ピクシブ百科事典

レーザーウェーブ

れーざーうぇーぶ

レーザーウェーブとは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター・ショックウェーブのG1日本版表記。
目次[非表示]

CV:島香裕コーリー・バートン(英語版)

概要

原語版の名称はショックウェーブ。その他の個体についてはそちらを参照。

レーザーガン(ただし後述するような特徴からするに、スペースジェットの一種のような気もする)に変形する防衛参謀。主にセイバートロン星にいる。

エネルギー探索に旅立ったメガトロンから、セイバートロン星に待機するデストロンの指揮とサイバトロンの殲滅を任されたほどの実力者で、メガトロン不在のセイバートロン星では独裁者として君臨した。
「軽率な行動の前に、明確な思考を先んじろ」という彼のモットーのとおり、論理性に偏重した極めて非人間的な性格をしており、セイバートロン星防衛の為にガードボット(SentinelGuard)を開発して配備した他、メガトロンの命令でスペースブリッジやタイムマシンの開発を行なうなど、デストロンにおける技術開発にも携わっている。

と、書くと、何やら非常に物騒な人物のように思われるが、実際はそうでもない。
その実態はメガトロンを敬愛し、その理想を叶える事を己の信条とする忠臣の中の忠臣である。
なのでメガトロンに「留守番していろ」と言われ、彼が帰ってくるまでの四百万年間言われたとおりにセイバートロン星で主君の帰りを待ち続けていたすごい人。
普通そんな長い間帰ってこなかったら自分がリーダーになろうとしたり、他の方策を思案するものだろうが、彼は律儀にもエネルギーが切れかけの状態でも素直に主君を待っていた。
そのあまりの忠誠心から、メガトロンに「理想的な戦士」と言われる。

上記の留守番話からネタ的に「留守番参謀」、または体格から「爆乳参謀」と称される事もある。
ガンモードへの変形後も空中に浮遊し自力で発砲出来る。しかし、誰かに引き金を引かれると自分の意思とは関係なく発砲してしまう。
玩具ではロボットモードとガンモードの中間形態も存在するが、ガンモードから腕を出しただけの中途半端な形態のせいかアニメには未登場。
自身の変形対象によく似た光線銃を使用する場合もある。

レーザーガンの威力は強力であるが、基本的に戦闘ではあまり見せ場が無く、前述の通りいつもセイバートロン星にいる為、セイバートロン星が舞台になった話くらいでしか出てこない。
地球にやってきたシーンもある事はあるが、恒例の作画ミスらしく戦闘シーンは描かれていない。
『ザ・ムービー』のプロットではユニクロンの攻撃によって戦死する予定だったが、実際の映像にはそのシーン自体が無く、『2010』にも登場しない為、ファンの間ではいつの間にかいなくなっているという扱いである。

プレイステーション2用ゲームソフトでは『2010』の時代でも生存はしているが、ガルバトロンへの不信感を募らせ反乱を起こすという役どころとなっていた。

スカイファイアー同様、モチーフが他社製の玩具(トイコー社製アストロマグナム)となっている為、玩具ではリバイバルされにくい。

アメコミ

マーベルコミックス版では「合理性こそ全て」との信念からデストロンのリーダーに成り代わろうとする極悪人であり、アニメとのギャップが凄まじく、スタースクリーム以上の野心家として有名。
留守番中のサイバトロンたちを強襲したり、アニマトロンをけしかけてメガトロンを殺したり、首だけにされたりとなかなかのはっちゃけぶりである。

後に出版されたIDW版コミックでは衝撃の展開となっている。(以下、ネタバレ注意






shockwave


大戦が起こる前、レーザーウェーブは正義感あふれる上院議員であり、同じ上院議員であったダイアトラスや若き警察官であったオライオンパックスとは友人であった。だが彼を快く思わない差別主義的な上院議員たちの策略で反逆罪に問われ、ロボトミー手術の刑に処されて今の姿になり、論理のみに従うように感情を奪われてしまった。その後、かつて科学者として合体戦士の研究をしていたことからメガトロンにディセプティコンに勧誘され、「セイバートロン星のためになる」という論理に基づきディセプティコンに加入した。
サウンドウェーブからは初めてマインドスキャンしても何も感じられなかったという理由から、今でも信用されていない。

関連項目

G1 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー ショックウェーブ

pixivに投稿された作品 pixivで「レーザーウェーブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 727435

コメント