ピクシブ百科事典

ビルドロン

びるどろん

『トランスフォーマー』シリーズに登場する部隊・グループの一つ。
目次[非表示]

概要

建設車両変形するデストロンディセプティコン)の陸上部隊で、彼らを総称して「ビルドロン師団」と呼ばれる事もある。6体が合体すると巨人兵デバスターとなる。
北米を中心とした英語圏での呼称は、部隊名がコンストラクティコンズ(Constructicons)、合体形態がデバステーター

初登場はシーズン1の最終回で、「地球のデストロン臨時基地で開発した」とメガトロンは発言しているが、シーズン2では「元はオメガスプリーム友人で善良な性格だったが、メガトロンに洗脳された」というエピソードが描かれた。海外ではこれを根拠に「シーズン1と2はパラレルワールド」と主張するファンも存在する。

主な任務は秘密基地や新兵器の開発。パワーと機動力を兼ね備えた部隊であり、基地建設、破壊活動ともに優れ、共同作業も多いため結束も固い。
しかし、『2010』で、惑星ジャールで軍団一斉に落ちぶれて暮らしていた時はエネルゴンキューブを奪い合ってエネルギーの無駄使いをしていた。またアストロトレイン が食べようとするとデバスターになったが、最初から合体状態で食べれば全員にエネルギーが行き渡ったのでは?と思える。サウンドウェーブが「ビルドロン皆、馬鹿バカリ」と言ったのもむべなるかなか。

オメガスプリームとの関係

ビルドロンは所属こそデストロンだが、セイバートロン星の優秀な都市建設技術者であり、彼らの築いた都市の一つに「クリスタルシティ」がある。このクリスタルシティはオメガスプリームによって警備されており、彼とビルドロンは親友同士であった。

しかし、彼らの友情はメガトロンが製作した自律洗脳装置「ロボスマッシャー」によって引き裂かれた。ロボスマッシャーによって洗脳されたビルドロンはメガトロンに忠実な破壊者となり、デバスターへの合体も可能となった。彼らは自分達が築いたクリスタルシティを廃墟に変えてしまい、更にに合体しデバスターとなってオメガスプリームに襲い掛かり、ロボスマッシャーにかけようとした。抵抗の末にオメガスプリームは辛くも洗脳を免れたが、感情の欠損という後遺症が残ってしまった。

なお、続編の『2010』で描写されたマトリクスの記録では、8体のビルドロンがメガトロンを開発しているシーンがある。上述の経歴との因果関係はもとより、そもそも彼ら自身の出生は不明なままである。

メンバー

輸送兵ロングハウル
CV江原正士
ダンプカーに変形。運搬担当で、建設作業などでは荷物の運搬を担うが、自分のポジションが気に入らないらしく、ダンプカーに生まれてきた事を嘆いたり、不満を口にすることも。
カーゴ部分にデバスターの腰アーマーを取り付ける事で「バトルミサイルダンプ」になる。
デバスターに合体する際、胴体に変形。
コンバイナーウォーズ版では合体する際のポジションのせいで皺寄せが来たらしく、仲間達が痩せぎすになったと見紛うほどにふくよかでありながら、頭部と腕部は肥大化していないという中々に歪な体格になってしまった。

建築兵スクラッパー
CV:石井敏郎
ホイールローダーに変形。一応部隊のリーダー格で設計に秀でているが、謙虚な性格である。
それ以外にも頭脳労働に携わっている。ビークル後部にデバスターの胸部ウイングを取り付ける事で
「ジェットウイングドーザー」になる。デバスターに合体する際、右脚に変形。
IDW版コミックではなんと途中で死亡してしまいその後釜に関する大騒動が起きている。スクープというキャラクターはその渦中に巻き込まれビルドロンと同じカラーにリペイントされてしまった。

衛生兵グレン
CV:塩屋翼
クレーン車に変形。精密作業が得意で、その腕前はあのホイルジャックからも感心されている。トランスフォーマーに使われる回路だけでなく、それの千分の一のサイズの品も修理できる。
メガトロンからも信頼があり、報告も彼の役である場合が多い。
車体にデバスターの頭部ユニットを装着する事で「ダブルキャノンクレーン」になる。
デバスターに合体する際、頭部から胸部にかけての部分に変形。
英語圏ではフック(Hook)という名前だった。

偽装兵ミックスマスター
CV:島香裕
ミキサー車に変形。特殊作業担当で、を溶かしてを精製する事やの調合が可能。
デバスターのライフルを車体に付ける事で「ビッグバズーカミキサー車」になる。
デバスターに合体する際、左脚に変形。

採掘兵スカベンジャー

ビルドロン詰め合わセット1


CV:喜多川拓郎
装軌式ショベルカーに変形。採掘を担当する。
不運の持ち主で、デバスターに合体する際にダイノボットに隙を突かれて集中攻撃を受けたり、メカの不調の為にミックスマスターから修理を受けていたところをサイバトロンに見つかりメガトロンに怒られるなど、災難に遇う事が多い。
『ザ・ムービー』ではプロールを射殺している(初期プロットでは溶かして殺すはずだった)。
デバスターの右腕部をドリルに換装し、ビークル形態に装着する事で「ドリルミサイルショベル」となる。ショベルモードでのバケット部にはセンサーが内蔵されている。
デバスターに合体の際、右腕に変形。

破壊兵ボーンクラッシャー
CV:難波圭一
ブルドーザーに変形。スカベンジャーと同じく採掘を担当。
メンバーの中では好戦的な性格だが、泣き言を言うスカベンジャーを叱るなど他のメンバー同様仲間意識は強い。デバスターの左腕部をドリルに換装し、ビークル形態に装着する事で「ドリルミサイルドーザー」となる。
デバスターに合体する際、左腕に変形。

