ピクシブ百科事典

スカージ

すかーじ

『トランスフォーマー2010』に登場するサンダークラッカーのブサイ...進化形
目次[非表示]

もしかして→スカージ・ザ・ヘッジホッグ

概要

スウィープス参謀
スウィープス


デストロン新破壊大帝ガルバトロンの親衛隊にして追跡者軍団スウィープスのリーダー。ビークルモードはホバークラフトUFO。ロボットモードではひげと頭のスコープ、翼のように配置されたビークルモードの外装が特徴。
『ザ・ムービー』にて重傷を負い宇宙に放逐されたサンダークラッカーが、ユニクロンによって改造されて誕生した(インセクトロンのキックバックかシャープネルだという説もある)。

好戦的な卑劣漢であるものの、臆病者でごますりをすることが多い。部下のスウィープス達からもリーダーとして信頼されていない。

原語版での担当声優は一貫してスタン・ジョーンズ。吹替版では3回代わっており、『ザ・ムービー』と『2010』は島香裕、『ザ☆ヘッドマスターズ』は佐藤正治、そして『ザ・リバース』では広瀬正志が担当した。

マトリクスの使用

『2010』第28話「重すぎた使命」では重責に耐えかねたロディマスコンボイが負傷でマトリクスを落としたとき、ガルバトロンがカノンに装着しても力を引き出せなかったマトリクスを体内に収めて、全身が不自然に膨れ上がった姿になりながらもパワーを引き出したことがある。

デストロンであるはずの彼がマトリクスのパワーを引き出せたのは、元となったサンダークラッカーが、デストロンの宇宙支配に賛同していなかったからという説が強い。

このような経緯があったため「悪のマトリクスを持つ戦士」の名として、『カーロボット』(海外版)と『マイクロン伝説』に登場した黒い(悪の)コンボイに与えられた。

レジェンズ

日本では『トランスフォーマーレジェンズ』にて「LG26 スカージ」として発売された。海外展開の都合でヘッドマスターと化している。

G1の延長線上にある設定のコミックでは、マトリクスと関係深いアルファートリンを取り込んでパワーアップしデストロンに反逆したり、ゾディアック(『Z』に登場)の力で双頭竜のような怪獣へ変わって暴れたり(ブロードキャスト収録話)と、ほとんど悪役。

なお、「LG44 シャークトロン&スウィープス」に付属のスウィープスは、スカージとは髭の向きが逆で、ヘッドマスターギミックを利用して頭部を交換可能。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「スカージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110232

コメント