ピクシブ百科事典

サンダークラッカー

さんだーくらっかー

サンダークラッカーとは、『トランスフォーマー』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

初代(G1シリーズ)

サンクラ(修正)


CV島香裕
デストロンの航空兵ジェットロンの一人。
役職は航空兵。F-15に変形する。
ボディカラーは水色グレーで、ダイアクロンの『ジェット機ロボ』アクロバットタイプがベースとなっている。
両腕に装備された銃からの火炎放射器によるファイヤーアタックとソニックブームを得意とする。(タイタニウムのテックスペックでは音響能力、及び音響を操る能力を持つと記述)
戦闘機に変形した状態では、下部から空輸用のアンカーを射出できる。

卑屈で事勿れ主義な性格であるが、他のメンバーに比べれば温厚な性格であり、突飛な言動で喧嘩になったスカイワープフレンジーをたしなめている。しかし、スタースクリームに責任を擦り付けられ、それを鵜呑みにしてメガトロンに殴られた際は流石に怒った。
テックスペックによればデストロンの主義に懐疑的な面を持ち、宇宙支配にも賛成できていないとされている。
参謀であるサウンドウェーブには敬語を使っていたことから、上下関係はわきまえている模様。

『ザ・ムービー』では地球コンボイの銃撃を受けて負傷し、セイバートロン星への帰還中にアストロトレインから宇宙へ放逐される。その後、ユニクロンによってまったく別の姿に作り変えられた。
しかしその後の戴冠式シーンにも登場していたり、『2010』に彼の墓が登場したりする為、上記のいずれかは彼自身ではなく同型機の可能性もある。
一方プレイステーション2用ゲームソフトではスカージの元は彼」と明記されている。『ザ・ムービー』でユニクロンに作り替えられるシーンがある事、マトリクスの力を引き出すことができたのも彼がデストロンの宇宙支配に反対気味だったからとされている。

同型機揃いのジェットロンと言う事もあり、作画ミスが多い。
スカイワープがサンダークラッカーと名乗ってワープするというミスがあり、スタースクリームやサンダークラッカーもワープをするシーンがある。
流石は作画ミスの主犯部隊と言った所

IDW版アメコミ

デストロンがサイバトロンに勝利した『All Hail Megatron』では、仲間たちとともにニューヨークを襲い蹂躙するも、圧倒的な勝利、人間の虐殺に次第に疑問を募らせていく。
そしてサイバトロンが復活し、メガトロンが敗れ去って仲間たちが退却していく中、オクトーンがEUから盗んだ核爆弾を投下した際、「この星の住人は戦うに値しない存在だった」「戦いを信条とするデストロンの名にこれ以上泥を塗りたくない」とサイバトロンに協力し、核爆弾からニューヨークを救った。だが直後に一部始終を見ていたスカイワープに詰め寄られ、「裏切り者」として撃たれてしまう。

ギャラクシーフォース

GFサンクラ


CV:田中一成
マスターメガトロンの配下として初期から登場。
立ち位置としてはビーストウォーズにおけるワスピーターのポジションに近く、ギャグ担当の噛ませ犬であり、ほぼ毎回のようにサイバトロンの誰かにやられて星になるのがお約束である。
しかし、決して弱いというわけではなく、デモリッシャーに勝利したり(その後、彼と仲良くなっている)、後期OP映像やギガロニアではドレッドロックと互角の戦いを繰り広げるなど、単に他のキャラが強すぎるだけで本人はかなりの実力を持っている。
武器は主翼に搭載されたミサイルとフォースチップのイグニッションによって出現する左腕のビーム砲「サンダーヘル」。チップのデザインは地球関係キャラ同様、青。また、やたらと長い名前の必殺技を毎回考えては使用している。

サイバトロンの中では主にドレッドロックと戦っていた。

終盤で捨て駒にされたのをきっかけに、他のデストロンと共にマスターガルバトロンを見限る。その後、正義に目覚め最終回でサイバトロンに入るものの、マスターガルバトロンより強い男を求めて旅に出るデストロンメンバーに強制的に同行者として連れて行かれてしまった。

結構酷い目に遭っている。28話でフレイムコンボイの炎で尻に火がついてスタースクリーム退治のためにワープ移動したが、29話でギャラクシーコンボイに払いのけられ、海に落ちて火は消えたがクロミアにふっとばされて、ライブコンボイの射撃を食らった。
43話では引き分けだったが敗者扱いされた挙句にブレンダルのセメント攻撃を食らってしまう。
最終回では上記のとおり、クロミア達に強制連行された。
11話でサイバトロンメンバーの集団攻撃を食らうが、これは無抵抗の民間トランスフォーマーを攻撃したサンダークラッカーに問題がある。50話でも同じ目に遭っているどころか、全員にアホ呼ばわりされた。

通りすがりの地球製の戦闘機をスキャンしたため、ビークルモードはSu-37がモチーフとなっている。

海外では色違いとしてスカイワープが発売された(イラスト上部の人物)。

【TFGF】スカイワープとサンダークラッカー



アニメイテッド


CV:山野井仁
スタースクリームのクローン軍団「イケメンズ」の一人として生み出され、第28話「それぞれの思惑」より登場。
声を担当したのは言語問わずスタースクリームと同じ山野井仁。前進翼型の戦闘機に変形する。
スタースクリームから自己中心的な性格を受け継いでおり、自尊心が強く常に威張り散らしている。
先述の第28話ではスタースクリームを押しのけてイケメンズを率いた事もあった。

キュートランスフォーマー

QTF12話


CV:津田健次郎
第2期第12話で初登場。G1同様スタースクリームの同型であるが、水色のカラーリングと薄笑いの表情が異なる。抑揚に乏しい口調で喋るのが特徴。
スタースクリーム、スカイワープと共にサンリオピューロランドを偵察に訪れたが、乗り気なのはスタースクリームだけで、「本当、スタースクリームと付き合っていると碌なことがない」と愚痴をこぼしていた。

「サンリオピューロランドに負けないテーマパークを考える」という議題のアドリブパートではスタースクリームにいきなり話題を振られ、「キュートランスフォーマーに10円を挟めるギミックを仕込もう」と発言した(確かにチョロQで定番の遊びではあるが、テーマパークの話題はどこにいったのだろう…?)
続いて「夜のキュートランスフォーマーランドを造ろう」というスタースクリームの提案に対して「歌舞伎町に作ろう」と発言している。

玩具も通例通りスタースクリームのリデコだが、アニメ本編と同様、3体のジェットロンは表情がそれぞれ異なっている。
アニメ本編では薄笑いを浮かべているサンダークラッカーであるが、玩具のサンダークラッカーは顰め面をしており、実際の玩具で薄笑いを浮かべているのはスカイワープである。
つまり玩具とアニメ本編で2体のジェットロンは表情が入れ替わっている事になる。

関連タグ

トランスフォーマー 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー ギャラクシーフォース アニメイテッド
ジェットロン
スタースクリーム スカイワープ ラムジェット スラスト ダージ サンストーム

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダークラッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 711241

コメント