G1版の玩具

1980年代初期に旧タカラ(現:タカラトミー)より発売されていた『ダイアクロン』の『建設車ロボ』の仕様変更品で、放送当時は各メンバーの単品と6体セット仕様がそれぞれ発売されていたが、『ダイアクロン』版に付属していたジオラマセットは削除されている。

2011年11月26日には、タカラトミーより『トランスフォーマーアンコール』名義で6体セット仕様のビルドロンが復刻販売され、2013年1月26日にはデバスター頭部の造型をゴーグル状に改修し、各メンバーのカラーリングをアニメの仕様に近づけたアニメカラーVer.も発売されている。

2015年には合体戦士を現在の技術でリメイクした『コンバイナーウォーズ』にて発売された。合体後は45cm(このサイズはタイタンクラスと命名された)の大型商品となった。
合体後のサイズが旧玩具に比べ一回り以上大きく、それに合わせてビルドロン部隊各メンバーも大柄で、更に大部分が新規設計で他の合体戦士(兵士)との互換性が皆無でもあるせいか、商品としても高価である。
日本で発売された『ユナイトウォリアーズ』版では全体に渡って細かい改善が施されており、カラーリングがアニメ版により近くなった他、合体後は背中に各メンバーの武器を収納可能にし、目も差し替え無しでゴーグルかツインアイかを選べる親切仕様となった。

G1版の余談

  • ザ・ムービー』ではデバスター時は無敵と主張してから共同でリーダーになると言い出した。
  • 前述のオメガスプリームとは長きに渡る因縁があり、海外における商品展開では彼をライバルとして扱われていたが、日本では諸事情によりオメガスプリームの玩具が発売されなかったため、TVCM等ではダイノボット部隊がライバルとされた。
  • Z(ゾーン)』の後の、生死については明かされなかったが、『G2』で緑がオレンジに変更されたデバスターが発売された。
    • ほかにも2018年、『レジェンズ』のタカラトミーモール限定品「LG-EX ビッグパワード」の商品ページにて公開された販促コミックで、スクラッパーボーンクラッシャーがデストロン基地にいるのが確認できる。
  • IDW版コミックでは後述の理由で一時欠員が発生し合体不能に陥っていた。
  • 特救指令ソルブレイン』にはソルドーザーというロボットが登場する。建設車両モチーフの変形するロボットで、さらにデバスターと声優が同じ。
    • 所属組織の主な任務は、犯罪者の逮捕や人名救助なので、劇中の役回りはプロテクトボットに近い。


スーパーリンク

CV:飛田展男
スーパーリンク』では建設合体兵士ビルドロンという名前の合体戦士として登場。言うまでも無くデバスターに当たるキャラクターなのだが、その名前は前作の『マイクロン伝説』で既に使ってしまったのでこの名前になった。
アメリカを中心とした英語圏での名称はコンストラクティコンマキシマス(Constructicon Maximus)である。G1からメンバーが1人減っているが、各々が建築車両に変形し、手足を入れ替えたスクランブル合体が可能。

スカベンジャーは鉱山用パワーショベルに、スクラッパーとボーンクラッシャーはホイールローダーに、ロングハウルとグレンはクレーン車に変形する。
因みにスカベンジャー以外の手足を構成するメンバーは意志の無いドローンという設定である。

相棒のブルーティカスと共にスーパーエネルゴンの泉で眠っていたところをガルバトロンによって復活させられ、彼の部下となる。
最終決戦では、スペリオンによって動きを封じられたところにアフターバーナーの攻撃を受けてスカベンジャーが倒され、残った四体は手足を失ったスペリオンに利用され、ブルーティカスを倒すきっかけとなった。

シャッタードグラス

善悪反転世界を描いた『シャッタードグラス』では、善玉ディセプティコンに所属する。カラーリングは白赤で、プロテクトボットを連想させる。
どちらかというと後方支援が多く修理や戦闘が少ない地域での捜索が多い。また、取り敢えず全員名前は出ているがボーンクラッシャーのみ姿が描写されたことはなくデバスターに合体できるかどうかは不明。

シャッタードグラス世界に転送されSGオプティマス半殺しにされて投棄されたクリフジャンパーを、SGロングハウルとSGスクラッパーが発見回収。その後、基地に収容した後にSGスクラッパーとSGグレンが修理作業に入るのだが、様々な検査結果から回収してきたクリフが偶然生き返ったSGクリフジャンパーでもそのクローンでもなく、もしかすると異なる次元から来たクリフかもしれないと推測することになる。
いわばクリフがSGディセプティコンに身を寄せるきっかけを作ったキャラクター達である。

実写映画版

実写版2作目『リベンジ』に登場。部隊名が海外と同じくコンストラクティコンズ、さらに合体形態もデバステーターとなっている。詳しくはそちらを参照。

メンバーは2019年の玩具のラインナップによれば、ランページ、スクラップメタル、ロングハウル、ハイタワー、ミックスマスター、スクラッパー、オーバーロード、スカベンジャーの8体であるが、実のところハッキリしていない。

5作目でもケイド・イェーガーがトランスフォーマー保護活動の根城としているスクラップ置き場にキャタピラー社製の当時最新機種のショベルカーに変形するコンストラクティコンズ風のトランスフォーマー(トレンチ)が一人在籍している。
所属はオートボットで、キャタピラー社とのコラボトランスフォーマーのようだ。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビルドロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108498

コメント