。最初はクインテッサ星人が送り込んできた刺客であり、後にデストロン軍団の一員となる。

野獣の本能と機敏さ、パワーを持つ。背中にあるダイムウイングの使用により飛行する。武器は「フォトンサーベル」「ソニックブレード」、右腕の「電光ライフル」。足を振り上げて起こす竜巻「フットハリケーン」である。

その後も『ヘッドマスターズ』でライデンと戦ったりしていた(設定上ライバル関係にある為)が、ブランカーに噛ませにされることもあった。

プレダキング


Z』ではバイオレンジャイガー麾下の九大魔将軍の一人、野獣将軍として登場。
逃走するところを哀れダイアトラス真っ二つにされたトルネドロンから分離して逃げようとする程度の知能はあったのが普通に話せるようになって何故か片言のダイナザウラーとコントを演じてゾディアックを渡した結果。合体状態のまま斬られてこの辺が滅茶苦茶。
しかもその頃には顔がボンバーマンのような顔であると言われることも。

プライム(ビーストハンターズ)

※以下、海外展開ビーストハンターズのネタばれ注意※




beast hunters
TFP Predaking


CV: ピーター・メンサー
サイバトロン星の古生物「プレダコン」の一体として登場。本作では合体兵士ではなく、単体の巨大なドラゴンに変形する。プレダキングの名は「プレダコンを率いる者」という意味を込めて自ら名乗ったものである。

サイバトロン星に取り残され留守番中のショックウェーブにより化石の中に含まれていたCyberNuclearAcid(有機生命体におけるDNAに相当するもの)から生み出された。実写版でも巨大生物兵器「ドリラー」を使役していたので、その辺りからのネタなのかもしれない。

非常に高い戦闘力を持ち、ホイルジャックのグレネード攻撃にもあっさり耐えきり、レッカーズ3名を同時に相手取って互角以上の勝負を繰り広げ、メガトロンですら凌駕するほどの実力を誇る。
武器は口腔からのブレスと、両腕を変形させたブラスター。また身体能力自体が怪物染みており、激昂した際はウルトラマグナスホイルジャックを一方的に叩きのめし、パワーアップしたオプティマスプライムですら苦戦を強いられた。

序盤こそロボットモードを持たなかったがその時点で既に明確な自我を持っており、ロボットモードに変形するようになってからもこれから生まれてくる同族の存在を楽しみにしており、「これから生まれてくるプレダコン達の面倒を見させてほしい」とメガトロンに懇願するなど、同族思いな性格を見せている。
「下等生物」として苛めて躾けようとするスタースクリームには反感こそ見せていたものの、メガトロンや創造主であるショックウェーブに対しても敵対心を抱いていたわけではなかった。

しかし予想を超えて進化を遂げてゆくプレダキングをメガトロンは危険視するようになり、プレダコン計画の破棄を決定。策略でオートボットを嗾けられ、培養中のプレダコンをすべて抹殺されてしまう。(とはいえ上記のとおり、プレダキングはプレダコン達のリーダーになる意志はあったもののメガトロンに対して敵対心を抱いていたわけではない為、この危惧は完全に杞憂であった)。
メガトロンの策略にまんまと嵌り、オートボットへの憎悪を煽られ戦いに赴くプレダキングであったが、ディセプティコンの捕虜となっていたラチェットの発言から上記の真実を推察し、復讐の対象をメガトロンへ転換するようになる。

「被造物が造物主の予想を超えて暴走してゆく」という展開はフランケンシュタインの怪物やジュラシック・パーククローン恐竜を思わせる。

ビーストモードはドラゴンだが、顎などはこいつに似ている。ロボットモードではすでに発売されていた玩具よりも顔のシワが少ない。オレンジを基調としたカラーリングは初代プレダキングを髣髴とさせる。


プライム(プレダコン・ライジング)

※以下は完結編のプレダコン・ライジングのネタバレも含まれます※


無抵抗な同族を殺したオートボットへの憎悪は消えないままではあったがユニクロンという新たなる脅威に直面し、本作では遂に共闘する事になる。

同族への思い入れはなお強く、再生を遂げたサイバトロン星に到達してからはプレダコン達の化石が密集する墓場ボーンベッドを守る生活を送っていた。

しかしバンブルビー率いるオートボット達から新たな同族「スカイリンクス」と「ダークスティール」の存在を知らされ、協力を拒みつつも独自に捜索していたところ、メガトロンのボディを乗っ取ったユニクロンと遭遇。敗北したばかりか、同族の亡骸をテラーコンとして利用されてしまう。
奴隷化された同族達を解放すべく、ダークスティールとスカイリンクスを実力でねじ伏せてリーダーとなり、サイバトロン星のコアへ迫るテラーコン達と死闘を繰り広げた。


プライム(Go!)

CV:上田燿司
一方日本オリジナルアニメ『参乗合体トランスフォーマーGo!』では悪鬼大帝「ドラゴトロン」として登場。玩具展開のストーリーではオプティマスプライムらオートボットとレジェンディスクの力によって富士山のような場所に封印される。しかし、通りかかった登山客の子供の投げた石ころで同時に封印されたプレダコン四鬼衆が復活し、ドラゴトロンの完全復活をもくろんでいた…が、侍編4話で突如マグマのエネルギーを帯びて復活。グレンドラゴトロンとなった。
武器は目からのビーム砲、グレンドラゴトロンの方の玩具にも付属する連射式のミサイルランチャー。四鬼衆から慕われてはいるものの、四鬼衆筆頭のブドーラはこのまま眠ってたら代わりに宇宙を征服するとの発言を残しているが…?

プレダキングとドラゴトロンの違い

前述のテレビ版デザインのプレダキングに対しドラゴトロンは玩具の顔をモデルにしている。
性格は悪鬼大帝とはいうものの、プライムのプレダキングは悪鬼というほど悪い奴でもなかったりする。
『ビーストハンターズ』と『参乗合体』では時系列的に矛盾が発生してしまうが、TFではよくあることなので気にしないのが吉。
あえて整合性をとるならば、『ビーストハンターズ』では「過去において多くのプレダコンが地球に送り込まれていた」という経緯が明かされているので、ドラゴトロンとプレダキングは同型の別人か、同じ標本をベースにした別個体と考えるのが妥当であろう。


関連タグ

アニマトロン プレダコン プライム クローン

pixivに投稿された作品 pixivで「プレダキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42992

コメント