ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→スカージ・ザ・ヘッジホッグ

概要

スウィープス参謀
スウィープス


デストロン新破壊大帝ガルバトロンの親衛隊にして追跡者軍団スウィープスのリーダー。ビークルモードはホバークラフトUFO。ロボットモードではひげと頭のスコープ、翼のように配置されたビークルモードの外装が特徴。
ザ・ムービー』にて重傷を負い宇宙に放逐されたサンダークラッカーが、ユニクロンによってブサイk...改造され誕生した。ただしインセクトロンのキックバックかシャープネルだという説もある。

好戦的な卑劣漢であるものの、臆病者でごますりをすることが多い。部下のスウィープス達からもリーダーとして信頼されていない。

原語版での担当声優は一貫してスタン・ジョーンズ。吹替版では3回代わっており、『ザ・ムービー』と『2010』は島香裕、『ザ☆ヘッドマスターズ』は佐藤正治、そして『ザ・リバース』では広瀬正志が担当した。

マトリクスの使用

『2010』第28話「重すぎた使命」では重責に耐えかねたロディマスコンボイが負傷でマトリクスを落としたとき、ガルバトロンがカノンに装着しても力を引き出せなかったマトリクスを体内に収めて、パワーアップを果たしたことがある。

デストロンであるはずの彼がマトリクスのパワーを引き出せたのは、元となったサンダークラッカーが、デストロンの宇宙支配に賛同していなかったからという説が強い。ただ、全身が不自然に膨れ上がったため、体内で暴走しているだけでは?という指摘もある。

このような経緯があったため「悪のマトリクスを持つ戦士」の名として、『カーロボット』(海外版)と『マイクロン伝説』に登場した黒い(悪の)コンボイに与えられた。

追跡者軍団スウィープス

スカージと同型のトランスフォーマーで、ユニクロンによってデストロンの負傷兵が改造されて誕生した。
映像ではキックバックとシャープネルが変化しているが詳細は不明。
そのあとの場面ではサイクロナスの同型のアルマダについての脚本の変更もあり、もう一体増えている。
ユニクロン戦争後もスカージと共に行動しているが、スカージをリーダーと見なしておらずサイクロナスが一喝してようやく行動したこともある。

レジェンズ

海外の玩具シリーズ「タイタンズリターン」にてリメイクされた玩具は、日本では『レジェンズ』にて「LG26 スカージ」として発売された。海外展開の都合でヘッドマスターと化している。



G1の延長線上にある設定のコミックでは、マトリクスと関係深いアルファートリンを取り込んでパワーアップしデストロンに反逆したり、ゾディアック(『Z』に登場)の力で双頭竜のような怪獣へ変わって暴れたり(ブロードキャスト収録話)と、ほとんど悪役。

なお、「LG44 シャークトロン&スウィープス」に付属のスウィープスは、スカージとは髭の向きが逆で、ヘッドマスターギミックを利用して頭部を交換可能。

マイクロン伝説

イラりく【スカージ】


CV:大川透
マイクロン伝説』第43話で登場。スカージという名前だが、外見や出自としてはブラックコンボイやネメシスプライムの方がイメージに近い。

黒いボディにスターセイバーと瓜二つのダークセイバーを使う知性のない凶暴なトランスフォーマー。その正体は、ユニクロンの分身ダブルフェイスによって操られたクローンだったが、誕生の経緯は不明。実力はメガトロンでも瀕死に追いやられるほど。


シャッタード・グラス

未知の領域に探査に出て死亡したと思われる善玉ディセプティコン(ムービーでのディセプティコンの犠牲者はこの次元では作品開始当時は健在である)の遺体から生まれ変わった善良な戦士。サイクロナスも同じ経緯でよみがえっている。カラーリングはG1やIDWのチャーに近いライトグリーンと白の組み合わせ。
転生前の記憶こそないモノのその知識や洞察力は仲間から一目置かれており、戦闘になると自らの身を顧みず勇敢に戦い多くのディセプティコンを救い出している。その勇敢かつ思慮深い性格から同じ経緯で生まれ変わったスウィープス達からは慕われている。

関連タグ

関連記事

親記事

ディセプティコン でぃせぷてぃこん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スカージ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 155514

コメント